Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンフォマニアック Vol.1 Vol.2/絶倫をこじらせて

Posted by arnoldkillshot on 09.2014 映画タイトル:な行 0 comments 0 trackback
『ニンフォマニアック(原題:Nymphomaniac)』
2014年 デンマーク、イギリス、ドイツ、フランス、ベルギー
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:シャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルド、ステイシー・マーティン、シャイア・ラブーフ、ユマ・サーマン、クリスチャン・スレイター、コニー・ニールセン、ヒューゴ・スピアー、ソフィ・ケネディ・クラーク、ジェイミー・ベル、ウィレム・デフォー、ミア・ゴス 他


あらすじ:
雨の降るある冬の夜、道で倒れている女を拾った老人セリグマン(ステラン・スカルスガルド)。ジョー(シャルロット・ゲンズブール)と名乗るその女は、差し出された熱い紅茶を飲みながら、色情狂(ニンフォマニアック)たる自身の数奇な人生を語り始める。博識ながら子供のように無邪気なセリグマンは彼女の話に熱心に耳を傾ける……。

(Vol.1)
第1章 釣魚大全:幼い頃から性に強い関心を持っていたジョー。思春期に入った彼女(ステイシー・マーティン)は、憧れの男性ジェローム(シャイア・ラブーフ)に処女を差し出すが、それは屈辱的な結果に終わる。それから2年後、ジョーは友人B(ソフィ・ケネディ・クラーク)と列車内で男を釣るゲームに挑戦し、男の扱い方を学んでいく。

第2章 ジェローム:就職先でジェロームと思わぬ再会を果たすジョー。男たちと体を重ねる一方で、彼に対しては感じたことのない複雑な感情を抱くが……。

第3章 H夫人:ジェロームを失ったジョーは、同時進行で複数の男たちと関係を持っていた。その中の一人・Hは家庭を捨ててジョーの家に転がり込むが、そんな彼を背後から見守るH夫人(ユマ・サーマン)はどこか壊れていた。

第4章 せん妄:ジョーの最愛の父(クリスチャン・スレイター)が病に伏した。肉体も精神も変わり果てた父を見て、哲学的で優しかった父親像がジョーの中で壊れていく。

第5章 リトル・オルガン・スクール:当時ジョーは一日10時間のセックスをスケジュール通りこなしていた。中でもオルガンの和音のように、性生活の根幹になっていた3人の男がいた。包容力のあるF、野生の猫のようなG、そして……

(Vol.2)
第6章 西方教会と東方教会(サイレント・ダック):初恋のジェロームと結ばれ、家庭を持ったジョーだったが、突如性感を失ってしまう。オーガズムを取り戻すためより高度な刺激を求めるジョーは、客に暴力による性感を提供する男・K(ジェイミー・ベル)に救いを求める…

第7章 鏡:ジョーの男漁りは会社でも悪評を生んでいた。上司からセックス依存症の会への参加を命じられたジョーは、「依存症」を断ち切ろうとする……

第8章 銃:完全に世間から孤立したジョーは、裏社会に活路を見出す。借金取り立て屋のL(ウィレム・デフォー)は彼女の手腕を評価しながらも、年を取った彼女に後継者を探せと言う。彼の紹介でP(ミア・ゴス)という孤独な少女に接触するジョーだったが……

スポンサーサイト

『ドッグヴィル(原題:Dogville)』

Posted by arnoldkillshot on 10.2011 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
ラース・フォン・トリアー作品で一番人に薦めたい映画がこの『ドッグヴィル』です。観ていると胸糞悪くなるほどの怒りを覚える作品だけれど、その怒りを感じることがあらゆる人にとって大切だと思うからです。
この映画で暴かれるのは人間の中に潜む獣じみた醜悪さ。そしてその悪はドッグヴィルだけでなくどんな社会にも潜んでいて、日常的に誰かを傷つけているはず。その醜悪さを見て、誰もが目を背けたくなるほどの怒りと嫌悪感を感じるでしょう。しかしそれは正しい怒りなのだということをこの映画は最後に教えてくれます。だから私はこの映画をできるだけたくさんの人に見てもらいたい、そしてその怒りを忘れないでほしいと思います。

『ドッグヴィル(原題:Dogville)』
2003年 デンマーク
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:ニコール・キッドマン、ポール・ベタニー、ステラン・スカルスガルド、クロエ・セヴィニー、ローレン・バコール、ベン・ギャザラ、パトリシア・クラークソン、ジェームズ・カーン 他

