Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリー/あの子の願いに手向けの花を

Posted by arnoldkillshot on 18.2013 ホラー 0 comments 0 trackback
『キャリー(原題:Carrie)』
2013年 アメリカ
監督:キンバリー・ピアース
原作:『キャリー』スティーヴン・キング著
出演:クロエ=グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア、ガブリエラ・ワイルド、アンセル・エルゴート、ポーシャ・ダブルデイ、アレックス・ラッセル、ジュディ・グリア 他

あらすじ:
間近に迫ったプロムに向けて華やぐ高校で、キャリー・ホワイト(クロエ=グレース・モレッツ)だけが浮いていた。狂信的な母マーガレット(ジュリアン・ムーア)に抑圧されて育ち、他者と断絶された孤独な高校生活を送る彼女は、初潮が何なのかさえ知らなかった。女子たちにそのことをいじめられ、母には「女になった」と折檻を受けるキャリーだったが、その時同時に彼女は物を自在に動かす念動力に覚醒。手に入れた力にかすかな希望と自信を見出していく。
一方、キャリーをからかった女子たちは体育教師のデジャルダン(ジュディ・グリア)に罰を与えられる。いじめの中心人物クリス(ポーシャ・ダブルデイ)は自らの非を認めず、プロムへの出席を禁じられるが、いじめを後悔したスー(ガブリエラ・ワイルド)は、恋人トミー(アンセル・エルゴート)にキャリーのプロムの相手になるよう仕向け、自らの行いを償おうとする。手にした超能力、トミーの急な接近にキャリーは戸惑いながらも心躍らせるが、母マーガレットの常軌を逸した束縛と、復讐をたくらむクリスの悪意が彼女を待ち受けていた。

スポンサーサイト

クロニクル/壊れそうな僕からの、コントロール不能なテレパシー

Posted by arnoldkillshot on 01.2013 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
『クロニクル(原題:Chronicle)』
2012年 アメリカ
監督:ジョシュ・トランク
脚本:マックス・ランディス
出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、アシュリー・ヒンショウ 他


あらすじ:
孤独な高校生アンドリュー(デイン・デハーン)は、手持ちカメラで自分の生活を記録することに決めた。しかしカメラに映されるのは学校ではいじめられ、家では酒浸りの父親に殴られる、みじめな毎日ばかりだった――しかしある夜、いとこのマット(アレックス・ラッセル)と学校の人気者スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)と共にパーティを抜け出して洞窟探検をした時から、アンドリューの生活は変わる。洞窟の中で未知の物体に触れた3人は、次の日超能力に目覚めていたのだった。最初は触れずにものを動かす力でイタズラをしていた3人だったが、もっと大きなものを動かしたり空を飛べるようになったりと、能力は次第に強くなっていく。そして3人の絆も……しかし3人だけの友情と秘密の能力以外に居場所のないアンドリューは、次第に行き場のない思いと能力を暴走させていく。

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー/思春期という暴力の果てに

Posted by arnoldkillshot on 30.2013 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー(原題:Kick-Ass 2)』
2013年 アメリカ
監督:ジェフ・ワドロウ
出演:アーロン・ジョンソン、クロエ=グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ジム・キャリー、ジョン・レクイザモ、モリス・チェスナット、リンディ・ブース、ギャレット・M・ブラウン 他


あらすじ:
単純な憧れからヒーロー、キック・アスとなったオタク高校生デイヴ・リゼウスキ(アーロン・ジョンソン)は、本格的なヒーローを目指して、凄腕ヒーロー・ヒットガールことミンディ(クロエ=グレース・モレッツ)から訓練を受けていた。しかしミンディの父ビッグ・ダディの死後、彼女の後見人となったマーカス刑事(モリス・チェスナット)はミンディに普通の女の子としての幸せを経験させたいがために、ヒットガールとしての活動を禁止する。ミンディを引き留められなかったデイヴは、自分と同じヒーローにコンタクトを取り始め、やがてスターズ・アンド・ストライプス大佐(ジム・キャリー)率いるヒーローチームに加わり、悪人退治をするように。一方、父デミーコを殺したキック・アスへの復讐に燃える元レッド・ミストことクリス(クリストファー・ミンツ=プラッセ)は、マザー・ファッカーを名乗り、スーパーヴィラン(悪役)を目指しはじめる。マザー・ファッカーが集めた本物の悪人たちは、キック・アスの関係者を次々に襲い始め、やがてデイヴの大切な人たちに魔の手が忍び寄る……

