Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダーク・シャドウ(原題:Dark Shadows)』

Posted by arnoldkillshot on 31.2012 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
「予定では昼メロのお時間でしたが、番組を変更してオカルトドラマを放送します」。ヴァンパイア流の家族愛が、不幸のどん詰まりをぶっち切る!

『ダーク・シャドウ(原題:Dark Shadows)』
2012年 アメリカ
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、エヴァ・グリーン、ベラ・ヒースコート、ミシェル・ファイファー、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・グレース・モレッツ、ガリー・マクグラス、ヘレナ・ボナム・カーター、ジャッキー・アール・ヘイリー 他

あらすじ:
200年前、英国からアメリカに渡り水産業を起こして成功したコリンズ家――その御曹司バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は使用人で愛人、そして魔女でもあるアンジェリーク(エヴァ・グリーン)の呪いによって恋人ジョゼット(ベラ・ヒースコート)を失い、自らもヴァンパイアにされ棺の中で生き埋めにされてしまう。
時は流れ1973年――本名を偽りコリンズ家に家庭教師としてやってきたヴィクトリア(ベラ・ヒースコート、二役)は、没落し生気を失ったコリンズ家を目の当たりにする。美しいが陰のある女主人エリザベス(ミシェル・ファイファー)、ロックに夢中な反抗期の娘キャロリン(クロエ・グレース・モレッツ)、エリザベスの堕落した弟ロジャー(ジョニー・リー・ミラー)、その息子で死んだ母の幽霊が見えるという少年デイビッド(ガリー・マクグラス)、彼の精神科医ジュリア……そんな彼らのもとに200年ぶりに地上に現れたバーナバスが帰って来る。エリザベスに正体を明かして一家の復興を約束するバーナバスは、200年というジェネレーションギャップに翻弄されつつコリンズ家の事業をよみがえらせる。彼は死んだ恋人ジョゼットにうりふたつのヴィクトリアに心惹かれるも、現代ではアンジーと名乗り実業家となったアンジェリークが姿を現す。彼女こそ町の水産業を牛耳りコリンズ家を没落させた張本人だった。再びバーナバスをモノにしようと企むアンジェリークに自分も吸血鬼になろうともくろむジュリア、さらに自らの吸血鬼としての宿命にバーナバスは打ち勝つことができるのか…

スポンサーサイト

『アーティスト(原題:The Artist)』

Posted by arnoldkillshot on 29.2012 映画タイトル:あ行 0 comments 1 trackback
映画がことばを知らぬ子どもだったころを、どうか忘れないで。
(4月9日初回鑑賞、5月28日2回目鑑賞、加筆)

『アーティスト(原題:The Artist)』
2011年 フランス
監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウス
音楽:ルドヴィック・ブールス
出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、アギー、ジェームズ・クロムウェル、ジョン・グッドマン 他


あらすじ:
1927年、ハリウッド。サイレント映画のスター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)の新作は今回も大成功。大勢のファンが大喝采を送る中ではしゃぐジョージ、そんなときファンの中にいた新米女優ペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)がうっかり彼とぶつかってしまう。それでも優しく微笑むジョージにペピーの心はときめき、大胆にもキスをする。その写真を新聞に載せられ、ジョージの妻ドリスはご機嫌斜め。一方ペピーは映画の撮影所に向かい、得意のダンスで見事エキストラの役をゲット。ステップを練習する彼女に、合わせて踊る誰かの足――それは主演のジョージだった。撮影後こっそりジョージの楽屋を訪れたペピーは彼と対面する。スターになるには目立つ特徴が必要、とジョージはペピーの口の上につけぼくろを書いてやるのだった。それ以来ペピーは女優として着実に成功していく。一方ジョージは映画会社の社長ジマー(ジョン・グッドマン)から「これこそ映画の将来だ」とトーキーのサンプルを見せられるが、大笑いして本気にとらない。しかし会社はサイレントの制作を中止しトーキーに完全移行すると宣言。サイレントにこだわるジョージは会社を去り、ペピーはトーキー映画のスターにのぼりつめていく。
ジョージは自分で監督まで手掛けてまでトーキーを拒み続けていた。完成した映画は大コケで、一方ペピーの新作には長蛇の列が並んでいた。しかしペピーはジョージの映画を見て涙する。その晩ジョージを訪ねたペピーだが追い返されてしまう…1929年、世界恐慌が訪れますます状況は悪化。妻にも別れを告げられ家を出るが、運転手のクリフトン(ジェームズ・クロムウェル)は無給でジョージを支え続けていた。そんな彼のためを思いあえてクビにしたジョージは、財産をオークションに出してなんとか金を作ろうとする。それを買い取ったのは実はペピーの執事たちだった。その金も酒に消え、絶望したジョージは自らの出演作のフィルムに火を放つが……

