Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

her/世界でひとつの彼女/リアルを超えて愛(AI)に来て

Posted by arnoldkillshot on 30.2014 映画タイトル:は行 2 comments 0 trackback
『her/世界でひとつの彼女(原題:her)』
2013年 アメリカ
監督・脚本:スパイク・ジョーンズ
音楽:Arcade Fire、オーウェン・パレット
出演:ホアキン・フェニックス、スカーレット・ヨハンソン(声の出演)、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド 他


※途中からネタバレをしています。ネタバレ警報ありますが、未見の方はご注意!※

あらすじ:
近未来のロサンゼルス。手紙の代筆ライターをしているセオドア(ホアキン・フェニックス)は、1年前に離婚した妻キャサリン(ルーニー・マーラ)のことが未だに忘れられず、幸福な思い出と孤独にさいなまれていた。そんなある日、人間と同じように意識を持つと謡われる新発売の人工知能型OSに興味を持ったセオドアは、さっそく購入することに。そして画面から聞こえたのは「サマンサ」(声・スカーレット・ヨハンソン)と名乗る明るい女性の声。陽気で優しくユーモラスなサマンサは、孤独だったセオドアの生活を明るく照らしていく――そして二人は生身の人間と肉体を持たないOSという壁を越えて恋人同士となり、セオドアもキャサリンとの離婚を認める決意をする。そんな中、同僚のエイミー(エイミー・アダムス)に恋人がOSであることを打ち明け、すんなりと受け入れられたセオドアは、キャサリンにもそのことを告げるが、「あなたはリアルな感情に向き合えない」と拒絶されてしまう……リアルな感情とは?サマンサとの関係はただのバーチャル?本物の愛を求めるセオドアとサマンサは、すれ違いや歩み寄りを経てある結論にたどり着く……

スポンサーサイト

トランセンデンス/おまえはもう死んでいる

Posted by arnoldkillshot on 30.2014 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
トランセンデンス(原題:Transcendence)
2014年 アメリカ
監督:ウォーリー・フィスター
出演:ジョニー・デップ、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、ケイト・マーラ、キリアン・マーフィー、モーガン・フリーマン 他

あらすじ:
人工知能の権威ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)は、愛する妻エヴリン(レベッカ・ホール)と共に世界最高の人工知能の研究に携わっていた。しかしある日、ウィルが反テクノロジー団体"RIFT"の凶弾に倒れ、残り1ヶ月の命となってしまう……お互いに死を受け入れようとした二人だったが、FBIの捜査により"RIFT"が猿の意識を人工知能にアップデートすることに成功していたということを知ったエヴリンは、二人で開発した究極の人工知能"PINN"にウィルの意識を移植することを思い付く。夫妻の友人マックス(ポール・ベタニー)の力を借り、アップデートに成功したエヴリンは夫との再会を喜ぶが、マックスは復活を果たしたウィルに違和感を抱く……。自らをネットワーク上にコピーし全知全能の存在となったウィルは、エヴリンと共にRIFTの襲撃を逃れ、たどり着いた片田舎で二人の理想の世界を造り上げようとするが……

Sia - Chandelier

Posted by arnoldkillshot on 27.2014 おすすめミュージックビデオ 0 comments 0 trackback
たまたま見たミュージックビデオにすごく心を動かされたので紹介します。


この"Chandelier"は、オーストラリアのシンガーソングライター・Siaの最新アルバム"1000 Forms of Fear"からのシングルカット。孤独をまぎらわすためにパーティ三昧な女の子の心境を歌った曲で、曲自体もとても心に響くものなのですが、このMVの主役である女の子のダンスがすごい!小さな体で全身全霊で踊る彼女の姿は、衝撃的です。

踊っているのはMaddie Zieglerという11歳の女の子。2歳からダンスを始めた彼女はリアリティ番組"Dance Mom"等の出演で注目を集め、そして今回Sia本人からMVへの出演を依頼されたそうです。

