Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロックアウト(原題:Lockout)』

Posted by arnoldkillshot on 28.2012 映画タイトル:ら行 0 comments 0 trackback
第2の『96時間』?リュック・ベッソンの妄想力が、演技派ガイ・ピアースを宇宙のタフガイに変える!!

『ロックアウト(原題:Lockout)』
2012年 アメリカ
製作:リュック・ベッソン、マルク・リベルトレイラ・スミス
監督:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェイムズ・マザー(セイント&マザー)
脚本:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェイムズ・マザー、リュック・ベッソン
出演:ガイ・ピアース、マギー・グレイス、ピーター・ストーメア、ジョセフ・ギリガン、ヴィンセント・リーガン、レニー・ジェイムズ


あらすじ:
西暦2079年。組織の情報漏洩事件を追っていたCIAエージェント・スノー(ガイ・ピアース)は、同僚殺しの濡れ衣を着せられ、宇宙の刑務所MS-1に送られることに……そこは囚人をコールドスリープで管理し、自己防衛設備も完璧な宇宙の要塞だった。しかしその頃、MS-1での人体実験の疑いを調査すべくやってきた大統領の娘エミリー(マギー・グレイス)が、囚人のひとりハイデル(ジョセフ・ギリガン)と面談中に人質にとられてしまう。彼は残り500人の囚人をコールドスリープから目覚めさせ、彼の兄アレックス(ヴィンセント・リーガン)を中心に反旗を翻す。国家安全保障局長ラングレル(ピーター・ストーメア)はMS-1の武力制圧を狙うが、CIAで唯一スノーの味方であるハリー(レニー・ジェイムズ)は、エミリー救出のためスノーをMS-1に送り込む計画を提案。スノーは文句を言いながらも、自らの容疑を晴らす鍵を握る仲間がMS-1にいることを知り、任務を承諾する……

スポンサーサイト

『悪の教典』

Posted by arnoldkillshot on 13.2012 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
伊藤英明版『悪魔のサンタクロース』? 完全無欠のサイコパスVS甘ったれ高校生

『悪の教典』
2012年 日本
監督・脚本:三池崇史
原作:貴志祐介『悪の教典』
出演:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、浅香航大、水野絵梨奈、KENTA、林遣都、吹越満、山田孝之、平岳大 ほか


あらすじ:
とある私立高校に勤務する英語教師・蓮実聖司(伊藤英明)。彼はハンサムで有能で、それを鼻にかけることのない人柄の良さから、彼を「ハスミン」と呼んで慕う生徒だけでなく教師たちからも絶大な信頼を得ていた。しかし早水圭介(染谷将太)と片桐怜花(二階堂ふみ)と夏越雄一郎(浅香航大)の3人組や、物理教師の釣井(吹越満)は蓮実の完璧さを怪しく思い始めていた……そう、蓮実は目的のためなら犯罪行為もいとわないサイコパスだったのだ。体育教師の柴原(山田孝之)にセクハラを受けていた安原美彌(水野絵梨奈)と関係をもち、生徒の前島雅彦(林遣都)と同性愛関係を持っていた美術教師・久米(平岳大)を脅迫し、さらにモンスターペアレントを放火に見せかけて殺したうえ、疑いを美彌との関係を知った蓼沼(KENTA)に向け、確実に自らの目的を達成していく蓮実。しかし、やがて周囲に死者が増えすぎたため、彼は異常者による大量殺人に見せかけクラス全員を殺害することにする……

『トールマン(原題:The Tallman, A.K.A. The Secret)』

Posted by arnoldkillshot on 09.2012 ホラー 0 comments 0 trackback
起・承・転転転転・転結!『マーターズ』を超える衝撃の展開。決して明かせぬ秘密――それは慈愛の狂気のなかに

『トールマン(原題:The Tallman, A.K.A. The Secret)』
2012年 アメリカ・カナダ・フランス
監督・脚本:パスカル・ロジェ
出演:ジェシカ・ビール、ジョデル・フェルランド、スティーヴン・マクハティ 他


あらすじ:
ワシントン州ピッツビル郡にある炭鉱の町、コールドロック。しかし6年前に炭鉱は閉鎖され、さびれた町は死んだも同然だった。さらにこの町の子どもが次々と何者かにさらわれるようになり、町の人々はその謎めいた誘拐犯を〝トールマン〟と呼んでいた。
そのコールドロックの看護婦ジュリア(ジェシカ・ビール)は、医師であった亡き夫の仕事を引き継ぎ一人で病院を切り盛りしていた。貧しく問題ごとの絶えない家庭に心を閉ざす、口のきけない少女ジェニー(ジョデル・フェルランド)も、ジュリアにだけは心を開いている。しかし州警察から来たドッド刑事(スティーヴン・マクハティ)の張り込みにもかかわらず、ジュリアの息子デヴィッドがさらわれてしまう。息子を連れ去った〝トールマン〟らしき人影を追いかけるジュリアだったが、抵抗かなわず息子はさらわれてしまう。ドッド刑事に保護されたジュリアが見たのは、町の人々の不審な様子……そこには驚愕の真実が待ち受けていた。はたして〝トールマン〟とは何者なのか?何の目的で子どもたちをさらっているのか、そして彼らの生死は……?

