Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

her/世界でひとつの彼女/リアルを超えて愛(AI)に来て

Posted by arnoldkillshot on 30.2014 映画タイトル:は行 2 comments 0 trackback
『her/世界でひとつの彼女(原題:her)』
2013年 アメリカ
監督・脚本:スパイク・ジョーンズ
音楽:Arcade Fire、オーウェン・パレット
出演:ホアキン・フェニックス、スカーレット・ヨハンソン(声の出演)、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド 他


※途中からネタバレをしています。ネタバレ警報ありますが、未見の方はご注意!※

あらすじ:
近未来のロサンゼルス。手紙の代筆ライターをしているセオドア(ホアキン・フェニックス)は、1年前に離婚した妻キャサリン(ルーニー・マーラ)のことが未だに忘れられず、幸福な思い出と孤独にさいなまれていた。そんなある日、人間と同じように意識を持つと謡われる新発売の人工知能型OSに興味を持ったセオドアは、さっそく購入することに。そして画面から聞こえたのは「サマンサ」(声・スカーレット・ヨハンソン)と名乗る明るい女性の声。陽気で優しくユーモラスなサマンサは、孤独だったセオドアの生活を明るく照らしていく――そして二人は生身の人間と肉体を持たないOSという壁を越えて恋人同士となり、セオドアもキャサリンとの離婚を認める決意をする。そんな中、同僚のエイミー(エイミー・アダムス)に恋人がOSであることを打ち明け、すんなりと受け入れられたセオドアは、キャサリンにもそのことを告げるが、「あなたはリアルな感情に向き合えない」と拒絶されてしまう……リアルな感情とは?サマンサとの関係はただのバーチャル?本物の愛を求めるセオドアとサマンサは、すれ違いや歩み寄りを経てある結論にたどり着く……

スポンサーサイト

プリズナーズ/法を越え、神に背き、命を潰す。その怪物の名は愛

Posted by arnoldkillshot on 08.2014 映画タイトル:は行 0 comments 0 trackback
『プリズナーズ(原題:Prisoners)』
2013年 アメリカ
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ポール・ダノ、メリッサ・レオ、マリア・ベロ、テレンス・ハワード、ヴィオラ・デイヴィス 他


あらすじ:
ペンシルヴェニア州の田舎町。感謝祭を祝っていたケラー・ドノヴァン(ヒュー・ジャックマン)一家と友人フランクリン(テレンス・ハワード)の一家から、忽然と幼い娘たちが消えた。若手の敏腕刑事ロキ(ジェイク・ギレンホール)をはじめとする警察と共に一家は必至の捜索を行い、やがて家の近くに不審なRVを駐車していた男アレックス(ポール・ダノ)が容疑者として拘束される。しかし知能に遅れがあるアレックスからは何の情報も得られず、彼は釈放され伯母のホリー(メリッサ・レオ)と共に家に帰ることに――妻(マリア・ベロ)は精神不安定になり、警察の捜査も遅々として進まない状況に焦燥するケラーはアレックスの釈放の場に詰め寄るが、そこで彼から意味深な発言を聞く。アレックスが娘の誘拐に関与していると確信したケラーは、彼を拉致監禁して娘の居場所を聞き出そうとする。一方ロキは、今回の誘拐事件が過去の幼児失踪事件とつながりがあることに気が付くが……

ホビット 竜に奪われた王国/小さな勇気は、大きな力で試される

Posted by arnoldkillshot on 09.2014 映画タイトル:は行 0 comments 0 trackback
『ホビット 竜に奪われた王国(原題:The Hobbit:The Desolation of Smaug)』
2013年 アメリカ、ニュージーランド
監督:ピーター・ジャクソン
原作:J・R・R・トールキン
出演:マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・アーミティッジ、エイダン・ターナー、オーランド・ブルーム、エヴァンジェリン・リリー、リー・ペイス、ルーク・エヴァンス、ベネディクト・カンバーバッチ 他