デッドガール/僕たちは絶対に一人じゃない。

Posted by arnoldkillshot on 23.2013 ホラー 1 comments 0 trackback
『デッドガール(原題:Deadgirl)』
2008年 アメリカ
監督:マルセル・サーミエント、ガディ・ハレル
脚本:トレント・ハーガ
出演:シャイロー・フェルナンデス、ノア・セガン、キャンディス・アッコラ、ジェニー・スペイン、エリック・ポドナー 他


あらすじ:
冴えない、モテない、友達いない――似た者同士でいつもつるんでいるリッキー(シャイロー・フェルナンデス)とJT(ノア・セガン)は、ハイスクールを抜け出して忍び込んだ廃墟の精神病院の地下室で、目を疑うようなものに遭遇した。それは全裸で拘束された女――死んではいないが生きてもいない、死んだ女"Deadgirl"(ジェニー・スペイン)。どんなに傷つけても、何度殺しても死なない女に、リッキーは怯えるが、JTはひどく興味をそそられる。幼いころ両想いだったジョアン(キャンディス・アッコラ)を想いつづけるリッキーと違い、冴えない現状に絶望しているJTにとって、何をしても死なない女は恰好のはけ口だったのだ。JTは地下室で女を犯し続け、しまいには友人のウェイラー(エリック・ポドナー)を仲間に引き入れる。リッキーは二人の異常さに恐れをなし、レイプされる女を助けようとするが……

『ベルフラワー(原題:Bellflower)』

Posted by arnoldkillshot on 05.2012 映画タイトル:は行 0 comments 0 trackback
世紀末世界を夢見る男の心に、世界の終わりが訪れた――ボンクラ男のブロークンハートが、あなたの魂を焼き尽くす!

『ベルフラワー(原題:Bellflower)』
2011年 アメリカ
監督・脚本・主演:エヴァン・グローデル
出演:タイラー・ドーソン、ジェシー・ワイズマン、レベッカ・ブランデス、ヴィンセント・グラショー

あらすじ:
ハリウッド、ベルフラワー通り……『マッド・マックス2』のカリスマ的悪役ヒューマンガスを崇拝する親友同士のウッドロー(エヴァン・グローデル)とエイデン(タイラー・ドーソン)。彼らはロクに働きもせず昼間から酒を浴び、世界滅亡後“マザー・メデューサ団”として大暴れすべく日々火炎放射器とモンスター・カー“メデューサ号”の製造にいそしんでいた。
そんなとき二人は酒場でミリー(ジェシー・ワイズマン)とその親友コートニー(レベッカ・ブランデス)に出会う。ウッドローとミリーはコオロギ早食いコンテストで意気投合し、初デートからテキサスまで旅するまで至る。ウッドローはミリーに「恋人になってほしい」と告白するが、彼女は「きっとあなたを傷つける」と曖昧な返事をする。しかし帰ってきてコートニーの誕生日パーティから帰った朝、二人は初めて愛を交わす。ウッドローとミリー、そしてエイデンとコートニーの恋人同士は幸福な時を過ごしつつ、親友同士は火炎放射器と車を着々と作り上げていった。
しかしある日ウッドローはミリーが同居人のマイク(ヴィンセント・グラショー)とセックスしている場面を目撃してしまう……ショックのあまりバイクで逃げ去るウッドローは車にはねられ大けがを負う。体の傷は癒えても心はズタズタのままのウッドローはエイデンの支えや彼と別れたコートニーとの関係もむなしく、ミリーへのすさまじい未練を暴走させ妄想の世界に迷い込む……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。