Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プロジェクト・ニム(原題:Project Nim)』

Posted by arnoldkillshot on 19.2011 映画タイトル:は行 0 comments 0 trackback
日本で公開するか分かりませんが、イギリスでは今週から公開で、予告編にとても惹かれたので観てきました、『Project Nim』。
1970年代に行われたチンパンジーを人間として育てる実験プロジェクト・ニム、その被験者であり手話で人間の言葉を理解できたチンパンジー・ニムの残酷で数奇な運命を、関係者のインタビューから探るドキュメンタリーです。


『Project Nim』
2011年 イギリス・アメリカ
監督:ジェームズ・マーシュ

あらすじ:
1973年、コロンビア大学の心理学者ハーバート・テラス教授のもと、チンパンジーを人間として育てる実験が始まる。ニムと名付けられた生まれたばかりのチンパンジーはステファニー・ラファージの家族に預けられ、手話をコミュニケーションの手段として人間と会話することができるようになる。おむつをして服を着、タバコやドラッグまで吸うなど、まったく人間と同じように育てられたニムだったが、ヒッピーのような彼らの暮らしを見かねた研究チームは、自分たちでニムの教育を行うことを決意し、オクラホマの広い庭のある家でニムと暮らす。自由な世界で奔放に遊びながら数々のことばを覚えていくニムだったが、成長するにつれて力が強くなり手に負えなくなっていく…。
研究チームの一員に大けがをさせたニムは彼が生まれたオクラホマのチンパンジーの施設に送り返される。自分以外のチンパンジー、檻の中の暮らし…今までの環境とまったく異なる世界でニムは苦しむが、施設の世話係ボブを遊び相手にその環境にも馴染み、子どもをもうける。
しかし施設の経営が苦しくなり、ニムを含むチンパンジーは生体実験の施設に売り飛ばされてしまう…手に負えない他のチンパンジーとは違い人間とコミュニケーションがとれるニムは、皮肉にも格好の実験材料だった。自由を奪われ実験に使われる痛々しい彼の姿を見かねた弁護士はニムを救おうとし、虐待された動物のための牧場に送られる。しかしそこではチンパンジーはニム一人だけ…社会的動物であるチンパンジーには孤独は耐えがたかった。広い檻の中、絶望的な孤独の中で行き場のない感情を募らせるニム。しかしその10年後、再びボブがニムを訪れ…

スポンサーサイト
  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。