Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スリーピング ビューティー~禁断の悦び(原題:Sleeping Beauty)』

Posted by arnoldkillshot on 31.2011 映画タイトル:さ行 6 comments 0 trackback
こちらがイギリスで最後に見た映画なのですが、日本でも今週末に始まるということなので、一足先に紹介したいと思います。
予告編が公開されて以来、物語のテーマとエミリー・ブラウニングのコケティッシュな魅力に惹かれていましたが、実際に素晴らしい出来の映画でした。殺伐とした空気と危うい官能が混ざり合った映画全体の絶妙な味わいとその中に潜む鋭いメッセージ、それはちょうど主人公ルーシーが“眠れる美女”の役目を引き受け、文字通り目を覚まされるような衝撃を受けるラストへの流れと重なります。死んだように眠る美女と老人の情事――誰も見ていないその部屋で起こることで、何が一番怖ろしい秘密なのか?痛々しいほどの鋭さと夢のような甘美さのなかでその答えが突きつけられるとき、見ている側もハッとさせられることと思います。
字幕なしで見たため間違い・見落としもあるかと思いますが、ご了承ください。

『スリーピング ビューティー~禁断の悦び(原題:Sleeping Beauty)』
2011年 オーストラリア
監督・脚本:ジュリア・リー
出演:エミリー・ブラウニング、レイチェル・ブレイク、ユアン・レスリー、ピーター・キャロル、クリス・ヘイウッド

あらすじ:
女子大生のルーシー(エミリー・ブラウニング)は学費を稼ぐためにいくつものアルバイトを掛け持ちし、夜にはバーで行きずりの男と寝る毎日を送っていた。そんな肉体的にも精神的にも疲れ切った彼女の支えはアルコール中毒だが繊細な心を持つ青年バードマン(ユアン・レスリー)だけ。
ある日彼女は思い切って広告に載っていた、裕福な老人たちだけの秘密のクラブでのアルバイトに応募する。オーナーの女性クララ(レイチェル・ブレイク)に案内され入念に体を調べられ、サラという名前を与えられたルーシー。最初は下着姿で給仕する仕事だったが、やがてルーシーは新たな仕事を引き受ける――それは眠っている間、その体を老人たちの自由にさせること、ただし挿入はなし。一人目の老人は今までの長い人生に虚無を感じ、ただ彼女の若い肉体の美しさに慰められる。二人目の老人は老いてもなおサディスティックな欲望を抑えきれない。三人目はかつての屈強な肉体も今は老いによって衰えてしまっている老人。眠っている間のことは何も知らないルーシーだったが、身体についた痕や、バードマンの死といった普段の生活の変化のなかで、自分が眠っている間に何が起きているのかを知りたいと思い始める……

スポンサーサイト

『メランコリア(原題:Melancholia)』

Posted by arnoldkillshot on 25.2011 映画タイトル:ま行 2 comments 0 trackback
ラース・フォン・トリアーの作品は回を増すごとに絶望的になっていく気がしますが、最新作『メランコリア』ではついに人類の滅亡がテーマです。しかしその殺伐とした外見とは裏腹に、何の救いもない状況における唯一の救いをトリアー監督は示します。実際に終末論が流布しつつある現在、人々はそれぞれの見かたでこの映画を受け止めるのでしょうが、私はそこにある今までの彼の作品には見られなかった、そして一番あたたかな優しさを見て、そのテーマとは裏腹に救いを感じました。
ネタバレありのうえ、字幕なしで見たので間違い・見落としもあるかと思いますので、ご注意ください。

『メランコリア(原題:Melancholia)』
2011年 デンマーク、スウェーデン、フランス、ドイツ
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、キーファ・サザーランド、アレクサンダー・スカルスガルド、ステラン・スカルスガルド 他