『ロボット(原題:Endhiran)』

Posted by arnoldkillshot on 27.2012 映画タイトル:ら行 0 comments 0 trackback
想像力の限界突破!インド映画のリーサルウェポン、降臨。

『ロボット(原題:Endhiran,The Robot)』
2010年 インド
監督:シャンカール
音楽:A.R.ラフマーン
出演:ラジニカーント、アイシュワリヤー・ラーイ、ダニー・デンゾンパ 他

あらすじ:
科学者バシーラガン(ラジニカーント)は、10年の歳月をかけたロボットの研究に没頭するあまり恋人のサナ(アイシュワリヤー・ラーイ)さえほったらかしだった。ついに自身の分身であるそのロボット・チッティ(ラジニカーント・二役)が完成し、バシーは称賛を浴びるが師であるボラ教授(ダニー・デンゾンパ)は自らのロボットに足りない神経回路のデータをなんとかチッティから盗み出そうと企む。1ゼタバイトのメモリーで何でも瞬時に記憶し、1テラヘルツのスピードでどんなことでもこなすチッティは究極のロボットだったが、人間の感情を知らないことだけが弱点だった――列車で襲われたサナを救うため大暴れし、火事にあったマンションで人々を救出するも裸のままバスルームに取り残された少女を外に連れ出してしまったせいで結果的に彼女を死なせてしまい、命令さえ受ければ創造主であるバシーさえ殺そうとする。
だがある日感情を教えようとするバシーの努力が実ったのか、あるいは落雷で壊れたせいかチッティに感情が宿る。しかし心を持ったチッティが好きになってしまったのはサナだった。サナの心をつかもうとバシーと張り合うチッティだったが、「人間は機械を愛せない」とサナに告げられてしまう。さらに軍の審査で失敗したチッティに怒ったバシーは彼を廃棄してしまうが、ボラ教授はチャンスとばかりチッティを拾い殺人マシーンに変えてしまう。サナの愛を求め暴走するチッティは破壊の限りをつくし、無数の自らの分身を作り上げサナを奪う。バシーはチッティの暴走を止められるのか!?

『ファミリー・ツリー(原題:The Descendants)』

Posted by arnoldkillshot on 24.2012 映画タイトル:は行 4 comments 0 trackback
喪失と存在のはざまで、〝残された者たち(The Descendants)〟はどうすればいい?それでもオッサンは、再生に向かってがむしゃらに走る。


『ファミリー・ツリー(原題:The Descendants)』
2011年 アメリカ
監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:アレクサンダー・ペイン、ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ
出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、マシュー・リラード、ジュディ・グリア、ボー・ブリッジス 他

あらすじ:
楽園のようなハワイで暮らす弁護士マット・キング(ジョージ・クルーニー)の人生に、2つの波乱が同時に押し寄せていた。1つは妻エリザベスがボートレースの事故で昏睡状態に陥ったこと。二人の娘の世話は妻に任せきりだったマットは、母親の自己のせいか問題を起こしてばかりの下の娘スコッティ(アマラ・ミラー)の世話に手を焼く。それでもいつか回復するだろうと思っていた矢先、医者からエリザベスの回復の見込みはなく生命維持装置を外さなくてはならないと宣告される。マットは途方に暮れるも周囲には妻の病状を伝えられない、娘にさえも……しかしやがて来る妻の最後のため、彼は上の娘アレックス(シャイリーン・ウッドリー)を全寮制の学校から連れ戻す決意をする。両親に反抗的な彼女は家に戻っても仏頂面だが、エリザベスが助からないと告げると感情が爆発し、ついに彼女が別の男と浮気していたことをマットに打ち明ける。動揺したマットは妻の浮気相手を突き止めようと親友の夫婦と問いただし、“ブライアン・スピアー(マシュー・リラード)”という名前を聞き出す。そしてようやくやがて訪れる妻の死を知らせるため、娘たちとなぜかアレックスの彼氏シド(ニック・クラウス)と共に家族や友人たちに知らせることにしたマット。そしてその一方で、マットはアレックスやシドと協力して浮気相手を探し出そうとするが……

