Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pink Floyd-Astronomy Domine

Posted by arnoldkillshot on 07.2012 洋楽歌詞和訳 0 comments 0 trackback
今日7月7日は七夕…ではなく(いやそうだけど)シド・バレットの命日です。そこで七夕=星にちなんで(去年も同じこと言った気がするな……)Pink Floydのファーストアルバム『夜明けの口笛吹き』から"Astronomy Domine"を。共感覚(五感が未分化で、たとえば音に色がついているように見えたりする感覚)の持ち主だったと言われるシド・バレットですが、そんな彼に見えていた世界が目に浮かんできそうな歌詞です。
ビデオは有名な"The look of the week"という番組からのものを。シドの表情が無邪気すぎて怖いほどです。

Pink Floyd-Astronomy Domine


Lime and limpid green
ライム色 透き通る緑

a second scene,
シーンは切り替わって

A fight between the blue
青色のぶつかりあい

you once knew.
見たことがあるだろう?

Floating down the sound resounds
ふわふわ舞い降りて 鳴り響く音

Around the icy waters underground
きんと冷たい水の底で

Jupiter and Saturn
木星が 土星が

Oberon Miranda and Titania
妖精王と嵐の王女と妖精の女王の星も

Neptune Titan
海王星も 巨神星もみんな

Stars can frighten
こわいほど光り輝く


Blinding signs flap flicker flicker flicker
まばゆい兆しがひらめくよ ピカピカピカって、ほら!

Blam pow pow
バァン!パン、パン…

Stairway scare Dan Dare,who's there?
勇敢なダンはおそるおそる階段を上る そこにいるのは だれ?


Lime and limpid green
ライム色と透き通る緑

The sound surrounds the icy waters under
きんと冷たい水を音が包み込む 奥深く

Lime and limpid green
ライム色と透き通る緑

The sound surrounds the icy waters Underground
きんと冷たい水の底を 歌が包み込む

スポンサーサイト

Syd Barrett-Opel

Posted by arnoldkillshot on 03.2011 洋楽歌詞和訳 0 comments 0 trackback
Syd Barrettの'Opel'を紹介します。元の歌詞はこちらから。

Syd Barrett-Opel

On a distant shore, miles from land
陸地から何マイルも離れた岸に

stands the ebony totem in ebony sand
黒檀の砂の中に黒檀の像がありましたとさ

a dream in a mist of gray...
くすんだ霧の中の夢…

on a far distant shore...
遠い遠い岸に…


The pebble that stood alone
ぽつんと置かれた小石と

and driftwood lies half buried
流木が半分埋まって転がってる

warm shallow waters sweep shells
暖かな浅瀬が貝を飲みこんで

so the cockles shine...
二枚の貝がらが輝く…


A bare winding carcass, stark
曲がりくねった裸のサボテンが

shimmers as flies scoop up meat, an empty way...
ハエたちに食べられて震え からっぽになる…

dry tears...
乾いた涙…

crisp flax squeaks tall reeds make a circle of gray in a summer way,
乾いた亜麻が悲鳴を上げ 背の高い葦が夏の日のように

around man stood on ground...
佇む一人の男のまわりに灰色の輪を作る…


I'm trying
ぼくはもがいている

I'm trying to find you!
きみを探し出そうとして!

To find you
きみを見つけるために

I'm living, I'm giving,
ぼくは生きている、ぼくは捧げつづける

To find you, To find you,
きみを見つけるために きみを見つけるために

I'm living, I'm living,
ぼくは生きている、生きているんだ

I'm trying, I'm giving
もがきながら、捧げつづけている



Syd Barrett-Milky Way

Posted by arnoldkillshot on 07.2011 洋楽歌詞和訳 0 comments 0 trackback
今日7月7日はリンゴ・スターの誕生日…ですがシド・バレットの命日でもあります。そこでシド・バレットと7月7日をかけて"Milky Way"を紹介します。元の歌詞はこちら

Syd Barrett-Milky Way

What'd you ever say today when you're in the milky way
もしもミルキーウェイに飛んでいけたら きみはなんて言う?

