Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・ハッスル/しがらみに足を取られ、踊れ偽りの極楽鳥ども

Posted by arnoldkillshot on 03.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『アメリカン・ハッスル(原題:American Hustle)』
2013年 アメリカ製作
監督:デヴィッド・O・ラッセル(兼脚本)
出演:クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ジェレミー・レナー 他


あらすじ:
1979年、ニューヨーク。詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と頭の切れる美女シドニー(エイミー・アダムス)は銀行融資の仲介者を装う詐欺師カップル。事業は大成功かに見えたが、ある日FBIに現場を押さえられてしまう。二人を取り押さえたFBIのリッチー(ブラッドリー・クーパー)は、アーヴィンに無罪放免と引き換えに同業者を挙げるよう提案。実は妻子持ちであるアーヴィンは逃げることもできず、彼に協力することになる。
リッチーの目的は、架空のアラブの富豪をエサに、詐欺師たちを一網打尽にすることだった。あまりにも強引な彼の計画と、妻の存在に嫉妬し当てつけるようにリッチーに協力するシドニーの態度に、アーヴィンは板挟みになる。やがて3人は地元のカジノへの融資を求めるカムデン市長カーマイン(ジェレミー・レナー)に接近するが、そこから政治家の収賄やマフィアの関係が芋ヅル式に明るみになっていく。有頂天になるリッチーとは対照的に、アーヴィンは騙されているカーマインに対する後ろめたさ、自分を巡る妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)とシドニーの対立、そして無謀すぎるFBIの捜査の中で四面楚歌状態。しかしピンチの真っただ中で、アーヴィンの脳裏にすべてを解決する計画がひらめく。

スポンサーサイト

世界にひとつのプレイブック/君がぶち破った心の壁穴から、希望の光が差してきた。

Posted by arnoldkillshot on 28.2013 映画タイトル:さ行 0 comments 0 trackback
『世界にひとつのプレイブック(原題:Silver Linings Playbook)』
2012年 アメリカ
監督・脚本:デヴィッド・O・ラッセル
原作:マシュー・クイック『世界にひとつのプレイブック』
出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーバー、クリス・タッカー、ジョン・オーティス、アヌパム・カー 他


あらすじ:
妻の浮気で、ただでさえ不安定だった精神が崩壊したパット(ブラッドリー・クーパー)は、精神病院を退院後フィラデルフィアの実家に戻ってくる。妻ニッキに接近禁止令を出されたにもかかわらず、今も愛し合っていると信じているパットは「より高く」をモットーに自分磨きに精を出す……が、ニッキへの思い込みを爆発させまくるわ、夜中にちょっとしたことでブチ切れるわで、両親のパット・シニア(ロバート・デ・ニーロ)とドロレス(ジャッキー・ウィーバー)を困らせていた。そんなときパットは、友人のロニー(ジョン・オーティス)宅のディナーで若き未亡人・ティファニー(ジェニファー・ローレンス)を紹介される。その夜いきなりパットをベッドに誘い、断られると平手打ちをかましたと思ったら、次の日からジョギングコースでパットを追いかけまわす……夫を亡くして情緒不安定なティファニーに振り回されるパット。しかし精神科医から「ティファニーと友達になればニッキに近づける」と聞いたパットは、ティファニーと友達になる。そしてパットはニッキへの手紙を渡す代わり、自分と一緒にダンスのコンテストに出てほしいとティファニーに頼まれるが……

『ザ・ファイター』(原題:The Fighter)

Posted by arnoldkillshot on 14.2011 映画タイトル:さ行 2 comments 1 trackback
今日観てきました、『ザ・ファイター』。実話だとわかっていながら、ここからどうなってしまうのだろうと手に汗握って観ていました。
感想は続きからどうぞ。


『ザ・ファイター』(原題:The Fighter)
2010年 アメリカ
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:マーク・ウォルバーグ(兼製作)、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ 他

あらすじ:
かつての天才ボクサーで今は麻薬に溺れる兄ディッキー・エクランド(クリスチャン・ベール)と3流ボクサーの弟ミッキー・ウォード(マーク・ウォルバーグ)。マネージャーの母(メリッサ・レオ)とセコンドの兄の組んだ試合でミッキーは負け続けていた。
そんな中ミッキーはバーで働くシャーリーン(エイミー・アダムス)と出会い二人は付き合い始めるが、母や大勢の姉たちは彼女を目の敵にする。一方ディッキーはチンピラじみた犯罪のせいで警察に捕まり、兄を守ろうとしたミッキーも拳を潰される。
ミッキーは保釈されるがディッキーは監獄へ。さらにTVでは麻薬におぼれるディッキーを撮影した番組が。あきらめかけたミッキーだが、シャーリーンや父らの支えによりボクサーとしてやり直す。その条件は厄介者―母と兄を外すこと。新たに始めたミッキーは連勝を重ね、一方目を覚ましたディッキーも監獄の中でトレーニングを重ね、届かなくてもミッキーに声援を送り続ける。
ミッキーは世界タイトルマッチへトレーニングを重ねるころ、ディッキーが出所する。ディッキーは再び弟のセコンドにつくつもりだったが、ミッキーにはもう彼を関わらせないという条件があった。しかしミッキーは兄を必要としていた。そして兄弟は世界タイトルマッチに臨む…

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。