『タイタンの戦い(原題:Clash Of The Titans)』&『タイタンの逆襲(原題:Wrath Of The Titans)』

Posted by arnoldkillshot on 21.2012 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
人間くさいギリシャの神々の、人間離れした壮絶バトル!無駄に豪華なキャストが洋ゲー的世界で大暴れ。


『タイタンの戦い(原題:Clash Of The Titans)』
2010年 アメリカ
監督:ルイ・ルテリエ
出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン、ピート・ポスルスウェイト 他

あらすじ:
神と人とが共存していた古代ギリシャ。漁師の父(ピート・ポスルスウェイト)に海で拾われたペルセウス(サム・ワーシントン)は、ある日冥界の神ハデス(レイフ・ファインズ)によって家族を殺されてしまう。神を崇めなくなった人間に怒った全能の神ゼウス(リーアム・ニーソン)に、ハデスが人々を懲らしめれば再び神を恐れるだろうと唆したのだった。たった一人生き残ったペルセウスはアルゴスにたどり着くが、そこでもハデスが現れ王女アンドロメダを自ら生み出した怪物クラーケンのいけにえにするよう言う。それは弟ゼウスを倒すためのハデスの陰謀だった。自分がゼウスを父に持つ半神だと知ったペルセウスは、人々を守るため守護者イオ(ジェマ・アータートン)や軍人ドラコ(マッツ・ミケルセン)らと共に旅に出る。



『タイタンの逆襲(原題:Wrath Of The Titans)』
2012年 アメリカ
監督:ジョナサン・リーベスマン
出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、トビー・ケベル、ロザムンド・パイク、ビル・ナイ、エドガー・ラミレス 他

あらすじ:
クラーケン退治から10数年後、英雄ペルセウス(サム・ワーシントン)は亡き妻イオとの息子ヘレイオスとともに漁師として平和に暮らしていた。しかしそこに父ゼウス(リーアム・ニーソン)が現れ、神々の危機を告げるが人として生きようとするペルセウスは父の頼みを断る。ゼウスとポセイドン、そしてゼウスの息子アレス(エドガー・ラミレス)はハデス(レイフ・ファインズ)の治める冥界へ赴き、魔物を封じたタルタロスの牢獄を立て直そうとする。しかしハデスとアレスはゼウスたちの父である巨神クロノスをタルタロスから解き放つためゼウスを裏切り彼を拘束する。タルタロスの崩壊のために地上にも魔物が出現するようになり、ペルセウスはもう一人の半神アゲノール(トビー・ケベル)やかつて救った女王アンドロメダ(ロザムンド・パイク)とともに世界を救う旅に出る。

『幸せの教室(原題:Larry Crowne)』

Posted by arnoldkillshot on 19.2012 映画タイトル:さ行 0 comments 0 trackback
人は学んで、前に進んでいく。まっすぐなラリーの新たな一歩が、大学の教室にさわやかな風を巻き起こす。

『幸せの教室(原題:Larry Crowne)』
2011年 アメリカ
監督:トム・ハンクス
脚本:トム・ハンクス、ニア・ヴァルダロス
出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、ググ・バサ=ロー、セドリック・ジ・エンターテイナー、ブライアン・クラストン、ウィルマー・ヴァルデラマ 他

あらすじ:
気のいいスーパーの店員ラリー・クラウン(トム・ハンクス)が突然社員に呼び出される。これで9回目の最優秀店員賞か?と思いきや、なんとそれは不景気に伴うリストラ通知。大学を出ていないため出世の見込みはないとの理由で解雇されてしまったのだ。途方に暮れ仕事を探すも学歴のせいで仕事は見つからず、不景気のせいで離婚した妻から引き取った家を売ることもできない…。いつもガレージセールをやっている隣人ラマー(セドリック・ジ・エンターテイナー)に相談すると、彼はコミュニティ・カレッジ(短期大学)のパンフレットを見せる。そして大この年で学生となった彼がとった授業はマツタニ教授の経済学、そしてメルセデス・“マーシー”・テイノー先生(ジュリア・ロバーツ)のスピーチクラスだった。
何もかも新鮮な大学生活で真面目に授業に取り組むラリーとは反対に、メルセデスは少ない受講生や学生たちの態度、そして自称・小説家でブログ中毒の夫ディーン(ブライアン・クラストン)のせいでやる気を失っていた。笑うことにすら疲れ果てた彼女の不機嫌な態度にタジタジのラリーだったが、ふざけ半分の若い学生たちと一緒に授業を受けるうち、メルセデス自身にも惹かれていく。そして車を売りスクーターに乗り換えたラリーは、経済学で一緒になったタリア(ググ・バサ=ロー)に誘われスクーター仲間の一員になる。彼女の恋人デル(ウィルマー・ヴァルデラマ)さえ焼きもちを焼くほど打ち解けたラリーは、スクーター仲間たちによってダサいファッションや汚い部屋を改造され、洗練されていく。そして焼きもちを焼いていたのはメルセデスも同じだった……彼女もまたほかの学生とは違うラリーが気になり始める。ある日夫ディーンと大ゲンカをしたメルセデスと出くわしたラリーはスクーターで彼女を送るが、メルセデスは酔った勢いでキスをしてしまう……

