Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イコライザー/ものすごく病んでてありえないほど強い

Posted by arnoldkillshot on 30.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『イコライザー(原題:The Equalizer)』
2014年 アメリカ
監督:アントワーン・フークア
出演:デンゼル・ワシントン、クロエ・グレース・モレッツ、マートン・ソーカス、メリッサ・レオ、ビル・プルマン、デヴィッド・ハーバー 他

あらすじ:
ホームセンターに勤務するロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)は、同僚みんなから愛され頼りににされる穏やかな紳士。しかし彼の夜は孤独だった――人もまばらなダイナーでティーバッグと本を持って眠れない夜をやり過ごす。その夜、同じくダイナーの常連である年端もいかない娼婦テリー(クロエ=グレース・モレッツ)と初めて言葉を交わしたマッコール。魂に傷を持つ者同士、心を通わせる二人だったが、ある時テリーが売春の元締めであるロシアンマフィアによって重症を負う。彼女を救うため、たった一人でマフィアに立ち向かうマッコール……後に残されたのは悪人たちの凄惨な死体だった。ロシアからやってきたボス直属の始末屋テディ(マートン・ソーカス)が事の処理に当たるが、彼らは自分たちが敵に回した人物の恐るべき正体をまだ知らなかった……

スポンサーサイト

アンダー・ザ・スキン 種の捕食/宇宙人系女子でも恋がしたい

Posted by arnoldkillshot on 10.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』
2013年 イギリス、アメリカ、スイス
監督:ジョナサン・グレイザー
原作:ミッシェル・フェイバー"Under The Skin"
音楽:ミカ・レヴィ
出演:スカーレット・ヨハンソン、ポール・ブラニガン 他


あらすじ:
スコットランドで一人、白いバンをあてもなく走らせる黒髪の美女(スカーレット・ヨハンソン)。男なら誰でも魅せられるその豊満な肉体で、彼女は夜をさまよう孤独な男たちを闇に連れ込むが、食われるのは男の方。人間を捕食するエイリアンである彼女は、旅をしながら次々と男たちを餌食にするが、すべてが鮮やかな人間世界と人間のぬくもりに触れるうち、彼女の心に変化が生まれる。そして奇形ゆえに人を避けて生きる孤独な青年との出会いから、彼女の旅は見知らぬ自分探しの旅へと変わっていく。

悪童日記/親の顔が見てみたい

Posted by arnoldkillshot on 05.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『悪童日記(原題:Le Grand Cahier 英題:The Notebook)』
2013年 ハンガリー・ドイツ
監督:ヤーノシュ・サース
原作:アゴタ・クリストフ『悪童日記』(早川書房)
出演:アンドラーシュ・ジェーマント、ラースロー・ジェーマント、ピロシュカ・モルナール、ウルリッヒ・マテス、ジョンジュヴェール・ボルナール、ウルリッヒ・ハインス 他

あらすじ:
双子の「ぼくら」(アンドラーシュ・ジェーマント、ラースロー・ジェーマント)は優しい父(ウルリッヒ・マテス)と母(ジョンジュヴェール・ボルナール)と幸せな日々を送っていたが、迫りくる戦火から逃れるため、田舎にある母方の祖母(ピロシュカ・モルナール)の家に疎開することになる。幸福だったそれまでの生活から一転、「魔女」と恐れられる強欲な祖母の暴虐にさらされ、戦争下の死や悪を日々目の当たりにする「ぼくら」は、父に託された日記に真実を記しながら、痛みや寒さに負けまいと「訓練」を始める。互いに殴り合い、空腹や寒さに耐え、悪事を覚え、心の痛みすら忘れ……過酷な環境の中で「強く」なっていく「ぼくら」だったが、やがて終戦の日が近づいてくる。

イーダ/私とあなたの中の“わたし”

Posted by arnoldkillshot on 05.2014 映画タイトル:あ行 1 comments 0 trackback
『イーダ(原題:Ida、英題:Ida-Formerly Sister Of Mercy)』
2013年 ポーランド
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ
出演:アガタ・チュシェブホフスカ、アガタ・クレシャ、ダヴィド・オグドロニク、アダム・シシュコフスキ、イェジー・トレラ 他

あらすじ:
1962年、ポーランド。戦災孤児として修道院で育ったアンナ(アガタ・チュシェブホフスカ)は、修道女となるための誓願の儀式を間近に控えていた。そんなある日彼女は、彼女の唯一の身寄りであるおばの存在を聞かされ、誓いを立てる前に会いに行くよう院長に薦められる。静謐な修道院を初めて離れ、外の世界の喧噪に旅立ったアンナ。検察官であるおばのヴァンダ(アガタ・クレシャ)は、アンナの本当の名はイーダ・レベンシュタインであり、ユダヤ人である彼女の両親は戦争中に殺されたと語る。両親の墓を見たいというアンナだったが、彼らの死体すら未だ行方不明だった――こうしてイーダの両親の遺体を捜して旅に出た。神の教え以外何も知らないアンナ=イーダと、男と酒に溺れるヴァンダの正反対の二人。両親をかくまっていた男の家族がひた隠しにする過去の出来事や、旅の途中で出会ったサックス吹きの青年リス(ダヴィド・オグドロニク)、そしてヴァンダの自堕落な生活に隠された悲しい秘密に、アンナの心の中は静かに揺れ動く。

オールド・ボーイと呼ぶこと自体おこがましいこの映画は絶対に見ないでください

Posted by arnoldkillshot on 02.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『オールド・ボーイ(原題:Old Boy)』
監督:スパイク・リー
出演:ジョシュ・ブローリン、シャールト・コプリー、エリザベス・オルセン、サミュエル・L・ジャクソン 他

(予告:こんなゴミの宣伝なんかしない)

あらすじ:書くのも嫌なのでAllcinemaより引用
1993年10月。泥酔したジョー・デュセットが目を覚ますと、見知らぬ部屋に監禁されていた。何者かが監視しているその部屋では、食事が与えられ、テレビでニュースを見ることも出来た。そのニュースで彼は、妻が殺害され、自分が容疑者にされていること、幼い娘ミナが養子に出されていることを知る。やがて20年の歳月が流れ、彼は何の前触れもなく解放された。自分は、なぜ20年も監禁され、突然解放されたのか。理不尽な仕打ちに対する激しい怒りが、ジョーを凄絶な復讐へと駆り立てていくが…。

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。