Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!/このダメで飲んだくれの人類に乾杯

Posted by arnoldkillshot on 28.2013 映画タイトル:わ行 3 comments 1 trackback
『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(原題:The World's End)』

2013年 イギリス
監督:エドガー・ライト
脚本:エドガー・ライト、サイモン・ペグ
出演:サイモン・ペグ、ニック・フロスト、パディ・コンシダイン、マーティン・フリーマン、エディ・マーサン、ロザムンド・パイク 他


あらすじ:
90年代初頭に、輝かしい青春を送った5人の仲間たち。20年後、仲間のリーダー格だったゲイリー(サイモン・ペグ)は、いまだに青春時代を引きずったまま、単なるアル中になり下がっていた。ある時彼は、学生最後の日に仲間たちと地元ニュートンヘイヴンのパブ12軒を制覇しようとして、最後のパブ“ワールズ・エンド”にたどり着けなかったことを思い出し、再びチャレンジしようと仲間たちに声をかける。いい家庭人となったピーター(エディ・マーサン)、仕事人間のオリバー(マーティン・フリーマン)、今でもハンサムなスティーヴン(パディ・コンシダイン)、そしてある出来事から酒を封印し、今では出世したアンディ(ニック・フロスト)――今ではいい大人になった4人はゲイリーの出まかせに乗せられ、パブめぐりに付き合わされることになるが、学生時代のノリのままはしゃぎまくるゲイリーに辟易するばかり。
そんな時、5人は街の少年に突然襲われる――しかし相手は人間ではなかった。ニュートン・ヘイヴンの町全体が、人間のふりをした何かに乗っ取られているのだった。敵はあまりにも多く、監視されて町を出ることもできない。唯一生き残る方法は、異変に気付かないふりをして、このままパブめぐりを続けることだけ……!オリバーの妹サム(ロザムンド・パイク)も加わり、侵略された町で、命を懸けた怒涛のパブめぐりの道が始まる。はたして彼らは、こんないい加減な方法で生き残れるのか?侵略者の正体は?そして彼らは、今度こそ伝説のパブにたどり着けるのだろうか……

※後半にネタバレを含みます!未見の方は注意!

スポンサーサイト

『ワイルド・アット・ハート』(原題:Wild At Heart)

Posted by arnoldkillshot on 24.2011 映画タイトル:わ行 0 comments 0 trackback
愛の逃避行、オズの魔法使い、セックス・暴力・ロックンロール。アメリカ人の大好きなもの。その題材からどうしてこんなに悪夢のような映画ができてしまうのだろう?
ひとたびリンチワールドが侵食すると、若者の青春もオズの魔法の国もリンチの妖艶で不気味な悪夢の世界になってしまいます。ヒーローとヒロインのニコラス・ケイジやローラ・ダーンも、ダイアン・ラッドもウィレム・デフォーも、そしてリンチの常連グレイス・ザブリスキも悪夢のように濃い。笑っていいのか不気味さに震えるべきなのかわからない。そんなリンチの濃厚な混沌たる世界に悪酔いしてしまう、そんな映画がこの『ワイルド・アット・ハート』です。

『ワイルド・アット・ハート』(原題:Wild At Heart)
1990年 アメリカ
監督・脚本:デヴィッド・リンチ
音楽:アンジェロ・バタラメンティ
出演:ニコラス・ケイジ、ローラ・ダーン、ダイアン・ラッド、ハリー・ディーン・スタントン、J.E.フリーマン、ウィレム・デフォー 他

あらすじ;
セイラー(ニコラス・ケイジ)はパーティ会場で恋人ルーラ(ローラ・ダーン)とその母マリエッタ(ダイアン・ラッド)の眼の前で絡んできた男を素手で殺して刑務所に入る。
2年後、ルーラは母親の反対を振り切って仮出所したセイラーに会い、二人はそのまま逃避行へ。母マリエッタは何としても二人を引き離そうと、二人の愛人、探偵のジョニー(ハリー・ディーン・スタントン)とマフィアのサントス(J.E.フリーマン)に二人を追わせ、セイラーを殺すよう頼む。セイラーとルーラはセックスを楽しみながら思いのまま逃避行を続けるが、セイラーにはルーラの家族との暗い因縁があり、それが二人の間に影を落とす…やがてテキサスについた二人はボビー(ウィレム・デフォー)という男と知り合いになる。そのころルーラは妊娠し、それを知ったセイラーは大金を稼ぐためボビーの強盗計画に乗る決意をする…

『わたしを離さないで』(原題:Never Let Me Go)

Posted by arnoldkillshot on 14.2011 映画タイトル:わ行 0 comments 0 trackback
先に映画化の話を聞いてから読んだカズオ・イシグロの原作にとても感動し、公開を楽しみにし続け今日やっと観ることができました。『わたしを離さないで』です。
尺が短かったため原作のダイジェスト的な感じが否めませんでしたが、主役の3人は原作の人物にピッタリで、彼らの姿をスクリーンで観ることができたのは良かったです。
感想は続きからどうぞ。

『わたしを離さないで』(原題:Never Let Me Go)
2010年 イギリス、アメリカ
監督:マーク・ロマネク
原作:カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
出演:キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ

あらすじ:
介護人キャシー(キャリー・マリガン)はヘイルシャムという特別な施設で幼馴染のトミー(アンドリュー・ガーフィールド)、ルース(キーラ・ナイトレイ)と育った過去を思い出す。ヘイルシャムの生徒たちは皆“提供者”となるべき特別な存在として創造性豊かでのびのびとした、しかしいくつもの秘密をはらんだ環境で育てられた。その中でキャシーは癇癪持ちで純粋なトミーや勝気なルースといくつもの大切な思い出を育ててきたが、次第に彼らの関係はもつれていく。
彼らはやがてヘイルシャムを去りコテージで共同生活を送るが、そのころトミーとルースは恋人になりキャシーは複雑な思いで彼らを見守っていた。提供者としての使命が近付くなか3人の思いはもつれあい、コテージを出てからは彼らは離ればなれになる。
数年後、介護人としてキャシーがルースとトミーに再会したとき、2人はすでに提供者となっていた。ルースはキャシーとトミーの二人にヘイルシャムにまつわる最後の希望を託し、長い道のりを経てようやく結ばれた二人はその希望を胸に行動に出るが、そこにはあまりにも残酷な真実が…

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。