『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録(原題:Universal Soldier: Day of Reckoning)』

Posted by arnoldkillshot on 08.2012 映画タイトル:や行 1 comments 0 trackback
撃たれても、刺されても止まれない――不死身の兵士ユニソルの悲哀がホラーなくらい暴走する!

『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録(原題:Universal Soldier: Day of Reckoning)』
2012年 アメリカ
監督:ジョン・ハイアムズ
出演:スコット・アドキンス、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ドルフ・ラングレン、アンドレイ・“ザ・ピットブル”・アルロフスキー、マライア・ボナー 他


あらすじ:
家に押し入った何者かに妻と娘を殺され、自らも重傷を負ったジョン(スコット・アドキンス)。9か月間の昏睡状態から目覚めた彼は記憶が混濁していたが、愛する家族との記憶、そしてそれを奪った男の顔ははっきりと覚えていた――FBIが語るところによると、男は元兵士のリュック・デュヴロー(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)。死んだ兵士を蘇生させて生まれた特殊兵士ユニバーサル・ソルジャーの中でも最強の戦士だったが、姿を消して以来、新世代のユニソルを覚醒させて、彼らを率いていたのだった。復讐を誓ったジョンは、記憶がないまま友人と名乗る男アイザックからの電話を受け、彼の家に行くが、そこにはアイザックの無残な死体が……。彼の残した手がかりからストリップバーのダンサー、サラ(マライア・ボナー)と接触するジョンだったが、彼女のことが思い出せない。しかしそこに突如、新世代ユニソル・マグナス(アンドレイ・“ザ・ピットブル”・アルロフスキー)が襲い掛かる。彼はかつてリュックの宿敵であったユニソル、アンドリュー・スコット(ドルフ・ラングレン)によって覚醒させられ、リュックの配下となっていたのだ。マグナスの襲撃を逃れ、サラと共に逃走するジョン。サラの言葉を手がかりに自らの過去を探るジョンだったが、やがて自らの恐るべき正体を知ることに……

『アルゴ(原題:Argo)』

Posted by arnoldkillshot on 04.2012 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
これが、映画の底力。映画が現実に勝利する瞬間を、あなたは目撃する。

◎アカデミー賞作品賞おめでとうございます!!
『アルゴ(原題:Argo)』
2012年 アメリカ
監督:ベン・アフレック
脚本:クリス・テリオ
出演:ベン・アフレック、ジョン・グッドマン、アラン・アーキン、ブライアン・クラストン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリス・デナム、テイト・ドノヴァン、タイタス・ウェリバー、ケリー・ビシェ 他

あらすじ:
1979年、イラン革命のさなか、イランの過激派がテヘランのアメリカ大使館を占拠――大使館職員52人を人質に、アメリカに亡命した前国王パーレビの引き渡しを要求した。その中で6人が混乱に乗じて脱出し、カナダ大使の邸宅に逃げ込む。しかし処分された職員名簿を修復している民兵たちが、6人の存在に気づくのは時間の問題――見つかれば公開処刑は必至だった。その6人を救出すべく、国務省はCIAの人質奪還のエキスパート、トニー・メンデス(ベン・アフレック)を招く。国務省の案はどれも、トニーからすれば失敗は目に見えていた――しかしトニーは、6人を映画クルーに見せかけてイランを出国させる案を思いつく。彼は知人の、『猿の惑星』の特殊メイクでオスカーを獲ったジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)に声をかけ、さらにプロデューサーのレスター・シーゲル(アラン・アーキン)も計画に参加する。映画をでっちあげるには脚本も必要――そこで目に留まったのがボツにされたSF映画『アルゴ』。砂漠やエキゾチックな舞台はイランにぴったりだったのだ。スタジオや制作発表、広告まで準備して、ついにトニーはイランへ旅立つ。しかし突拍子もない計画に、6人は反発する……はたして彼らはイラン人たちの目を欺き、アメリカに帰ることができるのか?

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。