Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『96時間/リベンジ(原題:Taken 2)』

Posted by arnoldkillshot on 17.2013 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
家族のためなら鬼となる!躊躇なきオヤジの愛が、家族を救うカーナビに!

『96時間/リベンジ(原題:Taken 2)』2012年 アメリカ
監督:オリヴィエ・メガトン
製作:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、ラデ・シェルベッジア、リーランド・オーサー 他

あらすじ:
パリでさらわれた最愛の娘キム(マギー・グレイス)をたった一人で奪い返した元CIA工作員ブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)。その後別れた妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)との関係も修復しつつあったが、そんな折ブライアンは、彼女が現在の夫と不仲であることを知る。レノーアを慰めるため、ブライアンはレノーアとキムを仕事先のイスタンブールに招き家族水入らずの旅行を企てるが、そこにはパリでキムをさらったギャングの父親・ムラド(ラデ・シェルベッジア)がブライアンへの復讐のために待ち受けていた。ムラドに率いられたアルバニア系ギャングたちがブライアンとレノーアに迫る中、ブライアンは一人ホテルに残ったキムに電話する――「これからパパとママはさらわれる」。ブライアンはCIAで身につけたスキルを駆使し、電話越しにキムを指示して脱出を試みる。はたしてブライアンは、絶体絶命のピンチから愛する家族を救えるのか?

スポンサーサイト

『ロックアウト(原題:Lockout)』

Posted by arnoldkillshot on 28.2012 映画タイトル:ら行 0 comments 0 trackback
第2の『96時間』?リュック・ベッソンの妄想力が、演技派ガイ・ピアースを宇宙のタフガイに変える!!

『ロックアウト(原題:Lockout)』
2012年 アメリカ
製作:リュック・ベッソン、マルク・リベルトレイラ・スミス
監督:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェイムズ・マザー(セイント&マザー)
脚本:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェイムズ・マザー、リュック・ベッソン
出演:ガイ・ピアース、マギー・グレイス、ピーター・ストーメア、ジョセフ・ギリガン、ヴィンセント・リーガン、レニー・ジェイムズ


あらすじ:
西暦2079年。組織の情報漏洩事件を追っていたCIAエージェント・スノー(ガイ・ピアース)は、同僚殺しの濡れ衣を着せられ、宇宙の刑務所MS-1に送られることに……そこは囚人をコールドスリープで管理し、自己防衛設備も完璧な宇宙の要塞だった。しかしその頃、MS-1での人体実験の疑いを調査すべくやってきた大統領の娘エミリー(マギー・グレイス)が、囚人のひとりハイデル(ジョセフ・ギリガン)と面談中に人質にとられてしまう。彼は残り500人の囚人をコールドスリープから目覚めさせ、彼の兄アレックス(ヴィンセント・リーガン)を中心に反旗を翻す。国家安全保障局長ラングレル(ピーター・ストーメア)はMS-1の武力制圧を狙うが、CIAで唯一スノーの味方であるハリー(レニー・ジェイムズ)は、エミリー救出のためスノーをMS-1に送り込む計画を提案。スノーは文句を言いながらも、自らの容疑を晴らす鍵を握る仲間がMS-1にいることを知り、任務を承諾する……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。