Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『テッド(原題:Ted)』

Posted by arnoldkillshot on 23.2013 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
絆の中で、少年は大人になり、ダメ男も成長する――ただし相手はテディベア!

『テッド(原題:Ted)』
2012年 アメリカ
監督:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン、アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド
出演:マーク・ウォルバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン(声の出演)、ジョエル・マクヘイル、ジェシカ・バース、ジョヴァンニ・リビシ、サム・ジョーンズ 他


あらすじ:
1985年、友達のいないジョン少年の唯一の話し相手は、テディベアだけだった。クリスマスの夜、彼は願い事をする――「テディと本当におしゃべりできたらいいのに」。その願いはあっさり叶い、テディは本当に命を吹き込まれる。その後は奇跡のぬいぐるみとして世間にもてはやされるが、それも一時のこと。数十年後、35歳になったジョン(マーク・ウォルバーグ)は、愛くるしい見た目はそのまま中身だけおっさんのエロクマと成り果てたテッド(声:セス・マクファーレン)と、低レベルな生活を続けていた。美人の恋人ロリー(ミラ・クニス)もそんな二人に我慢しながら同棲しているが、テッドのためにジョンとの仲は進展しない。だが傍若無人なテッドについに堪忍袋の緒が切れたロリーは、テッドを追い出すようジョンに頼む。ジョンは愛するロリーのため、テッドと初めて別れて暮らすことになるが、独立しても相変わらずのテッドは、アパートでも勤め先のスーパーでもやり放題。ジョンをしょうもない用事で呼びつけてはつるんでいた。まったく成長しない二人に、ロリーはついに愛想を尽かしてしまう……ジョンとロリーの愛、そしてジョンとテッド〝生涯のサンダーバディ(雷兄弟)〟の絆に危機が迫る中、テッドを狙う不気味なストーカー親子の魔の手が忍び寄る。

スポンサーサイト
  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。