Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ・オブ・パイ/生と死が荒れ狂う海を、命のボートは漂い続ける

Posted by arnoldkillshot on 27.2013 映画タイトル:ら行 0 comments 0 trackback
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日間(原題:Life Of Pi)』
2012年 アメリカ
監督:アン・リー
原作:ヤン・マーテル『パイの物語』
出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、ジェラール・ドパルデュー 他

あらすじ:
カナダで宗教学を教えるインド人のパイ・パテル(イルファン・カーン)は、小説のネタを探していた作家に自らの信じがたい物語を聞かせる。インドのボンティシェリで父が経営する動物園で生まれ育った少年時代のパイ(スラージ・シャルマ)は、自然やあらゆる宗教を愛する純粋な少年だった。しかし彼が16歳の頃、一家はカナダへの移住を決め、動物たちを北米で売ることになる。離れ離れになったガールフレンドを想いながら船に乗り込むパイ。そこへ激しい嵐がやってきて、船は沈む。家族や動物たちを助けられず、一人救命ボートで生き残ったパイは悲しみに沈むが、ボートには足を怪我したシマウマ、その肉を狙うハイエナ、そして子を失ったオランウータンがいた。腹を空かせたハイエナが他の2匹を殺したとき、ボートに潜んでいたベンガルトラのリチャード・パーカーがハイエナに襲い掛かった。こうして美しくも獰猛なトラと、小さなボートに二人きりとなったパイ。常に自分を狙おうとするリチャード・パーカーとの緊張に満ちた漂流生活が始まるが、パイを待っていたのは人間の想像を絶する自然の姿だった。
(※感想後半には結末のネタバレを含みます!未見の方はご注意!)

スポンサーサイト

アルバート氏の人生/タキシードとコルセットで閉じ込められた、儚すぎる夢。

Posted by arnoldkillshot on 24.2013 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback

『アルバート氏の人生(原題:Albert Nobbs)』
2011年 アイルランド
監督:ロドリゴ・ガルシア
製作:グレン・クローズ、ボニー・カーティス、ジュリー・リン、アラン・モロニー
脚本:グレン・クローズ、ガブリエラ・プレコップ、ジョン・バンヴィル
出演:グレン・クローズ、ミア・ワシコウスカ、ジャネット・マクティア、アーロン・ジョンソン、ポーリーン・コリンズ、ブレンダン・グリーソン、ジョナサン・リス・マイヤーズ

あらすじ:
19世紀のアイルランド。モリソンズ・ホテルのウェイター、アルバート・ノッブス(グレン・クローズ)は完璧に給仕をこなし客からも信頼を受けながらも、人との関わりを裂けて孤独に貯金をしていた。そこへペンキ屋の大男ヒューバート(ジャネット・マクティア)が仕事のためにホテルにやってきて、アルバートの部屋に泊まることに。しかしその夜、アルバートは彼に秘密を知られてしまう――アルバートは貧しい生活から逃れるため、男性として生きてきた女性なのだ。秘密がバレてはクビになると怯えるアルバートに、ヒューバートも自らの秘密を見せて安心させる――〝彼〟もまた男装して生きる女性だったのだ。男装していても自分らしく生きるヒューバートに勇気づけられ、アルバートは自分の夢について考え始める。ヒューバートのように、〝妻〟と二人で店を経営する夢を――アルバートはホテルのメイド・ヘレン(ミア・ワシコウスカ)をデートに誘う。しかしヘレンは恋人であるホテルのボイラー技師・ジョー(アーロン・ジョンソン)に、アルバートを騙して金品をせしめるよう唆されていたのだった……

『エンド・オブ・ザ・ワールド(原題:Seeking A Friend For The End Of The World)』

Posted by arnoldkillshot on 24.2013 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
気の向くままに、正直に、二人の旅は愛を探す――それは世界の終わりの恋。

『エンド・オブ・ザ・ワールド(原題:Seeking A Friend For The End Of The World)』
2012年 アメリカ
監督・脚本:ローリーン・スカフェリア
製作:スティーヴ・ゴリン、ジョイ・ゴーマン、スティーヴン・M・レイルズ
出演:スティーヴ・カレル、キーラ・ナイトレイ 他

あらすじ:
小惑星による地球滅亡まであと3週間とわかったとき、ドッジ(スティーヴ・カレル)の妻は去って行った――それでも「常に安全圏にいる」ことをモットーとするドッジは、終末を前に混乱する周囲を横目に、淡々と日々を暮らしていた。一週間後、ドッジは隣人の若い女性ペニー(キーラ・ナイトレイ)が、家に帰る飛行機に乗り損ねて泣いているのを見かける。初めて会話を交わした翌日、ドッジはペニーから誤って彼女の家に届いた自分宛ての手紙の山を受け取るが、ペニーはそうとは知らずにうっかり彼の妻の浮気を話してしまう。自暴自棄になって自殺を図ったドッジだったが、たかが窓拭き用の洗剤では死ねず、目覚めたときには"Sorry(ごめんなさい)"と書かれた置手紙と、捨て犬が残されていた。打ちひしがれてペニーに渡された手紙を眺めるドッジは、そこにかつての恋人オリヴィアの手紙を発見する。昔の恋人への想いがよみがえる中、ドッジのアパートが暴徒化した人々に襲撃される。とっさにペニーと一緒に逃げ出そうとしたドッジは、「知り合いの自家用機で家まで帰す代わりに、車で送ってくれ」と頼む。世界の終りまであと2週間、内向的なドッジと奔放なペニーの正反対のふたりは、終末を一緒に過ごす相手を探す旅に出るが、互いを知るうちに惹かれあっていくのを感じる……。

『テッド(原題:Ted)』

Posted by arnoldkillshot on 23.2013 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
絆の中で、少年は大人になり、ダメ男も成長する――ただし相手はテディベア!

