Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンフォマニアック Vol.1 Vol.2/絶倫をこじらせて

Posted by arnoldkillshot on 09.2014 映画タイトル:な行 0 comments 0 trackback
『ニンフォマニアック(原題:Nymphomaniac)』
2014年 デンマーク、イギリス、ドイツ、フランス、ベルギー
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:シャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルド、ステイシー・マーティン、シャイア・ラブーフ、ユマ・サーマン、クリスチャン・スレイター、コニー・ニールセン、ヒューゴ・スピアー、ソフィ・ケネディ・クラーク、ジェイミー・ベル、ウィレム・デフォー、ミア・ゴス 他


あらすじ:
雨の降るある冬の夜、道で倒れている女を拾った老人セリグマン(ステラン・スカルスガルド)。ジョー(シャルロット・ゲンズブール)と名乗るその女は、差し出された熱い紅茶を飲みながら、色情狂(ニンフォマニアック)たる自身の数奇な人生を語り始める。博識ながら子供のように無邪気なセリグマンは彼女の話に熱心に耳を傾ける……。

(Vol.1)
第1章 釣魚大全:幼い頃から性に強い関心を持っていたジョー。思春期に入った彼女(ステイシー・マーティン)は、憧れの男性ジェローム(シャイア・ラブーフ)に処女を差し出すが、それは屈辱的な結果に終わる。それから2年後、ジョーは友人B(ソフィ・ケネディ・クラーク)と列車内で男を釣るゲームに挑戦し、男の扱い方を学んでいく。

第2章 ジェローム:就職先でジェロームと思わぬ再会を果たすジョー。男たちと体を重ねる一方で、彼に対しては感じたことのない複雑な感情を抱くが……。

第3章 H夫人:ジェロームを失ったジョーは、同時進行で複数の男たちと関係を持っていた。その中の一人・Hは家庭を捨ててジョーの家に転がり込むが、そんな彼を背後から見守るH夫人(ユマ・サーマン)はどこか壊れていた。

第4章 せん妄:ジョーの最愛の父(クリスチャン・スレイター)が病に伏した。肉体も精神も変わり果てた父を見て、哲学的で優しかった父親像がジョーの中で壊れていく。

第5章 リトル・オルガン・スクール:当時ジョーは一日10時間のセックスをスケジュール通りこなしていた。中でもオルガンの和音のように、性生活の根幹になっていた3人の男がいた。包容力のあるF、野生の猫のようなG、そして……

(Vol.2)
第6章 西方教会と東方教会(サイレント・ダック):初恋のジェロームと結ばれ、家庭を持ったジョーだったが、突如性感を失ってしまう。オーガズムを取り戻すためより高度な刺激を求めるジョーは、客に暴力による性感を提供する男・K(ジェイミー・ベル)に救いを求める…

第7章 鏡:ジョーの男漁りは会社でも悪評を生んでいた。上司からセックス依存症の会への参加を命じられたジョーは、「依存症」を断ち切ろうとする……

第8章 銃:完全に世間から孤立したジョーは、裏社会に活路を見出す。借金取り立て屋のL(ウィレム・デフォー)は彼女の手腕を評価しながらも、年を取った彼女に後継者を探せと言う。彼の紹介でP(ミア・ゴス)という孤独な少女に接触するジョーだったが……

スポンサーサイト

ノア 約束の舟/神の種、人の未来、魂の密室

Posted by arnoldkillshot on 17.2014 映画タイトル:な行 0 comments 0 trackback
『ノア 約束の舟(原題:Noah)』
2014年 アメリカ
監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソン、ダグラス・ブース、ローガン・ラーマン、アンソニー・ホプキンス、レイ・ウィンストン 他

あらすじ:
神が世界を創造し、自らに似せて最初の人間アダムとイヴを造ってから10数代――アダムの子カインが弟アベルを殺して以来、世界は人間の犯した罪で満ちていた。アダムの3番目の子セツの子孫であるノアもまた、カインの子孫たちの軍隊により父を殺され、それ以来妻ナーマ(ジェニファー・コネリー)や子供たちと放浪の旅を続けていた。ある日ノアは神からのビジョンを受け取る。血だまりと水に漂う無数の死体――神が洪水を起こして罪に染まった世界を滅ぼすと知ったノアは、祖父であるメトシェラ(アンソニー・ホプキンス)に助言を求める。そして神の意志に従い、人とは違い穢れなき動物たちを洪水から救うための箱舟を造り始めるノア。やがて月日は流れ箱舟は完成に近づき、子供たちも成長する。長男セム(ダグラス・ブース)は養女イラ(エマ・ワトソン)と恋仲になるが、彼女は子を産めないことに悩み、次男ハム(ローガン・ラーマン)は自分の妻を見つけられないことに焦っていた。そんな彼らを慈しむノアだったが、自分の家族を含めた人類を滅ぼそうとする神の意志にひたすら従おうとする。そこへ人々のリーダーであり父の仇でもあるトバル・カイン(レイ・ウィンストン)が洪水を生き延びようと箱舟を狙って現れる……

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅/遠い、けどたどり着けないこともない

Posted by arnoldkillshot on 03.2014 映画タイトル:な行 0 comments 0 trackback
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(原題:Nebraska)』
2013年 アメリカ
監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:ボブ・ネルソン
音楽:マーク・オートン
出演:ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ボブ・オデンカーク、ステイシー・キーチ、ランス・ハワード、アンジェラ・マキューアン 他


