Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ワイルド・アット・ハート』(原題:Wild At Heart)

Posted by arnoldkillshot on 24.2011 映画タイトル:わ行 0 comments 0 trackback
愛の逃避行、オズの魔法使い、セックス・暴力・ロックンロール。アメリカ人の大好きなもの。その題材からどうしてこんなに悪夢のような映画ができてしまうのだろう?
ひとたびリンチワールドが侵食すると、若者の青春もオズの魔法の国もリンチの妖艶で不気味な悪夢の世界になってしまいます。ヒーローとヒロインのニコラス・ケイジやローラ・ダーンも、ダイアン・ラッドもウィレム・デフォーも、そしてリンチの常連グレイス・ザブリスキも悪夢のように濃い。笑っていいのか不気味さに震えるべきなのかわからない。そんなリンチの濃厚な混沌たる世界に悪酔いしてしまう、そんな映画がこの『ワイルド・アット・ハート』です。

『ワイルド・アット・ハート』(原題:Wild At Heart)
1990年 アメリカ
監督・脚本:デヴィッド・リンチ
音楽:アンジェロ・バタラメンティ
出演:ニコラス・ケイジ、ローラ・ダーン、ダイアン・ラッド、ハリー・ディーン・スタントン、J.E.フリーマン、ウィレム・デフォー 他

あらすじ;
セイラー(ニコラス・ケイジ)はパーティ会場で恋人ルーラ(ローラ・ダーン)とその母マリエッタ(ダイアン・ラッド)の眼の前で絡んできた男を素手で殺して刑務所に入る。
2年後、ルーラは母親の反対を振り切って仮出所したセイラーに会い、二人はそのまま逃避行へ。母マリエッタは何としても二人を引き離そうと、二人の愛人、探偵のジョニー(ハリー・ディーン・スタントン)とマフィアのサントス(J.E.フリーマン)に二人を追わせ、セイラーを殺すよう頼む。セイラーとルーラはセックスを楽しみながら思いのまま逃避行を続けるが、セイラーにはルーラの家族との暗い因縁があり、それが二人の間に影を落とす…やがてテキサスについた二人はボビー(ウィレム・デフォー)という男と知り合いになる。そのころルーラは妊娠し、それを知ったセイラーは大金を稼ぐためボビーの強盗計画に乗る決意をする…

スポンサーサイト
  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。