『テッド(原題:Ted)』
2012年 アメリカ
監督:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン、アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド
出演:マーク・ウォルバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン(声の出演)、ジョエル・マクヘイル、ジェシカ・バース、ジョヴァンニ・リビシ、サム・ジョーンズ 他


あらすじ:
1985年、友達のいないジョン少年の唯一の話し相手は、テディベアだけだった。クリスマスの夜、彼は願い事をする――「テディと本当におしゃべりできたらいいのに」。その願いはあっさり叶い、テディは本当に命を吹き込まれる。その後は奇跡のぬいぐるみとして世間にもてはやされるが、それも一時のこと。数十年後、35歳になったジョン(マーク・ウォルバーグ)は、愛くるしい見た目はそのまま中身だけおっさんのエロクマと成り果てたテッド(声:セス・マクファーレン)と、低レベルな生活を続けていた。美人の恋人ロリー(ミラ・クニス)もそんな二人に我慢しながら同棲しているが、テッドのためにジョンとの仲は進展しない。だが傍若無人なテッドについに堪忍袋の緒が切れたロリーは、テッドを追い出すようジョンに頼む。ジョンは愛するロリーのため、テッドと初めて別れて暮らすことになるが、独立しても相変わらずのテッドは、アパートでも勤め先のスーパーでもやり放題。ジョンをしょうもない用事で呼びつけてはつるんでいた。まったく成長しない二人に、ロリーはついに愛想を尽かしてしまう……ジョンとロリーの愛、そしてジョンとテッド〝生涯のサンダーバディ(雷兄弟)〟の絆に危機が迫る中、テッドを狙う不気味なストーカー親子の魔の手が忍び寄る。

『ロンドンゾンビ紀行(原題:Cockneys VS Zombies)』

Posted by arnoldkillshot on 19.2013 ホラー 0 comments 0 trackback
ゾンビども、オレの町から出ていけ!口の悪さとガッツを武器に、ロンドンの下町っ子がゾンビに立ち向かう!

『ロンドンゾンビ紀行(原題:Cockneys VS Zombies)』
2012年 イギリス
監督:マサイアス・ヘイニー
出演:ラスムス・ハーディカー、ハリー・トレッダウェイ、アラン・ウォード、オナー・ブラックマン、ミシェル・ライアン、ジョージア・キング 他


あらすじ:
東ロンドン、生粋のコックニーであるテリー(ラスムス・ハーディカー)とアンディ(ハリー・トレッダウェイ)のマクガイヤ兄弟は、祖父レイ(アラン・ウォード)が暮らす老人ホームを閉鎖の危機から救うべく、銀行強盗を計画する。錠前破りのいとこのケイティ(ミシェル・ライアン)も計画に参加するが、助っ人として呼ばれたダメな強盗デイヴィや、戦争の古傷のせいでキレまくるミッキーに不安を覚える。一行は人質を取って現金強奪に成功するが、出口にはすでに警官の姿。しかし警官たちは、工事現場に眠っていた遺跡から目覚めたゾンビたちに襲われる。マクガイヤ兄弟は人質2人と共にその場を逃げおおせるが、ゾンビはロンドン中を埋め尽くしていた。そのころレイたちの老人ホームもゾンビの襲撃を受け、老人たちは施設に立てこもる。果たして祖父と孫は、下町の労働者階級のガッツでこのゾンビ・パニックを生き延びることができるのか!?

『96時間/リベンジ(原題:Taken 2)』

Posted by arnoldkillshot on 17.2013 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
家族のためなら鬼となる!躊躇なきオヤジの愛が、家族を救うカーナビに!

『96時間/リベンジ(原題:Taken 2)』2012年 アメリカ
監督:オリヴィエ・メガトン
製作:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、ラデ・シェルベッジア、リーランド・オーサー 他

あらすじ:
パリでさらわれた最愛の娘キム(マギー・グレイス)をたった一人で奪い返した元CIA工作員ブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)。その後別れた妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)との関係も修復しつつあったが、そんな折ブライアンは、彼女が現在の夫と不仲であることを知る。レノーアを慰めるため、ブライアンはレノーアとキムを仕事先のイスタンブールに招き家族水入らずの旅行を企てるが、そこにはパリでキムをさらったギャングの父親・ムラド(ラデ・シェルベッジア)がブライアンへの復讐のために待ち受けていた。ムラドに率いられたアルバニア系ギャングたちがブライアンとレノーアに迫る中、ブライアンは一人ホテルに残ったキムに電話する――「これからパパとママはさらわれる」。ブライアンはCIAで身につけたスキルを駆使し、電話越しにキムを指示して脱出を試みる。はたしてブライアンは、絶体絶命のピンチから愛する家族を救えるのか?

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。