Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jumper-Third Eye Blind

Posted by arnoldkillshot on 25.2011 洋楽歌詞和訳 0 comments 0 trackback
Jumper-Third Eye Blind

I wish you would step back from that ledge, my friend
その崖の淵から 戻ってきてくれたらよかったのに

You could cut ties with all the lies, that you've been living in
君を縛るものも いつもの嘘で断ち切ることだって出来たのに

And if you do not want to see me again
その顔二度と見たくないって言うのも

I would understand, I would understand
僕には理解できたのに


The angry boy, a bit too insane
ちょっと壊れた 怒れる少年

Icing over a secret pain
隠れた苦痛を凍てつかせて

You know you don't belong
自分の居場所じゃないと感じてたんだね

You're the first to fight
真っ先に喧嘩して

You're way too loud
大騒ぎするだけ

You're the flash of light on a burial shroud
君の輝きは 死んだように埋められて

I know something's wrong
こんなのおかしいよな


Well, everyone I know has got a reason
でも 誰にでも理由がある

To say put the past away
過去を捨て去れというだけの


Wish you would step back from that ledge, my friend
その崖の淵から 戻ってきてくれたらよかったのに

You could cut ties with all the lies that you've been living in
君を縛るものだって いつもの嘘で切り抜けられただろ

And if you do not want to see me again
もう僕に会いたくないというのも

I would understand, I would understand
分かってあげられたのに 僕には理解できたのに


And well, he's on the table
そして彼は台の上で

And he's gone to code
鼓動を止めてしまった

And I do not think anyone knows
誰も分かっていないんだ

What they are doing here
自分が何をしてるのか

And your friends have left you
友達は去り

You've been dismissed
君は取り残されて

I never thought it would come to this
こんなことになるなんて思いもしなかった

And I, I want you to know
ただ どうか解ってくれないか


Everyone's got to face down the demons
悪魔に負けてしまうときは 誰にでもやってくる

Maybe today
それは今日かもしれない

We can put the past away
過去は捨て去れるんだ


I wish you would step back from that ledge my friend
あの崖から 君が戻ってきてくれたら

You could cut ties with all the lies That you've been living in
君を縛るもの いつもの嘘で断ち切ることだって出来たのに

and if you do not want to see me again
二度と会いたくないと君が言うなら

I would understand, I would understand, I would understand
僕は理解できるよ

I would understand
解ってあげられただろう

I would understand

Understand


Can you put the past away?
過去を捨て去れるかい?


(元の歌詞はこちら


ちなみにこの曲は『イエスマン YESは人生のパスワード』で飛び降り自殺しようとしている男にジム・キャリー演じるカールが歌う曲です。ジムのバージョンでフルコーラスが聞きたいなあ…



スポンサーサイト

『ケーブルガイ(原題:The Cable Guy)』

Posted by arnoldkillshot on 19.2011 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
『ケーブルガイ(原題:The Cable Guy)』
1996年 アメリカ
監督:ベン・スティラー
出演:ジム・キャリー、マシュー・ブロデリック、ジャック・ブラック、レスリー・マン 他

あらすじ:
スティーブン(マシュー・ブロデリック)は同棲していた恋人のロビン(レスリー・マン)の家から追い出される形で新しいアパートに引っ越してきた。荷物は次々と運ばれるが、テレビの配線工(ケーブル・ガイ)はなかなかやってこない…ようやく現れたチップ・ダグラス(ジム・キャリー)と名乗るそのケーブルガイは妙に馴れ馴れしく大げさな男で、頼んでもいないのに有料ケーブルをただでつけてやる。その日からチップはスティーブンにつきまとい始め、彼の日常に割り込んでくる。困惑したスティーブンは彼を突き放そうとするものの、次々とかかってくる電話攻撃や豪華なホームシアターのプレゼントに加え、さらにロビンとの仲まで取り持とうとするチップの強引な友情と親切に流されるままに。しかし徐々にエスカレートしていくチップの行動にいい加減嫌気がさしたスティーブンはついに絶好と突きつけるが…

『ドッグヴィル(原題:Dogville)』

Posted by arnoldkillshot on 10.2011 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
ラース・フォン・トリアー作品で一番人に薦めたい映画がこの『ドッグヴィル』です。観ていると胸糞悪くなるほどの怒りを覚える作品だけれど、その怒りを感じることがあらゆる人にとって大切だと思うからです。
この映画で暴かれるのは人間の中に潜む獣じみた醜悪さ。そしてその悪はドッグヴィルだけでなくどんな社会にも潜んでいて、日常的に誰かを傷つけているはず。その醜悪さを見て、誰もが目を背けたくなるほどの怒りと嫌悪感を感じるでしょう。しかしそれは正しい怒りなのだということをこの映画は最後に教えてくれます。だから私はこの映画をできるだけたくさんの人に見てもらいたい、そしてその怒りを忘れないでほしいと思います。

『ドッグヴィル(原題:Dogville)』
2003年 デンマーク
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:ニコール・キッドマン、ポール・ベタニー、ステラン・スカルスガルド、クロエ・セヴィニー、ローレン・バコール、ベン・ギャザラ、パトリシア・クラークソン、ジェームズ・カーン 他

あらすじ:
僅かな住人たちが暮らす、貧しくも平穏な村ドッグヴィルに住む思索家の青年トム(ポール・ベタニー)は、一見つつましく問題なく暮らしている村人たちの本性を暴くきっかけが欲しいと思っていた。そこへギャングに追われて村に逃げ込んできた美しい女性グレース(ニコール・キッドマン)が現れる。トムは彼女こそ村人を試す絶好の実例だと考え、村人たちに彼女をかくまうよう提案する。戸惑う村人たちに受け入れてもらおうとするグレースは村人たちの「やらなくてもいいこと」を手伝うことで徐々に彼らの信頼を得て、結果ドッグヴィルに受け入れられる。しかし平和な日々は続かず、警察の捜索状やギャングの影に彼らは脅かされ、グレースをかくまうリスクは大きくなっていく。そんな中で彼女に対する村人の要求はさらに大きくなっていき、貧しくも善良であるかのように見えたドッグヴィルの人々は次第に牙をむきはじめる…

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。