Sia自身が監督したというこのビデオ。肌色のレオタード(パッと見全裸)にSiaの髪形のカツラというきわどい格好で、Siaの歌に合わせてモダンバレエ的な狂おしいダンスを踊るMaddieちゃんの姿は目を釘付けにされること間違いなしです。一見歌詞とは関係がなさそうに見えますが、踊る少女の危うい姿は歌の中のパーティガールの中で叫んでいる無垢な心の象徴なのかもしれません。

YouTubeのコメントを見ると「これこそアートだ」「美しい」という肯定的な意見と、「キモい」「ロリコン?」という反対意見に真っ二つなのですが、どちらにしても強い感情を呼び起こさずにはいられない作品のようです。たぶん彼女の無垢で儚げな姿は、誰の心にもある無垢な部分の象徴というか、そういうものを呼び起こすものなんでしょう。個人的にはとても美しいと思います。少なくとも、彼女のこの姿、無垢な少女の魂で踊るのを見られるのは今だけなんです。Maddieちゃんはきっとすばらしいダンサーになると思いますが、この美しさは今だけのもの。そういう意味でも必見の価値はあると思います。

現時点で400万回再生を越えるほどの人気なので、ここで紹介するまでもないですが、一応和訳載せておきますね。


Sia - Chandelier

Party girls don't get hurt
パーティガールは傷つかない

Can't feel anything, when will I learn
何も感じないから いつそうなれる?

I push it down, push it down
ひたすら心を殺してるあたしは

I'm the one "for a good time call"
「イイことしない?電話して」

Phone's blowin' up, they're ringin' my doorbell
鳴り響く電話や ドアベルの音に

I feel the love, I feel the love
愛されてるって感じるの

1,2,3 1,2,3 drink
1,2,3 1,2,3 drink
1,2,3 1,2,3 drink
1、2、3 さあ飲み干して

Throw them back, till I lose count
グラスを空けてよ 数えきれなくなるまで

CHORUS

I'm gonna swing from the chandelier, from the chandelier
シャンデリアにぶらさがって

I'm gonna live like tomorrow doesn't exist
明日という日なんかないみたいに生きるの

Like it doesn't exist
明日なんかないみたいに

I'm gonna fly like a bird through the night, feel my tears as they dry
夜更けの鳥のように 涙が乾くように飛ぶの

I'm gonna swing from the chandelier, from the chandelier
揺れるシャンデリアに宙吊りになって

And I'm holding on for dear life,
愛すべき人生にしがみついてる

won't look down won't open my eyes
落ち込むことも 目を開くこともない生き方に

Keep my glass full until morning light,
グラスを満たして 朝が来るまで

'cause I'm just holding on for tonight
あたしにはこの夜しかないんだから

Help me, I'm holding on for dear life,
誰か助けて 愛すべき人生にすがるあたしを

won't look down won't open my eyes
悲しみもなければ現実もない世界

Keep my glass full until morning light,
グラスを満たして 朝が来るまで

'cause I'm just holding on for tonight
On for tonight
あたしには今夜しかないんだから この夜しか

Sun is up, I'm a mess
朝日が照らすのは めちゃくちゃなあたし
Gotta get out now, gotta run from this
行かなくちゃ 逃げなくちゃ
Here comes the shame, here comes the shame
恥ずかしくてたまらなくなる

1,2,3 1,2,3 drink
1,2,3 1,2,3 drink
1,2,3 1,2,3 drink
1、2、3 さあ飲み干して

Throw them back, till I lose count
グラスを空けてよ 数えきれなくなるまで

CHORUS

I'm gonna swing from the chandelier, from the chandelier
シャンデリアにぶらさがって

I'm gonna live like tomorrow doesn't exist
明日という日なんかないみたいに生きるの

Like it doesn't exist
明日なんかないみたいに

I'm gonna fly like a bird through the night, feel my tears as they dry
夜更けの鳥のように 涙が乾くように飛ぶの