トレント・レズナーとロジャー・ウォーターズの対談(2000年11月の『リヴォルヴァー』の記事より)

Posted by arnoldkillshot on 15.2012 海外記事翻訳 0 comments 0 trackback
翻訳の練習は好きな素材に限る。ということで私の好きなアーティスト、Nine inch Nailsのトレント・レズナーと元Pink Floydのロジャー・ウォーターズの対談を翻訳してしました。(元の記事はこちら)2000年の古い記事(この当時はDVDが新しいメディアだったんですね…)ですが、今読んでも面白い記事です。
世界一気難しいと言われるロジャー・ウォーターズと彼を敬愛する根暗オタクの天才トレント・レズナー。そんな彼らの会話は当然のように明るい話題になるはずもなく……。最初はレコード業界への愚痴から批判に変わり、最終的には葛藤するトレントへの説教に変わるさまは、結構いいこと言ってるにもかかわらず笑わずにはいられません(私だけ?)。後半、語りモードのロジャーにトレント「はい、はい、わかります」しか言ってないし!!どことなく会話は噛み合ってないけど、とりあえず理解されない天才もとい根暗で友達いない男同士、意気投合したようです。
それでは長いので以下より全文をどうぞ。

『貞子3D』

Posted by arnoldkillshot on 14.2012 ホラー 0 comments 0 trackback
貞子、テクノロジーの最先端へ。我々は一体何と戦っているのか!?

『貞子3D』
監督:脚本:英勉
原作:鈴木光司
出演:石原さとみ、瀬戸康史、山本裕典、染谷将太、田山涼成、橋本愛 他

あらすじ:
茜(石原さとみ)が教師を務める女子高で“呪いの動画”の噂が広まっていた――ニコニコ動画の生放送である男が公開自殺し、それを見ていた人間も同時に死亡したというのだ。そして刑事の小磯(田山涼成)の周辺でも奇妙な自殺が頻発していた。そんな中、茜の生徒・典子が窓から身を投げて亡くなる。警察は自殺と判断するも、人気者で明るい彼女が自殺するとは考えられない茜。典子の親友・理沙は彼女の死の原因は“呪いの動画”だと確信し、自ら動画を探すうちついにそれを見てしまう……理沙が画面の中から現れた髪の長い謎の女に襲われているところに出くわした茜は、必死のあまり“能力”を解放してしまう――実は超能力の持ち主である茜は、その能力のために疎外された過去を持っていたのだ。能力で理沙を助けた茜だったが、“呪いの動画”の存在を目の当たりにし、さらに暗い過去を呼び起こされ精神的に追い詰められていく。しかしそんな彼女を支える恋人・孝則(瀬戸康史)にも呪いの手が。突然再生された呪いの動画から出てきたあの髪の長い女に孝則は連れ去られてしまう。一方、小磯は捜査の中で発端の動画で自殺した男・柏田(山本裕典)に行き当たり、彼の目的がかつてその超能力ゆえに疎まれ殺された女・山村貞子の復活であることを知る……

『孤島の王(原題:Kogen Av Bastøy)』

Posted by arnoldkillshot on 10.2012 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
誰もが“自ら”に“由って”生きる王――誰も助けてくれない孤島の監獄で、少年たちは反逆する。

『孤島の王(原題:Kogen Av Bastøy)』
2010年 ノルウェー・フランス・スウェーデン・ポーランド
監督:マリウス・ホルスト
音楽:ヨハン・セーデルクヴィスト
出演:ベンヤミン・ヘールスター、トロン・ニルセン、ステラン・スカルスガルド、クリストッフェル・ヨーネル 他

