Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ムカデ人間2(原題:The Human Centipede Ⅱ(Full Sequence)』

Posted by arnoldkillshot on 15.2012 ホラー 0 comments 0 trackback
壊して、つなげて、支配したい――その歪み故、誰とも〝つながれ〟なかった男の、〝100%医学的に非正常〟な欲望が暴走する!

『ムカデ人間2(原題:The Human Centipede Ⅱ(Full Sequence)』
2011年 オランダ・イギリス
監督・脚本:トム・シックス
出演:ローレンス・R・ハーヴェイ、アシュリン・イェニー 他


あらすじ:
地下駐車場の警備員として働くマーティン(ローレンス・R・ハーヴェイ)は映画『ムカデ人間』に心酔していた――孤独な勤務中に繰り返しDVDを再生し、ムカデ人間の作り方の図や関連記事などを事細かにファイリングして大切に持ち歩くほどに。背が低く太った容姿から人々に嫌悪され、幼いころ父から受けた性的虐待のために精神的異常をきたしてろくに口もきけず、母親からは虐待のせいで父が逮捕されたことを逆恨みされ、精神科医からは異常な性的関心を向けられ……そんなマーティンの唯一の心の支えこそ、「自分もムカデ人間を作ってみたい」という夢だった。
気に食わない人間たちをバールで気絶させ、裸のままテープで縛り付けて倉庫の中に閉じ込め、マーティンは少しずつムカデ人間の材料を集めていく……しかし母にムカデ人間への執着がばれ、ファイルから何もかも捨てられそうになり、マーティンの中で何かが吹っ切れた。『ムカデ人間』のハイター博士よろしく白衣をまとった彼は母親を殺し、横暴な隣人をとらえ、さらに精神科医も殺す。そしてついにマーティンが夢想するムカデ人間の“先頭”となるべき、『ムカデ人間』の女優アシュリン・イェニー(アシュリン・イェニー本人)がタランティーノの新作のオーディションと騙されてやってくる。12人の犠牲者がそろったとき、マーティンはついに念願のムカデ人間を作り始める。しかしそれは映画のような医学的な手段ではなく、ただの工具を用いた力技の手術だった……

スポンサーサイト

『ムカデ人間(原題:Human Centipede)』

Posted by arnoldkillshot on 30.2012 ホラー 0 comments 0 trackback
見たくて見たくてしょうがなかったのに、公開時に日本にいなかったためどうしても見れませんでした。が遅まきながらようやく見ることができました、『ムカデ人間』!もう何を今更という気がしないでもないですがやはり期待通り感動したので、紹介します。
この<ムカデ人間>というモチーフが気になって仕方がなかったのは、見た途端これこそ考え得る最悪の苦しみだと感じたからです。カフカの『変身』、サルトルの『出口なし』、パソリーニの『ソドムの市』がまさに1つにつなげられたような、最悪の生き地獄。『SAW』シリーズのように肉体的苦痛や死を描いたホラーが多い中、この『ムカデ人間』は生きる上での最悪の苦しみを描きます。そしてその唯一の出口は死――ムカデ人間になるか死を選ぶか。一切の自由を奪われたうえで残された選択がそれだけだとしたら、あなたはどうしますか?


『ムカデ人間(原題:Human Centipede)』
2009年 オランダ・イギリス
監督・脚本:トム・シックス
出演:ディーター・ラーザー、アシュリー・C・ウィリアムズ、アシュリン・イェニー、北村昭博 他


あらすじ:
アメリカから来たリンジー(アシュリー・C・ウィリアムズ)とジェニー(アシュリン・イェニー)はヨーロッパの二人旅を楽しんでいたが、ドイツの田舎で車がパンクしてしまう。助けを求めて森の中の家を尋ねたが、その家の主人の不可解な態度を怪しみ逃げ出そうとする。しかし主人が水に入れた薬のせいで眠らされてしまい、二人は目を覚ますとベッドに縛り付けられていた。そして目の前で同じく縛られていた男が「君は適合しなかった」と告げられ殺される。やがてまた日本人の青年カツロー(北村昭博)が連れてこられ、家の主人――ヨーゼフ・ハイター博士が彼らを監禁した恐るべき目的を告げる。かつてシャム双生児の分離手術をしてきたハイター博士は、今度は人間の肛門と口をつなぎ合わせて<ムカデ人間>を作ろうというのだった。リンジーは隙を見て逃げ出そうとするがかなわず、一番苦痛を伴う<真ん中>にしてやると博士に告げられる。
ついに手術が行われ、3人は<ムカデ人間>にされてしまう。口を縫い合わされ、膝を壊されて逃げることもできない彼らをハイター博士は調教しようとするが、<先頭>のカツローは歯向かい続け、そのたびに博士は彼らを虐待する。やがて<しっぽ>のジェニーは手術の後遺症で弱り始めるが、そんな時博士を怪しんだ警察が現れ……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。