Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『危険なメソッド(原題:A Dangerous Method)』

Posted by arnoldkillshot on 31.2012 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
〝対話〟が変容させる三角関係――それは愛かエゴか、解放か抑圧か。

『危険なメソッド(原題:A Dangerous Method)』
2011年 イギリス・ドイツ・カナダ・スイス
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
脚本:クリストファー・ハンプトン
出演:マイケル・ファスベンダー、キーラ・ナイトレイ、ヴィゴ・モーテンセン、ヴァンサン・カッセル、サラ・ガドン 他


あらすじ:
1904年、チューリッヒのブルクヘツリ病院に、統合失調症と診断されたユダヤ系ロシア人女性ザビーナ・シュピールライン(キーラ・ナイトレイ)が運ばれてくる。彼女を受け持つことになった若きカール・ユング医師(マイケル・ファスベンダー)は、当時精神医学界を騒がせていたジグムント・フロイト(ヴィゴ・モーテンセン)の理論に触発され、彼女に独自の談話療法を試すことに。そしてユングはザビーナの話や反応から、彼女の症状が被虐的な異常性欲が原因だと発見する――幼い頃父親にお仕置きをされて快感を覚えて以来、彼女は屈辱を受けると興奮するのだった。ユングはザビーナの心を開かせるため、妻エンマ(サラ・ガドン)に対する連想実験を手伝わせるが、夫を失うことを恐れているエンマの心理を見抜いたザビーナの知性に感心する。
2年後、ユングの治療によってザビーナは回復し、大学で医学生となってユングとの親交を続けていた。一方ユングはついにフロイトと対面することになる。13時間も語り合った二人は手紙でやり取りを続けることになるが、ユングは心の底では性欲だけで解釈をするフロイトの考えに疑問を持っていた。ユングを自らの後継者として信頼したフロイトは、統合失調症を発症した友人の精神分析医オットー・グロス(ヴァンサン・カッセル)の治療を依頼する。奔放な性欲を抑えられないグロスは、ユングにも一夫多妻制の実践を説き、衝動に従えとそそのかす。グロスの言葉に心を動かされたユングは、ついにザビーナと関係を持つようになる。しかしユングは、彼をつなぎとめようとする妻エンマとザビーナとの関係に苦悩し、フロイトにも手紙で相談するが、やがてフロイトとの親交も少しずつ亀裂が入っていく……

スポンサーサイト

『ある嘘つきの物語 モンティ・パイソンのグレアム・チャップマン自伝(原題:A Liar's Autobiography)』

Posted by arnoldkillshot on 29.2012 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
ゲイは公表してアル中は隠す?アンバランスな天才コメディアンのカオスな一大叙事詩(in 3D)

『ある嘘つきの物語 モンティ・パイソンのグレアム・チャップマン自伝(原題:A Liar's Autobiography)』

監督:ビル・ジョーンズ、ベン・ティムレット、ジェフ・シンプソン
出演:グレアム・チャップマン、ジョン・クリーズ、テリー・ジョーンズ、マイケル・ペイリン、テリー・ギリアム、キャロル・クリーヴランド、キャメロン・ディアス

あらすじ:
1969年に放送を開始した『空飛ぶモンティ・パイソン』で全世界で大人気となったイギリスのコメディグループ、モンティ・パイソン。そのメンバーであるグレアム・チャップマン(1941~1989)が、笑いと同性愛と酒に彩られた自らの人生について、あることないこと告白する。
グレアム・チャップマンは戦時中に生を受け、血みどろの幼少期を経て優秀な若者に成長する。同性愛の芽生えと自信のなさに葛藤しながらも、才能あふれるグレアムはケンブリッジ大学にすんなり入学。医学を学びつつコメディサークルであるケンブリッジ・フットライツに参加し、やがてモンティ・パイソンのメンバーとして伝説を生み出すことに。また最初こそ女性と付き合っていたグレアムだったが、生涯のパートナーとなるデヴィッド・シャーロックと出会ってからはゲイライフを満喫し始める。しかしゲイのカミングアウトはしたくせに、アルコール中毒だけは誰にも打ち明けられなかった……酔っ払って男も女も構わずセックスしまくり、セリフをド忘れし、階段から転げ落ち、自らの症状のヤバさに気づいたグレアムは断酒を誓う。自分自身との格闘の末、アル中を克服したグレアムだったが、今度は自身の名声に疑いを抱き始める……