あらすじ:
僅かな住人たちが暮らす、貧しくも平穏な村ドッグヴィルに住む思索家の青年トム(ポール・ベタニー)は、一見つつましく問題なく暮らしている村人たちの本性を暴くきっかけが欲しいと思っていた。そこへギャングに追われて村に逃げ込んできた美しい女性グレース(ニコール・キッドマン)が現れる。トムは彼女こそ村人を試す絶好の実例だと考え、村人たちに彼女をかくまうよう提案する。戸惑う村人たちに受け入れてもらおうとするグレースは村人たちの「やらなくてもいいこと」を手伝うことで徐々に彼らの信頼を得て、結果ドッグヴィルに受け入れられる。しかし平和な日々は続かず、警察の捜索状やギャングの影に彼らは脅かされ、グレースをかくまうリスクは大きくなっていく。そんな中で彼女に対する村人の要求はさらに大きくなっていき、貧しくも善良であるかのように見えたドッグヴィルの人々は次第に牙をむきはじめる…

『メランコリア(原題:Melancholia)』

Posted by arnoldkillshot on 25.2011 映画タイトル:ま行 2 comments 0 trackback
ラース・フォン・トリアーの作品は回を増すごとに絶望的になっていく気がしますが、最新作『メランコリア』ではついに人類の滅亡がテーマです。しかしその殺伐とした外見とは裏腹に、何の救いもない状況における唯一の救いをトリアー監督は示します。実際に終末論が流布しつつある現在、人々はそれぞれの見かたでこの映画を受け止めるのでしょうが、私はそこにある今までの彼の作品には見られなかった、そして一番あたたかな優しさを見て、そのテーマとは裏腹に救いを感じました。
ネタバレありのうえ、字幕なしで見たので間違い・見落としもあるかと思いますので、ご注意ください。

『メランコリア(原題:Melancholia)』
2011年 デンマーク、スウェーデン、フランス、ドイツ
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、キーファ・サザーランド、アレクサンダー・スカルスガルド、ステラン・スカルスガルド 他

あらすじ:
第1章:ジャスティン
太陽の後ろに隠れている小惑星メランコリアが地球に大接近する3日前――メランコリアが地球に衝突するという科学者もいれば衝突せずぎりぎりですれ違うという科学者もいる。そんななか花嫁ジャスティン(キルスティン・ダンスト)は花婿マイケル(アレクサンダー・スカルスガルド)と人里離れた館で盛大な結婚式を挙げようとしている。大幅に遅刻して姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)に叱られても幸せそうに見えたジャスティンだったが、相変わらずの家族や会社の上司など、楽しそうに賑わう人々の中で疲れ果て、彼女の憂鬱はせっかくの豪勢なパーティも台無しになり、マイケルの愛にも応えられない。小惑星の衝突によってすべてが終わる――その考えが彼女の頭を占めていたのだった。

第2章:クレア
結婚式の翌日、クレアとその夫ジョン(キーファ・サザーランド)と息子レオだけが館に残った。完全に憂鬱のなかに沈んで生きることもままならないジャスティンの世話を焼くクレア。彼女もまた小惑星の衝突の可能性に怯えていたのだったが、夫は衝突せずすれ違うという学者の意見を信じてメランコリアの接近に息子と一緒にはしゃいでみせる。次第に大きく空に映るメランコリア、やがて大接近の日が近づくが…

『アンチクライスト(原題:Antichrist)』

Posted by arnoldkillshot on 01.2011 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
第1回の記事としてこの映画はアレすぎないかと思いましたが、
まだギリギリ公開しているようなので今のうちに感想を述べておいた方がよいかと思ったので、これでいきます。

『アンチクライスト』(原題:ANTICHRIST)
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー

あらすじ:
セックスの最中に息子を転落事故で亡くし、悲嘆に暮れる夫婦。
特に妻(演:シャルロット・ゲンズブール)の悲しみは癒し難いほど深く、セラピストである夫(演:ウィレム・デフォー)は自ら彼女を治療しようとするものの、彼女の精神状態は悪化していくばかり。
そこで夫は妻に「恐怖と向き合う」ことで苦しみに打ち勝つため、彼女が恐怖を抱く“エデン”と呼ばれる森へ向かう。そこは妻が論文執筆のために子供と移り住んだことのある場所でもあった。
エデンで夫は治療に取り組むが妻の不安定な状態は続く。妻は自然の孕む死のイメージを感じ、夫は森の中で動物の異様な幻覚を見る―死んだ子を引きずる鹿、「カオスが支配する」と告げるキツネ。
やがて夫は、妻と子の以前の滞在中でのおぞましい事実を知り妻を問いただすが、そのとき彼女は豹変する…。


  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。