I'm gonna swing from the chandelier, from the chandelier
揺れるシャンデリアに宙吊りになって

And I'm holding on for dear life,
愛すべき人生にしがみついてる

won't look down won't open my eyes
落ち込むことも 目を開くこともない生き方に

Keep my glass full until morning light,
グラスを満たして 朝が来るまで

'cause I'm just holding on for tonight
あたしにはこの夜しかないんだから

Help me, I'm holding on for dear life,
誰か助けて 愛すべき人生にすがるあたしを

won't look down won't open my eyes
悲しみもなければ現実もない世界

Keep my glass full until morning light,
グラスを満たして 朝が来るまで

'cause I'm just holding on for tonight
On for tonight
あたしには今夜しかないんだから この夜しか

ノア 約束の舟/神の種、人の未来、魂の密室

Posted by arnoldkillshot on 17.2014 映画タイトル:な行 0 comments 0 trackback
『ノア 約束の舟(原題:Noah)』
2014年 アメリカ
監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソン、ダグラス・ブース、ローガン・ラーマン、アンソニー・ホプキンス、レイ・ウィンストン 他

あらすじ:
神が世界を創造し、自らに似せて最初の人間アダムとイヴを造ってから10数代――アダムの子カインが弟アベルを殺して以来、世界は人間の犯した罪で満ちていた。アダムの3番目の子セツの子孫であるノアもまた、カインの子孫たちの軍隊により父を殺され、それ以来妻ナーマ(ジェニファー・コネリー)や子供たちと放浪の旅を続けていた。ある日ノアは神からのビジョンを受け取る。血だまりと水に漂う無数の死体――神が洪水を起こして罪に染まった世界を滅ぼすと知ったノアは、祖父であるメトシェラ(アンソニー・ホプキンス)に助言を求める。そして神の意志に従い、人とは違い穢れなき動物たちを洪水から救うための箱舟を造り始めるノア。やがて月日は流れ箱舟は完成に近づき、子供たちも成長する。長男セム(ダグラス・ブース)は養女イラ(エマ・ワトソン)と恋仲になるが、彼女は子を産めないことに悩み、次男ハム(ローガン・ラーマン)は自分の妻を見つけられないことに焦っていた。そんな彼らを慈しむノアだったが、自分の家族を含めた人類を滅ぼそうとする神の意志にひたすら従おうとする。そこへ人々のリーダーであり父の仇でもあるトバル・カイン(レイ・ウィンストン)が洪水を生き延びようと箱舟を狙って現れる……

闇のあとの光

Posted by arnoldkillshot on 04.2014 映画タイトル:や行 0 comments 0 trackback
『闇のあとの光(原題:Post Tenebras Lux)』
2012年 メキシコ・ドイツ・フランス・オランダ
監督・脚本:カルロス・レイダガス
出演:アドルフォ・ヒメネス・カストロ、ナタリア・アセベド 他


あらすじ:
メキシコの緑豊かな草原で、まだ幼い少女が動物たちと戯れる。同じ頃、世界のどこかで、赤く光る悪魔とも牧神ともつかぬ何かが、寝静まった家を訪れる――しかしそれは、少女ルートゥの幸福な暮らしには何のかかわりもないように見える。彼女とその兄エレアサルの父フアン(アドルフォ・ヒメネス・カストロ)と母ナタリア(ナタリア・アセベド)は、最近越してきたこの田舎でのびのびと生活しているが、時折その幸福に影が差す。時折怒りを爆発させて飼い犬を殴りつけるフアン、サウナでの奇妙な乱交、夫婦間の亀裂――一方廃屋で行われる断酒会でフアンと友人になった若い男・セブンは、彼らとは反対に森や平原の木を切り倒し、労働にいそしむ。フアンの一家の平穏な暮らしに時折交わる別の世界は、ある結末をもたらすが……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。