Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリー/あの子の願いに手向けの花を

Posted by arnoldkillshot on 18.2013 ホラー 0 comments 0 trackback
『キャリー(原題:Carrie)』
2013年 アメリカ
監督:キンバリー・ピアース
原作:『キャリー』スティーヴン・キング著
出演:クロエ=グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア、ガブリエラ・ワイルド、アンセル・エルゴート、ポーシャ・ダブルデイ、アレックス・ラッセル、ジュディ・グリア 他

あらすじ:
間近に迫ったプロムに向けて華やぐ高校で、キャリー・ホワイト(クロエ=グレース・モレッツ)だけが浮いていた。狂信的な母マーガレット(ジュリアン・ムーア)に抑圧されて育ち、他者と断絶された孤独な高校生活を送る彼女は、初潮が何なのかさえ知らなかった。女子たちにそのことをいじめられ、母には「女になった」と折檻を受けるキャリーだったが、その時同時に彼女は物を自在に動かす念動力に覚醒。手に入れた力にかすかな希望と自信を見出していく。
一方、キャリーをからかった女子たちは体育教師のデジャルダン(ジュディ・グリア)に罰を与えられる。いじめの中心人物クリス(ポーシャ・ダブルデイ)は自らの非を認めず、プロムへの出席を禁じられるが、いじめを後悔したスー(ガブリエラ・ワイルド)は、恋人トミー(アンセル・エルゴート)にキャリーのプロムの相手になるよう仕向け、自らの行いを償おうとする。手にした超能力、トミーの急な接近にキャリーは戸惑いながらも心躍らせるが、母マーガレットの常軌を逸した束縛と、復讐をたくらむクリスの悪意が彼女を待ち受けていた。

スポンサーサイト
  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。