Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/カオスな仲間と謎の結束感

Posted by arnoldkillshot on 15.2014 映画タイトル:か行 2 comments 0 trackback
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(原題:Guardians Of Galaxy)』
監督:ジェームズ・ガン
出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、ヴィン・ディーゼル、ブラッドリー・クーパー、リー・ペイス、カレン・ギラン、ジャイモン・フンスー、グレン・クローズ、マイケル・ルーカー 他

あらすじ:
1988年、母を亡くしたその日に突如として地球から連れ去られたピーター(クリス・プラット)。大人になった彼はトレジャーハンター・スターロード(自称)として、ウォークマン片手に気ままに銀河を駆け巡っていた。しかし今回の捜索対象である謎の球体”オーブ”をめぐり、銀河規模の争いが起きようとしていた……銀河の秩序を守るザンダー星に敵意を燃やすクリー帝国の首領・ロナン(リー・ペイス)は、強大な力を秘めたオーブを狙っていたのだった。ロナンは暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)を送り込みオーブ奪還を狙い、一方ピーターのボスであるヨンドゥ(マイケル・ルーカー)がオーブを持ち逃げしたピーターにかけた賞金目当てに、戦闘狂アライグマのロケット(声:ブラッドリー・クーパー)&動く樹木グルート(声:ヴィン・ディーゼル)が現れる。すったもんだの末全員お縄に着いた4人(?)だったが、さらに刑務所には自分の妻子を殺したロナンを憎む大男ドラックス(デイヴ・バウティスタ)が、彼の手下であるガモーラに殺意を向ける……互いが互いを狙い、一触即発の5人。しかし着実に迫る銀河の危機を救う鍵は、オーブを持つ彼らだけだった。

スポンサーサイト

GODZILLA ゴジラ/天災、人災、不都合な神

Posted by arnoldkillshot on 26.2014 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
『GODZILLA ゴジラ(原題:Godzilla)』
2014年 アメリカ
監督:ギャレス・エドワーズ
脚本:マックス・ボレンスタイン
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・クランストン、エリザベス・オルセン、渡辺謙、デヴィッド・ストラザーン、ジュリエット・ビノシュ 他


あらすじ:
1999年、日本人研究者・芹沢博士(渡辺謙)とヴィヴィアン・グレアム助手(サリー・ホーキンス)はフィリピンで巨大生物の痕跡を発見する。同じ頃日本では、ジョー・ブロディ博士(ブライアン・クランストン)は、勤務先のジャンジラ原子力発電所が原因不明の大震動に襲われ、ジョーは同僚にして最愛の妻であるサンドラ(ジュリエット・ビノシュ)を失ってしまう……。そして2014年、軍人となったジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は任務を終え、妻エル(エリザベス・オルセン)と幼い息子サムのいる家に帰ってくるが、休息もつかの間、日本から父ジョーが逮捕されたと連絡を受け、日本に向かう。妻の無念を引きずり、15年前に観測した電磁波と政府の隠蔽に固執するジョーは、フォードと共に再びかつての家に戻るが、その時封鎖されていた発電所で謎の巨大生物が孵化。その怪物"ムートー"の被害を受け米軍も出動するが、同じく深海で眠っていたもう1体の巨大生物もムートーを追って動き出す。米軍の要請を受けた芹沢博士はその名を呼ぶ、「ゴジラ」と……

クロニクル/壊れそうな僕からの、コントロール不能なテレパシー

Posted by arnoldkillshot on 01.2013 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
『クロニクル(原題:Chronicle)』
2012年 アメリカ
監督:ジョシュ・トランク
脚本:マックス・ランディス
出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、アシュリー・ヒンショウ 他


あらすじ:
孤独な高校生アンドリュー(デイン・デハーン)は、手持ちカメラで自分の生活を記録することに決めた。しかしカメラに映されるのは学校ではいじめられ、家では酒浸りの父親に殴られる、みじめな毎日ばかりだった――しかしある夜、いとこのマット(アレックス・ラッセル)と学校の人気者スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)と共にパーティを抜け出して洞窟探検をした時から、アンドリューの生活は変わる。洞窟の中で未知の物体に触れた3人は、次の日超能力に目覚めていたのだった。最初は触れずにものを動かす力でイタズラをしていた3人だったが、もっと大きなものを動かしたり空を飛べるようになったりと、能力は次第に強くなっていく。そして3人の絆も……しかし3人だけの友情と秘密の能力以外に居場所のないアンドリューは、次第に行き場のない思いと能力を暴走させていく。

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー/思春期という暴力の果てに

Posted by arnoldkillshot on 30.2013 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー(原題:Kick-Ass 2)』
2013年 アメリカ
監督:ジェフ・ワドロウ
出演:アーロン・ジョンソン、クロエ=グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ジム・キャリー、ジョン・レクイザモ、モリス・チェスナット、リンディ・ブース、ギャレット・M・ブラウン 他


あらすじ:
単純な憧れからヒーロー、キック・アスとなったオタク高校生デイヴ・リゼウスキ(アーロン・ジョンソン)は、本格的なヒーローを目指して、凄腕ヒーロー・ヒットガールことミンディ(クロエ=グレース・モレッツ)から訓練を受けていた。しかしミンディの父ビッグ・ダディの死後、彼女の後見人となったマーカス刑事(モリス・チェスナット)はミンディに普通の女の子としての幸せを経験させたいがために、ヒットガールとしての活動を禁止する。ミンディを引き留められなかったデイヴは、自分と同じヒーローにコンタクトを取り始め、やがてスターズ・アンド・ストライプス大佐(ジム・キャリー)率いるヒーローチームに加わり、悪人退治をするように。一方、父デミーコを殺したキック・アスへの復讐に燃える元レッド・ミストことクリス(クリストファー・ミンツ=プラッセ)は、マザー・ファッカーを名乗り、スーパーヴィラン(悪役)を目指しはじめる。マザー・ファッカーが集めた本物の悪人たちは、キック・アスの関係者を次々に襲い始め、やがてデイヴの大切な人たちに魔の手が忍び寄る……

コズモポリス/手に入れすぎた虚無感、潤沢な渇望。癒されたければ失って、死ね。

Posted by arnoldkillshot on 18.2013 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
『コズモポリス(原題:Cosmopolis)』
2012年 フランス・カナダ
監督・脚本:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:ロバート・パティンソン、サラ・ガドン、ケヴィン・デュランド、ジェイ・バルシェル、ジュリエット・ビノシュ、エミリー・ハンプシャー、サマンサ・モートン、マチュー・アマルリック、ポール・ジマッティ 他


あらすじ:
世界経済の頂点にいる男、エリック・パッカー(ロバート・パティンソン)は、床屋に行きたいと思った。しかしその日は大統領の訪問により、ニューヨークの道路は封鎖状態。2マイル先の床屋まで、なかなかたどり着けない。その間にも、世界情勢を見渡し巨額を動かす彼の白いリムジンには、部下のシャイナー(ジェイ・バルシェル)や年上の愛人ディディ(ジュリエット・ビノシュ)などが次々とやってくる。彼らの関心は、人民元の暴落によりエリックが被るであろう莫大な損失。しかしエリックが本当に気にかけているのは、新婚にもかかわらず彼に心を開かない妻・エリーズ(サラ・ガドン)だった。彼女を街で見かけるたびに誘いをかけるエリックだったが、「セックスの匂い」がする彼をエリーズは拒絶する。貧困と富が交錯し混沌とするNYをリムジンは進み続けるが、そこへエリックを狙う暗殺者(ポール・ジアマッティ)の存在がささやかれ……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。