あらすじ:
ホビットのビルボ(マーティン・フリーマン)と、13人のドワーフたちの失われた故郷を目指す旅は、“穢れの王”アゾクをはじめとするオークたちの襲撃により、日に日に危険さを増していた。一行を導いてきた魔法使い・灰色のガンダルフ(イアン・マッケラン)はオークたちの背後にいる“敵”の正体を確かめるべく、一人行動を開始する。闇の森を抜ける一行を大蜘蛛の罠が待ち受けていたが、彼らの危機を救ったのはレゴラス(オーランド・ブルーム)とタウリエル(エヴァンジェリン・リリー)らエルフたち――しかしそれもつかの間、彼らは闇の森のエルフの王スランドゥイル(リー・ペイス)のもとへと連行されてしまう。ビルボの魔法の指輪の力でなんとかピンチを切り抜けた一行だったが、仲間の一人キーリ(エイダン・ターナー)がオークの毒矢に傷つく。そんな彼らをかくまったのは、謎めいた人間の男バルド(ルーク・エヴァンス)だった。失われた王国とドワーフ王の証であるアーケン石、それらすべてを奪った邪悪な竜スマウグ(ベネディクト・カンバーバッチ)との対決を前にして、ドワーフの王子トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)は焦りで心をすり減らしていき、ビルボもまた指輪の魔力にとりつかれ始める。一方、ガンダルフはオークたちのアジトであるドル・グルドゥアで、ついに死人占い師(ベネディクト・カンバーバッチ、二役)の真の正体を知る……

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命/儚い幸福は、あの森の向こうに

Posted by arnoldkillshot on 28.2013 映画タイトル:は行 0 comments 0 trackback
『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(原題:The Place Beyond The Pines)』
2012年 アメリカ
監督:デレク・シアンフランス
音楽:マイク・パットン
出演:ライアン・ゴズリング、エヴァ・メンデス、ブラッドリー・クーパー、ベン・メンデルソーン、デイン・デハーン、レイ・リオッタ 他

あらすじ:
ニューヨーク州スケネクタディに、今年も巡回カーニバルがやってきた。カーニバルの天才バイカー・ルーク(ライアン・ゴズリング)は、1年前関係を持ったロミーナ(エヴァ・メンデス)と再会し、彼女が自分の息子を産んだことを知る。息子のためにスケネクタディに定住し金を稼ごうとするルークだったが、自動車修理工のロビン(ベン・メンデルソーン)に誘われて銀行強盗をするように。奪った金でつかの間の幸福を手に入れたルークだったが、新米警官エイヴリー(ブラッドリー・クーパー)に射殺されてしまう。同じく1歳の息子がいるエイヴリーは罪悪感にさいなまれるが、警察内で英雄視されるように。しかし警察内の汚職を知り、警察官でいることに葛藤するエイヴリーはある決断を下す。そして15年後、ルークとエイヴリーの息子たちは偶然にもスケネクタディの高校で出会うが……

ヒッチコック/狂った母は殺人者を、冴えた妻は天才を創った。

Posted by arnoldkillshot on 12.2013 映画タイトル:は行 0 comments 0 trackback
『ヒッチコック(原題:Hitchcock)』
2012年 アメリカ
監督:サーシャ・ガヴァシ
出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、ジェシカ・ビール、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン 他


あらすじ:
1959年、『北北西に進路をとれ』の成功後、次回作に取り組もうとしていたアルフレッド・ヒッチコック監督(アンソニー・ホプキンス)は、倒錯した連続殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に強く惹かれる。妻アルマ・レヴィル(ヘレン・ミレン)の「最初の30分で主演女優を殺す」という斬新なアイディアを得て、ヒッチコックは早速『サイコ』の映画化に乗り出すが、契約先のパラマウントや映倫の反応は悪く、自腹で撮ることを余儀なくされたヒッチコックにプレッシャーがのしかかる。一方アルマも、毎度のごとく主演女優ジャネット・リー(スカーレット・ヨハンソン)に見惚れて自分の努力を顧みない夫に不満を抱き、脚本家ウィットフィールド・クック(ダニー・ヒューストン)との共同執筆にささやかなロマンスを感じる。行き詰まる『サイコ』制作をめぐり、助け合いながらもすれ違う二人だったが……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。