Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY心霊捜査官/心霊界で最強のふたり

Posted by arnoldkillshot on 23.2014 ホラー 0 comments 0 trackback
『NY心霊捜査官(原題:Deliver Us From Evil)』
2014年 アメリカ
監督:スコット・デリクソン
原作:ラルフ・サーキ『エクソシスト・コップ NY心霊事件ファイル』
出演:エリック・バナ、エドガー・ラミレス、ショーン・ハリス、ジョエル・マクヘイル、オリヴィア・マン、他


あらすじ:
ニューヨーク市警の刑事ラルフ・サーキ(エリック・バナ)には鋭い直感――相棒バトラー(ジョエル・マクヘイル)曰く‟レーダー”を持つ優秀な刑事。しかし人間の悪を感じすぎるがゆえに彼の心は苛まれ、最近は家庭もないがしろにしがちだった。その日もサーキと相棒はDVと児童虐待の通報を受ける。突然人が変わったように妻を殴った男と、何かに操られるように動物園のライオンの檻に子供を投げ捨てた女――そこに現れたフード姿の不審な人物。捜査を進めるサーキだったが、彼の周りで不可解な現象が起き始める。ある民家の地下室から響く不気味な物音、謎の死体、無音のはずの録画テープに刷り込まれた、彼にしか聞こえない音……彼の前に現れたジョー・メンドーサ神父(エドガー・ラミレス)は、一連の事件の背後に人知を超えた悪が存在すると告げる。とうの昔に神を捨てたサーキだったが、事件を探るうちに彼自身も邪悪な存在に狙われ始め、ついに神父と共に悪魔に立ち向かう決意をする。

スポンサーサイト

呪怨-終わりの始まり-/無限ループ2週目突入

Posted by arnoldkillshot on 08.2014 ホラー 0 comments 0 trackback
『呪怨-終わりの始まり-』
2014年 日本
監督:落合正幸
脚本:一瀬隆重、落合正幸
出演:佐々木希、トリンドル玲奈、青柳翔、最所美咲、緋田康人、小林颯 他

あらすじ:
初めて学級担任を受け持つことになった小学校教師の結衣(佐々木希)は、学校を連日休んでいる佐伯俊雄(小林颯)という少年の家庭訪問をする。一方、女子高生の七海(トリンドル玲奈)は、友人たちと4人で「いわくつき」の家にやってくる……一度足を踏み入れたら最後、決して死から逃れられない場所だと知らずに。そして彼女たちの周囲で次々と死が渦巻いていき、やがて死の連鎖の発端――佐伯家での過去の惨劇が姿を見せる。

バスケット・ケース/I think I'm cracking up.

Posted by arnoldkillshot on 06.2014 ホラー 2 comments 0 trackback
『バスケット・ケース(原題:Basket Case)』
1982年 アメリカ
監督・脚本:フランク・ヘネンロッター
出演:ケヴィン・ヴァン・ヘンテンリック 他

あらすじ:
大きなバスケットケースを抱えて、ニューヨークにやってきた素朴な青年ドウェイン(ケヴィン・ヴァン・ヘンテンリック)。"What's in the basket?"出会った人誰もが彼に尋ねる。しかし中身は、ドウェインのシャム双生児の兄・ベリアルだった。彼らは自分たちを分離した医者たちに復讐するため、NYにやってきたのだった。彼らは夜ごと医者たちを血祭りにあげるが、その一方でドウェインは病院で出会ったシャロンと恋に落ちる。しかしテレパシーで通じ合っているベリアルは、自分にはかなわない普通の生活を楽しんでいる弟を許そうとはしない。かつてはひとつだった兄弟の絆は相容れないものに変わり、やがて悲劇が訪れる……

※2014年7月6日微妙に改訂。

肉/幸せの味をおしえて

Posted by arnoldkillshot on 12.2014 ホラー 0 comments 0 trackback
『肉(原題:We Are What We Are)』
2013年 アメリカ
監督・脚本:ジム・ミックル
出演:アンバー・チルダース、ジュリア・ガーナー、ビル・セイジ、ジャック・ゴア、マイケル・パークス、ケリー・マクギリス、ニック・ダミチ(兼脚本) 他

※レビュー全編にタイトルで仄めかされている程度のネタバレあり。物語の重大なネタバレには注意書きがあります。



あらすじ:
鬱蒼とした片田舎に開拓当初から暮らし続けるパーカー家は、厳格な父フランク(ビル・セイジ)のもと信仰に則った慎ましい暮らしを送っていた。しかし大雨の日に母が亡くなり、一家は悲しみに包まれる。しかし彼らは生きていかなくてはならなかった――パーカー家の美しく可憐な姉妹は亡き母の代わりを務めて家を手伝い、幼い弟ロリー(ジャック・ゴア)の面倒を見、一家に伝わる“仔羊の日”の儀式を執り行わなければならなかった。“儀式”を任されたの長女アイリス(アンバー・チルダース)を次女ローズ(ジュリア・ガーナー)は案じる。元同級生のアンダース保安官への思いを秘めながら役目を果たそうとするアイリス、そんな姉に置き去りにされるのではと不安を抱えるローズは、ついに儀式の日を迎えるが、その頃町医者のドク・バロー(マイケル・パークス)は大雨で流された人骨を発見し、自分の娘をはじめとする町の失踪事件との関連を確信する。

チェインド/逃げたいのに、囚われる

Posted by arnoldkillshot on 14.2014 ホラー 0 comments 0 trackback
『チェインド(原題:Chaind)』
2012年 カナダ
監督:ジェニファー・リンチ
出演:ヴィンセント・ドノフリオ、エイモン・ファーレン、ジェイク・ウェバー 他

あらすじ:
9歳の少年ティムは父(ジェイク・ウェバー)と別れた後、母親と共にタクシー運転手の殺人鬼ボブ(ヴィンセント・ドノフリオ)に拉致される。母親は殺されるが、ボブはなぜかティムを生かし続け、鎖につないで身の回りの世話をさせる。ボブに“ラビット(兎)”と名付けられたティムは、夜ごと殺される女たちの悲鳴や死体処理、そしてボブの支配に苦しみながら、彼の家から抜け出せずにいた。そんな彼の姿に、過去のトラウマに苦しむ自分自身を見出したボブはやがて、成長したラビット(エイモン・ファーレン)に父親のように接し始め、人体の仕組みや殺しについて教え始める。そしてついにラビットの前に一人の少女が差し出されるが……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。