oh tell me please
ねえ教えてよ

-just to give you a squeeze
―ただきみを抱きしめるよ

if I met you - I told you what to do
もしきみに会えたら―どうすればいいかわかるよね

seems a while
ずいぶん経つな

since I could smile the way you do...
きみみたいに笑えたのは…


how many times, if I try, if I may,
何度も何度も試したら、もしかしたら

when you're in the milky way
きみがミルキーウェイにいるとき

half of your time -beside me only atmosphere
きみの時間の半分を―ぼくの外の空気を

- the singular raised by heats and wet seems a while
―暖かくぬれたようなあの感じ もうずいぶん前だ

since I could smile the way you do...
きみみたいに笑えたとき以来


What can anyone mean to you
みんなはなんて言うかな

standing in the milky way
ミルキーウェイにいるきみを見たら

take life easy
のんびり行こうよ

- I mean so easy
―楽な気持ちで

Why so empty...?
どうしてこんなに空っぽなのかな

I told you - I can tell you
言っただろ―教えてあげるよ

what to do - when I hold you
どうすればいいか―ぼくがきみを抱きしめて

and I tell you "I love you"
「大好きだよ」と伝えたら

I feel that I'm way you do...
ぼくはきみとおんなじになる


Give a grasp of life today
今日一瞬の命をつかまえなきゃ

when you're in the milky way
ミルキーウェイにいるなら

oh, try to please! Knock on wood of the trees
さあやってごらん! 願い事して

glad you, mould you, mould you and hold you
喜ぶきみをつかまえて、ぎゅーっと抱きしめる

means five miles
たったの5マイル

and everyway for you...
どの道もきみにつながってる


シド・バレットの歌詞は英語じゃなくてシド語だから訳すのが正直大変です。


Syd Barrett-Octpus

Posted by arnoldkillshot on 07.2011 洋楽歌詞和訳 0 comments 0 trackback
シド・バレットの『オクトパス』を訳してみました。
歌詞サイトからの歌詞(http://www.lyricsmania.com/octopus_lyrics_syd_barrett.html)で翻訳したのですが、日本版の『帽子が笑う…不気味に』に載ってる歌詞はなんか違いますね、多分歌詞サイトの方があってるような気がするんですけど。
超意訳なので誤訳などありましたらご指摘お願いします。

Syd Barrett-Octpus

Trip to heave and ho, up down, to and fro'
うねる大地へ旅立とう、さあ 上って下って 行っては返し
you have no word
言葉さえ失う!
trip, trip to a dream dragon
行け、行け 夢幻のドラゴンのもとへ
hide your wings in a ghost tower
お化けの塔に翼を隠して
sails cackling at every plate we break
割ったお皿のひび割れを船で進もう
cracked by scattered needles
ばらまかれた針で割れた
the little minute gong
分を刻む小さな鐘が
coughs and clears his throat
ひとつ咳すりゃ喉がすっきり
madam you see before you stand
奥方、お席を立つ前にご覧あれ
hey ho, never be still
ヘイ・ホー いまだかつてない
the old original favorite grand
お馴染みのオリジナル、偉大なる人気者
grasshoppers green Herbarian band
バッタ色のヘーバリアン・バンドが
and the tune they play is "In Us Confide"
披露するナンバーは『秘密を交わして』!
so trip to heave and ho, up down, to and fro'
さあ うねる大地へ行こうよ さあ 上って下って 行っては返し
you have no word
言葉もなくすほどに
Please leave us here
ここへぼくらを置いていって
close our eyes to the octopus ride!
あのタコの乗物から目を伏せるんだ!
Isn't it good to be lost in the wood
森での迷子はすてきでしょう
isn't it bad so quiet there, in the wood
あんまり静かでよろしくないけど 
meant even less to me than I thought
それも思ったほどではなくて
with a honey plough of yellow prickly seeds
黄色いトゲトゲの種の蜂蜜の鋤に
clover honey pots and mystic shining feed...
クローバーの蜜の壺と 不思議なぴかぴかのごちそう…
well, the madcap laughed at the man on the border
傍若無人の気ちがい帽子が境界に佇む男を笑う
hey ho, huff the Talbot
ヘイ・ホー 猟犬を怒らせりゃ
"Cheat" he cried shouting kangaroo
「ずるいぞ!」とカンガルーに泣きわめく
it's true in their tree they cried
やつらの涙の木に誓ってほんとだよ
Please leave us here
ぼくらをここに置いていってよ
close our eyes to the octopus ride!
あのタコの乗物から目を伏せるんだ!

Please leave us here
ぼくらをここへ置いていって
close our eyes to the octopus ride!
あのタコの乗物から目を伏せて!

The madcap laughed at the man on the border
傍若無人の気ちがい帽子が境界に佇む男を笑う
hey ho, huff the Talbot
ヘイ・ホー 猟犬を怒らりゃ
the winds they blew and the leaves did wag
みんなの息吹と葉っぱが揺れる
they'll never put me in their bag
鞄に押しこむなんてマネはしないはず
the seas will reach and always seep
海が広がってしょっちゅう染みわたるから
so high you go, so low you creep
高く上って、低く這いずれ
the wind it blows in tropical heat
風は熱帯の熱気に吹きこんで
the drones they throng on mossy seats
なまけものは苔むした椅子にたむろ
the squeaking door will always squeak
軋むドアはきいきい言いっぱなし
two up, two down we'll never-[lee] limit
2つ上がって2つ下がって ぼくらに限界なんかない
so merrily trip forgo my side
お伴のいないゆかいな旅
Please leave us here
ぼくらをここへ置いていってよ
close our eyes to the octopus ride!
あのタコの乗物に目を伏せて!




  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。