あらすじ:
1915年ノルウェー、バストイ島の少年矯正施設に二人の少年が連れてこられる。C19こと元漁師の屈強な少年エーリング(ベンヤミン・ヘールスター)の指導係として卒院を控えた優等生C-1ことオーラヴ(トロン・ニルセン)があてられるが、無事に出所したい彼の心配をよそにエーリングは反抗的な態度を繰り返し懲罰を受ける。一方ひ弱なC5ことイーヴァルは寮長ブローデン(クリストッフェル・ヨーネル)に気に入られるが、それは性的虐待の始まりだった……。
文字の読めないエーリングの代わりにオーラヴが手紙を読んでやったことがきっかけで二人は友情を築いていき、反抗をやめないエーリングの態度に従順だったオーラヴも感化されていく。そしてエーリングは一度は衝突したオイスタインとも脱走計画をきっかけに仲良くなり、ついに実行に移す。しかし結局一人で脱走することになったエーリングはボートで船に漕ぎ出したまではよかったものの、結局連れ戻されてしまう。一方オーラヴは卒院の審査に無事に通る。
しかしブローデンによるイーヴァルへの性的虐待を黙ったままでいられないオーラヴは院長に報告する。彼の前では妄想と決めつけた院長だったが、密かにブローデンの手からイーヴァルを救い出し、ブローデンを本土に送り返す。しかし皆との労働についていけず絶望したイーヴァルは荒れ狂う海の中に身を投げる……。しかし院長は彼の死を脱走未遂による事故死とし、オーラブは憤りをあらわにする。さらに彼の卒院の日、去ったはずのブローデンが戻って来たために彼の怒りは爆発し、それに加わったエーリングとオイスタインは地下の監禁室に閉じ込められてしまう。凍てつく檻の中で耐え続け、使用人の助けもあって彼らはブローデンから鍵を奪い監禁室から脱出する。そんな彼らの姿を見た他の少年たちもついに大人たちに反撃に出、ついには大規模な反乱となる……

Peter Murphy-Cuts You Up

Posted by arnoldkillshot on 09.2012 洋楽歌詞和訳 0 comments 0 trackback
最近歌詞の翻訳をしていなかったので、久々にやってみました。今回はゴスのゴッドファーザーと呼ばれる元Bauhausのボーカル、ピーター・マーフィーの"Cuts You Up"、たぶん彼の曲では一番売れた曲です。
ビデオのバージョンは短めに編集されていますが、麗しいマーフィー氏とダイナミック裸ボウイング奏法(笑)の二重奏をお楽しみください。