あらすじ:
第1章:ジャスティン
太陽の後ろに隠れている小惑星メランコリアが地球に大接近する3日前――メランコリアが地球に衝突するという科学者もいれば衝突せずぎりぎりですれ違うという科学者もいる。そんななか花嫁ジャスティン(キルスティン・ダンスト)は花婿マイケル(アレクサンダー・スカルスガルド)と人里離れた館で盛大な結婚式を挙げようとしている。大幅に遅刻して姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)に叱られても幸せそうに見えたジャスティンだったが、相変わらずの家族や会社の上司など、楽しそうに賑わう人々の中で疲れ果て、彼女の憂鬱はせっかくの豪勢なパーティも台無しになり、マイケルの愛にも応えられない。小惑星の衝突によってすべてが終わる――その考えが彼女の頭を占めていたのだった。

第2章:クレア
結婚式の翌日、クレアとその夫ジョン(キーファ・サザーランド)と息子レオだけが館に残った。完全に憂鬱のなかに沈んで生きることもままならないジャスティンの世話を焼くクレア。彼女もまた小惑星の衝突の可能性に怯えていたのだったが、夫は衝突せずすれ違うという学者の意見を信じてメランコリアの接近に息子と一緒にはしゃいでみせる。次第に大きく空に映るメランコリア、やがて大接近の日が近づくが…

Editors-Smokers Outside The Hospital Doors

Posted by arnoldkillshot on 21.2011 おすすめミュージックビデオ 0 comments 0 trackback
Editors-Smokers Outside The Hospital Doors

Pull the blindfold down
目隠しを下ろしてごらん

So your eyes can't see
そうすれば見えないから

Now run as fast as you can
さあ速さの限り逃げるんだ

Through this field of trees
一面に広がる森を抜けて


Say goodbye to everyone you have ever known
出会ったみんなにさよならを

You are not gonna see them ever again
もう二度と会うことはないのだから


I can't shake this feeling I've got
僕には許されないこの感情 

My dirty hands
この手は汚れているから

Have I been in the wars?
戦争にでも行ったみたいに

The saddest thing that I'd ever seen
目にしたなかで一番悲しいもの

Were smokers outside the hospital doors
それは病院の玄関でタバコを吸う人々の姿だった


Someone turn me around
誰かの存在が僕を変える

Can I start this again?
もう一度やり直せるだろうか?


How can we wear our smiles With our mouths wide shut
きつく口を結んでいたら 笑うことなんかできやしないよ

'Cause you stopped us from singing
君が歌を禁じてしまったから


I can't shake this feeling I've got
生まれたこの感情 僕には許されない

My dirty hands
汚れきった両手

Have I been in the wars?
戦争にでも行ったみたいだ

The saddest thing that I'd ever seen
僕が目にした一番悲しいもの

Were smokers outside the hospital doors
それは病院の玄関でタバコを吸う人たちの姿


Someone turn me around
誰かの存在が僕を変える

Can I start this again?
もう一度やり直せるだろうか?

Now someone turn us around
いま誰かの存在が僕達を変えていく

Can we start this again?
僕達はもう一度 始められるだろうか


We've all been changed from what we were
本来の姿から変えられてしまった僕達

Our broken hearts left smashed on the floor
粉々になった心は床に散らばったまま

I can't believe you if I can't hear you
君が声を発さないなら 信じられないよ

I can't believe you if I can't hear you
声を聴かせてくれなきゃ 君を信じられないよ


We've all been changed from what we were
本来の姿を歪められた僕達

Our broken hearts smashed on the floor
壊れた心は床に散らばって

We've all been changed from what we were
本当の姿から変えられてしまった僕達

Our broken hearts smashed on the floor
壊れた心は床に散らばったまま


Someone turn me around
誰かの存在が僕を変えていく

Can I start this again?
僕はもう一度やり直せるだろうか

Now someone turn us around
いま誰かの存在が僕達を変えていく

Can we start this again?
僕らはもう一度始められるだろうか

(元の歌詞はこちらから)



  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。