『思秋期(原題:Tyranosaur)』

Posted by arnoldkillshot on 26.2012 映画タイトル:さ行 0 comments 0 trackback
誰にも届かない叫びが荒れ狂う――再生は、断末魔の後にしか訪れない。

『思秋期(原題:Tyranosaur)』
2011年 イギリス
監督・脚本:パディ・コンシダイン
出演:ピーター・ミュラン、オリヴィア・コールマン、エディ・マーサン 他

あらすじ:
飲んだくれのジョセフ(ピーター・ミュラン)は衝動的な怒りを抑えられず、トラブルばかり起こしていた。仕事もなく妻を失った今、心を通わせるのは近所の少年と飲み仲間だけ。いつものように怒りに駆られて疲れ果てたジョセフは、ふとチャリティ・ショップに駆け込み、そこで働くハンナ(オリヴィア・コールマン)は優しく慰められる。最初こそ食って掛かるジョセフだったが、次第に彼女を心のよりどころとしていく。そして夫の虐待に苦しむハンナもまた、ジョセフといることで安心を感じるように。しかしある夜、夫にレイプされたハンナは家を出てジョセフのもとに逃げ込む。傷ついたハンナに寄り添うジョセフだったが、彼女の夫との決着をつけるべく家に乗り込んだとき、恐るべきものを見つけてしまう……

『マリー・ゴールド・ホテルで会いましょう(原題:The Best Exotic Marigold Hotel)』

Posted by arnoldkillshot on 26.2012 映画タイトル:ま行 0 comments 0 trackback
7人の老人を待っていたのは、刺激的すぎるインドとの出会い……新しい出会いが教えてくれたのは、ハッピーエンドへと進む力。

『マリー・ゴールド・ホテルで会いましょう(原題:The Best Exotic Marigold Hotel)』
2011年 イギリス
監督:ジョン・マッデン
脚本:オル・パーカー
出演:ジュディ・デンチ、ビル・ナイ、ペネロープ・ウィルトン、トム・ウィルキンソン、ロナルド・ピックアップ、セリア・イムリー、マギー・スミス、デヴ・パテル 他

あらすじ:
神秘の国インドのリゾートホテルでお安く快適な老後生活を……そんな謳い文句に誘われてやってきた7人のイギリス人たち。夫を亡くし新生活を求めてやってきたイヴリン(ジュディ・デンチ)、少年時代の思い出を胸にインドへ戻ってきたゲイの元判事グレアム(トム・ウィルキンソン)、老後の生活資金に困ったダグラス(ビル・ナイ)とジーン(ペネロープ・ウィルトン)の夫婦、いくつになっても奔放なマッジ(セリア・イムリー)、同じくいくつになっても女好きなノーマン(ロナルド・ピックアップ)、そして安い手術のためインドに来たミュリエル(マギー・スミス)……しかし彼らを待っていたのは広告とはえらく違うオンボロホテルと、「最後はみんなうまくいく。そうじゃなければ、また途中なんだ」がモットーの大雑把な若きオーナー・ソニー(デヴ・パテル)だった。
文化、人々、食べ物、すべてが刺激的なインドに戸惑いつつも、7人のそれぞれの新生活が始まる。仕事を見つけたイヴリンはダグラスと心を通わせていき、マッジとノーマンはロマンスを求め、グレアムは初恋の少年を探し続け、頑固なミュリエルもメイドの女性との交流で心を開いていくも、相変わらず頑ななジーン……さらに無謀な夢と身分違いの恋に夢中な息子に喝を入れるべくソニーの母親も登場し、波乱を呼ぶ。はたして彼らの未来は、そしてホテルの行方は?

『SAFE/セイフ(原題:Safe)』

Posted by arnoldkillshot on 22.2012 映画タイトル:さ行 0 comments 0 trackback
危険な街の中、ふたりだけの安全"SAFE"を探して。怒涛の殺戮の中に、ステイサムの繊細な一面を見た!