あらすじ:
家電品店で働くデイビッド(ウィル・フォーテ)はある日、警察に保護された父ウディ(ブルース・ダーン)を迎えに行く。何でも、100万ドルが当たったといううさんくさい知らせを受け、はるかネブラスカ州リンカーンまで歩いて賞金を受け取りに行くというのだ。母ケイト(ジューン・スキッブ)、兄ロス(ボブ・オデンカーク)が何度止めても勝手に歩いていこうとする父を見かねたデイビッドは、インチキだと納得するまで付き合うことに――かくして約1500㎞離れたネブラスカ州まで旅することになった父子だが、長年疎遠だった二人は旅の間もなかなかかみ合わない。その夜、酔っぱらったウディが頭を縫うほどのケガをしてしまい、途中にあるネブラスカ州ホーソーンの実家に立ち寄り、ケイトやロスと合流することになる。ウディの帰郷と100万ドルが当選したという知らせは叔父一家やウディの元共同経営者エド(ステイシー・キーチ)をはじめ瞬く間に小さな町に広がり、ちょっとした騒ぎを引き起こす。一方デイビッドは今まで知らなかった父の側面を発見することになるが……

脳男/感情を超越した人間は、真の善悪測定器となりうるのか?

Posted by arnoldkillshot on 15.2013 映画タイトル:な行 0 comments 1 trackback
『脳男』
2013年 日本
監督:瀧本智行
原作:首藤瓜於『脳男』
出演:生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉奈、染谷将太、夏八木勲、石橋蓮二 他


あらすじ:
世間を震撼させている連続爆破事件を捜査する茶屋刑事(江口洋介)は、爆弾魔のアジトで一人の男を逮捕する。鈴木一郎(生田斗真)と名乗るその男は、精神科医の鷲谷真梨子(松雪泰子)の精神鑑定を受けるが、真梨子は脳波レベルで完璧に計算された鈴木の受け答えに疑問を抱く。真梨子は独自に鈴木の素性を調査していくが、やがて鈴木は完璧な頭脳と身体能力をもちながら、生まれつき感情を持たず、そのため犯罪を憎む祖父に正義の執行者として育てられたということを知る。そして爆破事件の真犯人・緑川紀子(二階堂ふみ)もまた躊躇なく人を殺せる鈴木に関心を持ち、彼の命を狙う。

『ニーチェの馬(原題:A Trinoi Lo)』

Posted by arnoldkillshot on 19.2012 映画タイトル:な行 5 comments 0 trackback
人ひとりを発狂させてしまうほどの悲しい光景、それはどんなものだったのだろうか。哲学者ニーチェの発狂のきっかけとなった一頭の馬のエピソードをもとに、「その後その馬はどうなったのか?」を描いたのがこの『ニーチェの馬』です。馬を生活の支えに不毛の地で生きる父娘――砂埃と風が吹き荒れる厳しい環境の中、喜びも目的もなく淡々と単調な生活を生きる彼らの姿は、こんなにも苦しいのに生きていく意味があるのか?という疑問を抱かせます。そしてその問いに答えるように、生きることを拒絶する馬……。
「神は死んだ」と宣言し、その救われない世界を超越しようとしたニーチェ、そんな彼の心を壊してしまうほどの絶望が、この映画の父娘に吹き付ける風のように見る者を叩きつけます。


『ニーチェの馬(原題:A Trinoi Lo)』
2011年 ハンガリー、フランス、スイス、ドイツ
監督・脚本:タル・ベーラ
出演:ボーク・エリカ、デルジ・ヤーノシュ


あらすじ:
1889年トリノにて、哲学者ニーチェは主人に激しく鞭打たれる一頭の馬車馬を見つけた。その馬に駆け寄り、泣きながらその首を抱きしめやがて卒倒した彼の精神は壊れ、二度と正気に戻ることはなかった。その後、馬はどうなったのだろうか……
風が吹きすさぶ砂埃が舞う不毛の地を、疲れ果てた馬に引かれる荷車に乗った老人が進む。これは老人とその娘、そして馬の6日間の物語。
1日目、いつものように仕事から帰った父(デルジ・ヤーノシュ)。娘(ボーク・エリカ)は馬を暗い厩に入れ、父の着替えを手伝い、ジャガイモ1つの食事を用意する。二人の間に会話はない。ベッドに入った父が言う、「木食い虫が静かだ」
2日目、いつものように娘は井戸まで水を汲みに、風の吹き荒れる外に出る。仕事に出ようとする父だったが、馬は疲れ切りもう動けない。諦めて家に留まる父と娘のもとに、焼酎を求めに訪問客が訪れる。吹き荒れる風のせいで街はだめになった、人間がこの世界を破壊し、神がそれを促したのだと客は言う。
3日目、馬はエサも食べなくなった。彼らの井戸を流れ者たちがやってきて盗み飲みする。娘はその一人から水のお礼にと本を受け取る。「朝は夜に変わり、夜にはやがて終わりが来る」
4日目、娘は井戸の水が枯れ果てているのを見つける。馬は食べることを拒絶し、残った水にさえ口をつけない。父はこの地から出ようと荷物をまとめ、馬を引っ張って出ていこうとするが、行くべき場所はなく彼らの家に戻るほかなかった。
5日目、残っていた酒もなくなりつつあった。馬は暗い厩の中、絶望したかのような虚ろな目で佇んでいる。家の中に突然暗闇が訪れる。ランプをつけなおそうとする娘だったが、いくら試しても光は戻らない。そして6日目……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。