Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダー・ザ・スキン 種の捕食/宇宙人系女子でも恋がしたい

Posted by arnoldkillshot on 10.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』
2013年 イギリス、アメリカ、スイス
監督:ジョナサン・グレイザー
原作:ミッシェル・フェイバー"Under The Skin"
音楽:ミカ・レヴィ
出演:スカーレット・ヨハンソン、ポール・ブラニガン 他


あらすじ:
スコットランドで一人、白いバンをあてもなく走らせる黒髪の美女(スカーレット・ヨハンソン)。男なら誰でも魅せられるその豊満な肉体で、彼女は夜をさまよう孤独な男たちを闇に連れ込むが、食われるのは男の方。人間を捕食するエイリアンである彼女は、旅をしながら次々と男たちを餌食にするが、すべてが鮮やかな人間世界と人間のぬくもりに触れるうち、彼女の心に変化が生まれる。そして奇形ゆえに人を避けて生きる孤独な青年との出会いから、彼女の旅は見知らぬ自分探しの旅へと変わっていく。

スポンサーサイト

イーダ/私とあなたの中の“わたし”

Posted by arnoldkillshot on 05.2014 映画タイトル:あ行 1 comments 0 trackback
『イーダ(原題:Ida、英題:Ida-Formerly Sister Of Mercy)』
2013年 ポーランド
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ
出演:アガタ・チュシェブホフスカ、アガタ・クレシャ、ダヴィド・オグドロニク、アダム・シシュコフスキ、イェジー・トレラ 他

あらすじ:
1962年、ポーランド。戦災孤児として修道院で育ったアンナ(アガタ・チュシェブホフスカ)は、修道女となるための誓願の儀式を間近に控えていた。そんなある日彼女は、彼女の唯一の身寄りであるおばの存在を聞かされ、誓いを立てる前に会いに行くよう院長に薦められる。静謐な修道院を初めて離れ、外の世界の喧噪に旅立ったアンナ。検察官であるおばのヴァンダ(アガタ・クレシャ)は、アンナの本当の名はイーダ・レベンシュタインであり、ユダヤ人である彼女の両親は戦争中に殺されたと語る。両親の墓を見たいというアンナだったが、彼らの死体すら未だ行方不明だった――こうしてイーダの両親の遺体を捜して旅に出た。神の教え以外何も知らないアンナ=イーダと、男と酒に溺れるヴァンダの正反対の二人。両親をかくまっていた男の家族がひた隠しにする過去の出来事や、旅の途中で出会ったサックス吹きの青年リス(ダヴィド・オグドロニク)、そしてヴァンダの自堕落な生活に隠された悲しい秘密に、アンナの心の中は静かに揺れ動く。

あなたを抱きしめる日まで/神様は彼女の中にいた

Posted by arnoldkillshot on 22.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『あなたを抱きしめる日まで(原題:Philonema)』
2013年 フランス・イギリス
監督:スティーヴン・フリアーズ
脚本:スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ
原作:マーティン・シックススミス
出演:ジュディ・デンチ、スティーヴ・クーガン、アンナ・マックスウェル・マーティン 他


あらすじ:
50年前に未婚の母となり、修道院に愛する息子アンソニーを奪われたフィロミナ・リー(ジュディ・デンチ)。50年経った今初めてそのことを打ち明けられた娘ジェーン(アンナ・マックスウェル・マーティン)は、パーティで知り合ったエリートジャーナリスト、マーティン・シックススミス(スティーヴ・クーガン)に母の取材を願い出る。政府の広報担当をクビになり失意のどん底にいたマーティンは、ジャーナリストとして再出発するためにフィロミナの息子探しを記事にすることを決める。素朴で信仰の厚いフィロミナと皮肉屋でリアリストのマーティン――どこかかみ合わない二人はアンソニーの行方を捜してフィロミナがかつていた修道院を訪ねるが、火事で一切の手がかりが失われたということを知る。しかし修道院の不可解な態度に釈然としないマーティンはやがて、修道院がアンソニーを養子として売った可能性を突き止める。意を決したフィロミナは、マーティンと共に息子がいるはずのアメリカへと向かうが……

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅/遠い、けどたどり着けないこともない

Posted by arnoldkillshot on 03.2014 映画タイトル:な行 0 comments 0 trackback
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(原題:Nebraska)』
2013年 アメリカ
監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:ボブ・ネルソン
音楽:マーク・オートン
出演:ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ボブ・オデンカーク、ステイシー・キーチ、ランス・ハワード、アンジェラ・マキューアン 他


あらすじ:
家電品店で働くデイビッド(ウィル・フォーテ)はある日、警察に保護された父ウディ(ブルース・ダーン)を迎えに行く。何でも、100万ドルが当たったといううさんくさい知らせを受け、はるかネブラスカ州リンカーンまで歩いて賞金を受け取りに行くというのだ。母ケイト(ジューン・スキッブ)、兄ロス(ボブ・オデンカーク)が何度止めても勝手に歩いていこうとする父を見かねたデイビッドは、インチキだと納得するまで付き合うことに――かくして約1500㎞離れたネブラスカ州まで旅することになった父子だが、長年疎遠だった二人は旅の間もなかなかかみ合わない。その夜、酔っぱらったウディが頭を縫うほどのケガをしてしまい、途中にあるネブラスカ州ホーソーンの実家に立ち寄り、ケイトやロスと合流することになる。ウディの帰郷と100万ドルが当選したという知らせは叔父一家やウディの元共同経営者エド(ステイシー・キーチ)をはじめ瞬く間に小さな町に広がり、ちょっとした騒ぎを引き起こす。一方デイビッドは今まで知らなかった父の側面を発見することになるが……

『ゴッド・ブレス・アメリカ(原題:God Bless America)』

Posted by arnoldkillshot on 02.2012 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
そのバカ、万死に値する!絶望的に未熟な二人の、アメリカ大陸殺人行脚。

『ゴッド・ブレス・アメリカ(原題:God Bless America)』
2011年 アメリカ
監督・脚本:ボブキャット・ゴールドスウェイト
出演:ジョエル・マーレイ、タラ・ライン・バー 他

あらすじ:
昔気質の善良な中年男性フランク(ジョエル・マーレイ)は、TVやゴシップで腐った周囲の人間にうんざりしながら暮らしていた。隣のうるさい家族もTVの受け売りばかりの会社の同僚たちも、みんな銃で撃ち殺せたら……そんな妄想だけが、離婚して家族を失った彼の癒しだった。しかしある日彼は思いを寄せていた同僚の誤解から解雇されてしまい、さらに悩んでいた片頭痛が実は脳腫瘍だったと宣告され絶望する。途方に暮れて拳銃自殺を図るが、そんなときTVに映っていたティーン・セレブのクロエという少女が目に留まる。その度を越したわがままぶりを見たフランクは彼女こそ「死に値する人間」だと考え、翌日高校に乗り込んで彼女を射殺する。それを目撃していた少女ロキシー(タラ・ライン・バー)は気に入らなかったクロエが死んだことで大喜び。フランクのもとに押し掛け、自殺するくらいなら世の中のバカどもを殺そうと提案する……人生に絶望したフランクと悲惨な家庭で育ったというロクシー、世の中に怒りを燃やす二人はこうして世の中のバカどもを殺し回る旅に出る。

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。