『SAFE/セイフ(原題:Safe)』
2012年 アメリカ
監督・脚本:ボアズ・イェーキン
出演:ジェイソン・ステイサム、キャサリン・チェン、ロバート・ジョン・バーク、ジョセフ・シコラ、レジー・リー 他


あらすじ:
NYの地下鉄で、絶望した男と逃げ惑う少女が出会った。男ルーク(ジェイソン・ステイサム)は敏腕刑事だったが、同僚の賄賂に染まらなかったことから放逐され、格闘家になるも八百長に従わなかった報いとしてロシアンマフィアに妻を殺され、今はホームレスとして誰にも関わらずに生きていくしかなかった。少女メイ(キャサリン・チェン)はその卓越した記憶能力と数学の才能をチャイニーズマフィアに利用され、取引の番号を暗記させられたために命を狙われていた。そして一人逃げる彼女の姿を目に止めたのが、今自殺しようとしていたルークだった。マフィアの追手を撃退したルークは、メイを連れて逃げる。そして彼はメイを守るため、ロシアンマフィアとチャイニーズマフィア、さらにNYの汚職警官たちに一人立ち向かう。

『アウトレイジ ビヨンド』

Posted by arnoldkillshot on 13.2012 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
悪党も幽霊からは逃れられない――極悪人たちが、社会に囚われた人間の悲劇を映し出す

『アウトレイジ ビヨンド』
2012年 日本
監督・脚本:北野武
出演:ビートたけし、中野英雄、加瀬亮、三浦友和、小日向文世、西田敏行、塩見三省、神山繁、中尾彬、高橋克典 他

あらすじ:
山王会の内部抗争から5年、先代会長を殺して二代目会長となった加藤(三浦友和)は、大友組を裏切って上り詰めた石原(加瀬亮)を若頭として勢力を拡大し、政界に影響を与えるまでに成長していた。大きくなりすぎた山王会を潰すべく、マル暴の片岡(小日向文世)は関西の花菱会に彼らを潰させようと暗躍する――加藤と石原に不満を持つ古参幹部の宮田(中尾彬)をそそのかして花菱会会長の布施(神山繁)、幹部の西野(西田敏行)、中田(塩見三省)と接触させたことをきっかけに、徐々に両組織の緊張感は高まっていく。さらに片岡は、刑務所で死んだと噂されていた大友(ビートたけし)を釈放させる。裏切り者の石原と加藤への恨みをたきつける片岡だったが、大友はもはやヤクザ社会に疲れ果てていた。しかし同じくすべてを奪われた木村(中野英雄)への同情から、山王会に一矢報いる決意をした大友は、花菱会に接触する。一方かつて裏切った自分の親分が生きていたと知り、動揺する石原は大友殺害を命令する。

『エクスペンダブルズ2(原題:The Expendables 2)』

Posted by arnoldkillshot on 04.2012 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
男エキス増量の男祭り第2弾!!これぞ究極、肉体派アイドル映画!!

『エクスペンダブルズ2(原題:The Expendables 2)』
監督:サイモン・ウェスト
脚本:シルヴェスター・スタローン、リチャード・ウェンク
出演:シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ドルフ・ラングレン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリス、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、チャック・ノリス、ランディ・クートゥア、テリー・クルーズ、ジェット・リー、リアム・ヘムズワース、ユー・ナン 他


あらすじ:
隊長バーニー・ロス(シルヴェスター・スタローン)率いる最強無敵の傭兵軍団・エクスペンダブルズはネパールでの危険な任務に向かっていた。そこで捕われていたロスのライバル・トレンチ(アーノルド・シュワルツェネッガー)と人質を救出した彼らは、新たに加わった若きスナイパー・ビリー“ザ・キッド”(リアム・ヘムズワース)の力もあってピンチをすり抜け任務に成功。そこへCIAのチャーチ(ブルース・ウィリス)が表れ、以前の依頼でもたらされた損害をチャラにする代わりに任務を果たせと要求する……パスワードで保護された謎のケースを手に入れろというのだ。暗号解読のプロ・マギー(ユー・ナン)がパスワードを解除しケースを手に入れる一行だったが、そこにヴィラン(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)率いる犯罪組織サングが現れる。ビリーを盾にケースを奪ったヴィランは、容赦なくビリーを殺して立ち去る……怒りに燃えるエクスペンダブルズは、ヴィラン一味を倒すことを心に誓う。
ヴィランの目的は、ケースに隠されていた大量のプルトニウムのありかを見つけ、売却すること。発掘作業に近隣の村人に労働を強制し、残された女子供は苦しんでいた……彼女らの願いを胸に基地に乗り込んだエクスペンダブルズだったが、ヴィランの罠にはめられてしまう。最強軍団の絶体絶命のピンチに現れたのは…?