Peter Murphy-Cuts You Up

I find you in the morning
あの朝 あなたを見出した

After dreams of distant signs
遥かなる兆しを夢見続けたあと

You pour yourself over me
あなたは自らを注いでくれた

Like the sun through the blinds
ブラインドから漏れる陽のように

You lift me up and get me out
僕を救い出してくれたあなたは

Keep me walking but never shout
導いてくれるけれど 呼びかけはしない

"Hold the secret close", I hear you say
「秘密を守り続けて」と あなたの声が聞こえる


You know the way it throws about.
分かっているだろう 翻弄するさだめが

It takes you in and spits you out
あなたを連れ去り 置き去りにしてしまうと

It spits you out when you desire
あなたが願えば それは裏切る

to conquer it, to feel you're higher
打ち破りたいと 至上の感覚を求めたとき

To follow it you must be clean,
身を委ねれば 汚れは消える

with mistakes that you do mean
あなたが犯したあやまちとともに

Move the heart, switch the pace
心臓を躍らせ 歩みを早めるのだ

Look for what seems out of place
ここにはないものを求めて


On and on it goes
人生は続く

Calling like a distant wind
遥かなる風のように呼びかけながら

Through the zero hour we'll walk
決断の時を 僕たちは共に歩む

We'll cut the thick and break the thin
厚みを切り裂き 薄さを打ち破って

No sound to break, no moment clear
静寂を破る音も 確かな時もない

When all the doubts are crystal clear
すべての疑いが透き通って見えたなら

Crashing hard into the secret wind
誰も知らない風の中へと激しくぶつかって


You know the way it twists and turns
分かっているだろう もだえのたうつ運命を

Changing color, spinning yarns
次々と色を変え 糸を紡ぎながら

You know the way it leaves you dry
味気なく乾ききったあなたを

It cuts you up, and takes you high
ばらばらに切り刻んで 高みへと連れて行く

You know the way it's painted gold
黄金に彩られたそれは

Is it honey? Is it cold?
甘い蜜か 冷たい感触か

You know the way it throws about.
あなたはかき乱される

It takes you in and spits you out
あなたを連れ去り 置き去りにして


Oh, cuts you up...
あなたを切り刻んでしまう


You know the way it throws about.
分かってるだろう 翻弄するさだめが

It takes you in and spits you out
あなたを連れ去り 置き去りにしてしまうと

It spits you out when you desire
あなたが願えば それは裏切る

to conquer it, to feel you're higher
打ち破りたいと 至上の感覚を願ったとき

To follow it you must be clean,
身を委ねれば 汚れは消える

with mistakes that you do mean
あなたが犯したあやまちとともに

Move the heart, switch the pace
心臓を躍らせ 歩みを早めるんだ

Look for what seems out of place
ここにはないものを求めて


Oh, cuts you up
あなたがばらばらに

Oh, cuts you up
切り刻まれてしまう

It's okay it goes this way.
恐れないで そういうさだめなのさ

The line it twists, it twists away
うねりねじ曲がるその運命が

Cuts you up and spits you out
あなたを切り刻み 置き去りにしてしまう

Keeps you walking, but never shout
立ち止まることを許さず 呼びかけることさえなく


『ブレックファスト・クラブ(原題:Breakfast Club)』

Posted by arnoldkillshot on 02.2012 映画タイトル:は行 0 comments 0 trackback
罪を犯した囚人のように、補修にやってきた5人の高校生――それは大人と子供のはざまにある、僕たちの永遠の居場所。

『ブレックファスト・クラブ(原題:Breakfast Club)』
監督・脚本:ジョン・ヒューズ
出演:エミリオ・エステヴェス、モリー・リングウォルド、ジャド・ネルソン、アンソニー・マイケル・ホーン、アリー・シーディ 他

あらすじ:
土曜だというのに補習に集められた5人の少年少女――彼らは「自分とは何か」について作文を書くよう言われ、図書室に軟禁状態に。課題は進まず無為に時間を過ごしているうち、“チンピラ(Criminal)”のジョン(ジャド・ネルソン)は他の4人を皮肉り始め優等生の“スポーツ馬鹿(Athlete)”アンドリュー(エミリオ・エステヴェス)と衝突する。学園の“お姫様(Princess)”クレア(モリー・リングウォルド)はジョンのからかいに腹を立て、気弱な“ガリ勉(Brain)”ブライアン(アンソニー・マイケル・ホーン)は彼らをなだめようとし、そんな光景から一人不気味な“不思議ちゃん(Basket Case)”アリソン(アリー・シーディ)だけが浮いている……。ばらばらで打ち解けなかった5人は、教師の監視をかわしつつぶつかりあううちに少しずつ心を開いていく。そして明らかにされていく、それぞれの悩みとここにいる理由……何のつながりもなかった5人にかけがえのない友情が生まれつつあったが?

『容疑者、ホアキン・フェニックス(原題:I'm Still Here)』

Posted by arnoldkillshot on 01.2012 映画タイトル:や行 4 comments 0 trackback
ホアキンがホアキンを演じ、嘘を現実に発信している間――彼を笑った世の中は、彼の手のひらで踊っていた。

『容疑者、ホアキン・フェニックス(原題:I'm Still Here)』
2010年 アメリカ
監督:ケイシー・アフレック
出演:ホアキン・フェニックス 他


あらすじ:
『グラディエーター』での怪演、『ウォーク・ザ・ライン』での名演と歌……ハリウッドきっての名優ホアキン・フェニックスが突如引退宣言、そのうえラッパーとしてデビュー!?そんな突拍子もない出来事&ホアキンの変わり果てた姿に全米が震撼した。「演じるのに疲れた」「素の自分でいられるのは気分がいい」と、奇行に走りまくるホアキンに友人のアントニーやラリー、そして他の俳優たちも心配する。彼の転身をドキュメンタリーに収めようとする義弟のケイシー・アフレックも……。そんな心配をよそにホアキンはヒップホップのスターであるショーン・“ディディ”・コムズにプロデュースを依頼するも、彼の異常な振る舞いや遅刻、さらに映画界をネタにした残念なリリックを不審がるディディはホアキンを無視。俳優としては快進撃を続けたのにラッパーとしては一歩も前進できない現状にあせり始めるホアキンは暴走を始める……


  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。