『ボーン・レガシー(原題:The Bourne Legacy)』

Posted by arnoldkillshot on 03.2012 映画タイトル:は行 0 comments 0 trackback
己に下した任務は、内なる〝狼〟を殺すこと。『ボーン』の遺伝子を受け継いだ、新たなリアルヒーロー誕生!

『ボーン・レガシー(原題:The Bourne Legacy)』
2012年 アメリカ
監督:トニー・ギルロイ
脚本:トニー・ギルロイ、ダン・ギルロイ
出演:ジェレミー・レナー、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン、ステイシー・キーチ 他


あらすじ:
CIAによる最強の暗殺者を造り出すための極秘計画“トレッドストーン”、そしてその改良版である“ブラックブライアー”が、その計画が生んだ暗殺者ジェイソン・ボーンによって暴かれようとしていた――その情報を受けた元海軍提督のターソ(ステイシー・キーチ)は、国家調査研究所の局長リック・バイヤー(エドワード・ノートン)に隠蔽工作を委ねる……その中には、遺伝子操作と薬物で兵士を強化する“アウトカム計画”も含まれていた。そのころアウトカム計画が生んだ最高の暗殺者アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)はアラスカで訓練中だったが、無人機のミサイルにより命を狙われる。死を偽装したアーロンは、アウトカムの被験者が肉体と精神を維持するのに必要な薬を求め、アラスカを去る。そして暗殺者たちと同様、アウトカム計画に携わった科学者も狙われていた――被験者の健康管理をしていたマルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)も操られた同僚に殺されかけ、さらに暗殺者が自宅を襲う。その窮地を救ったのはアーロンだった……計画が抹消されようとしていることを把握したアーロンは、薬の手がかりであるマルタと共に逃亡する。しかしバイヤーはやがて、製薬工場のあるマニラに逃げた二人を発見し追手を送る……

『インブレッド(原題:Inbred)』

Posted by arnoldkillshot on 02.2012 ホラー 2 comments 0 trackback
かつて、こんなにものどかなグロ映画があったろうか。残酷度MAXでもゆるいユーモアは健在の、イギリスホラーの真骨頂。

『インブレッド(原題:Inbred)』
2011年 イギリス
監督:アレックス・シャンドン
出演:ジョー・ハートリー、ジェームズ・ドハティ、シーマス・オニール、ジェームズ・バロウズ、ナディーン・ローズ・マルケリン、テリー・ヘイウッド、クリス・ウォーラー、ニール・レイパー 他


あらすじ:
ソーシャルワーカーのケイト(ジョー・ハートリー)とジェフ(ジェームズ・ドハティ)に連れられた4人の非行少年たちは、社会奉仕のためヨークシャーの田舎にやってきた。しかしそのモートレイクという村はなぜかカーナビには存在せず、村唯一のパブの店主ジム(シーマス・オニール)をはじめとして不気味な人々ばかりだった。
村に着いた翌日、一行は廃棄列車置き場での作業に取り掛かる。不良のドワイト(クリス・ウォーラー)と小心者のピッキング犯ゼブ(テリー・ヘイウッド)はふざけてばかりで、彼らに完全にナメられているジェフの注意も届かない。一方無口な少女サム(ナディーン・ローズ・マルケリン)と放火犯のティム(ジェームズ・バロウズ)はケイトに素直に従って作業を進めながら、ひそかに心を通わせていた。しかしジムの異常な息子グリス(ニール・レイパー)に襲われた一行は、勢い余ってケガをしたジェフのため、ジムのパブに救いを求める。しかしジムは息子の尻ぬぐいのため、突然ジェフの首をはねる――村人たちは驚愕するケイトたちを監禁し、ジムは彼らよそものを使った“ショー”を開くことに。一人、また一人と殺される中、彼らは異常者たちから逃げることができるのか?

映画スターたちの歌・その11:Pagoda(ボーカル・ギター:マイケル・ピット)-Alone

Posted by arnoldkillshot on 01.2012 映画スターたちの歌 0 comments 0 trackback
映画俳優たちの音楽活動を紹介するこの『映画スターたちの歌』のコーナーですが、続けてるといろいろと葛藤に苛まれます。有名なのはここで紹介するまでもないと思っちゃうし、かといってマイナーすぎると誰?へーバンドなんかやってるんだ、で?で終わってしまうし……。でもこのブログもしょせん自分のメモのようなものなので、知名度とか特に気にせず適当に紹介していこうと思います。
……というのも、今回紹介しようと思うのはやはり紹介するまでもなさそうなほど有名なマイケル・ピットのバンド、Pagodaだからです。彼の歌唱力は『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』でとっくに証明済みでしたが、バンドと契約したSonic Youthのサーストン・ムーアの言う通り「俳優が片手間にやってるってレベルじゃない」このバンドは、俳優としてのピットを脇に置いても注目すべきバンドだと思います。2005年、ピットがNirvanaのカート・コバーン(をモデルにした人物)を演じた『ラストデイズ』で、音楽監修を担当した前述のサーストン・ムーアが彼のオリジナル曲を聴いて高く評価し、バンドと契約。2007年にリリースされたセルフタイトルのファーストアルバムがこれまた高く評価され、セカンドアルバム"Re-birth"を製作中でしたが、「時間がない」とのことで2011年に活動休止を宣言。残念。しかしこのセカンドアルバムは2013年リリース予定だそうです。
今回紹介するのは、Nirvanaの影響を受けたファーストアルバムから"Alone"。暗い、重い、辛いの三重苦を歌にしたようなダークな1曲です(ポスト・グランジなので全体的にそうなんですが)。なんというか、ミュージシャンがこういう暗い曲を書いても「まあ、こういう人なんだろうな」とすんなり納得できるんですが、俳優さんがこんなダークな側面を音楽で見せると「大丈夫か!?」と余計な心配をしてしまいます。

Pagoda-Alone


And so I’m here now, I used to be there
結局来てしまった 前もここにいたっけ

It was before that I was unhappy
不幸せになる前のこと

Now I’m just numb…
今はもう動けない

And now I can’t leave
立ち去ることもできず

I just sit in my room
部屋の中うずくまって

With only cigarettes to kill my time
タバコで時間をつぶすだけ

I’ll be fine, I’ll be alright
それでもいい 平気さ

One more day off my life
あと1日 人生に猶予をくれ

On more niche to chisel in the wall
あともう一か所 壁を飾らせて

I won’t fall
落ちぶれたりはしないさ

I’ll keep on breathing in spite of you
あんたなんかまるで無視で 呼吸し続けてやる

Like love was something I never knew
まるで一度も愛を知らずにいたみたい

And you can spite me too
あんたも俺を苦しめたらいい

Cause I don’t wanna see nobody
俺は誰も見たくないし

I don’t wanna hear nobody
誰の声も聴きたくない

I don’t wanna take nobody home with me tonight
誰とも一緒に帰りたくない 今夜は

You think it’s funny, I have nobody
おかしいだろ 俺には誰もいない

Somebody to hold my crummy hand
汚れたこの手を つなぐ相手なんか

I’m alone
俺はひとりぼっち

No ring ring to infect my phone
電話も来ないし 回線は無菌状態

Nobody’s calling, no one’s home
電話も 家にも 誰もいない

Except silence and her lovely lovely tone
沈黙だけが 甘い甘い声で寄り添ってくれる

I swear I’m alone
俺は完全に孤独だ

I’ll just sit here in my hotel room
ホテルの一室でうずくまってるだけ

I’ll just sit here in my rented tomb
レンタルの墓場にうずくまってるだけ

I’ll just sit, enjoy the view
うずくまって 眺めを楽しんでる

I’ll just sit and watch the world go
うずくまって 世界が遠ざかるのを見るだけ


  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。