Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪童日記/親の顔が見てみたい

Posted by arnoldkillshot on 05.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『悪童日記(原題:Le Grand Cahier 英題:The Notebook)』
2013年 ハンガリー・ドイツ
監督:ヤーノシュ・サース
原作:アゴタ・クリストフ『悪童日記』(早川書房)
出演:アンドラーシュ・ジェーマント、ラースロー・ジェーマント、ピロシュカ・モルナール、ウルリッヒ・マテス、ジョンジュヴェール・ボルナール、ウルリッヒ・ハインス 他

あらすじ:
双子の「ぼくら」(アンドラーシュ・ジェーマント、ラースロー・ジェーマント)は優しい父(ウルリッヒ・マテス)と母(ジョンジュヴェール・ボルナール)と幸せな日々を送っていたが、迫りくる戦火から逃れるため、田舎にある母方の祖母(ピロシュカ・モルナール)の家に疎開することになる。幸福だったそれまでの生活から一転、「魔女」と恐れられる強欲な祖母の暴虐にさらされ、戦争下の死や悪を日々目の当たりにする「ぼくら」は、父に託された日記に真実を記しながら、痛みや寒さに負けまいと「訓練」を始める。互いに殴り合い、空腹や寒さに耐え、悪事を覚え、心の痛みすら忘れ……過酷な環境の中で「強く」なっていく「ぼくら」だったが、やがて終戦の日が近づいてくる。

スポンサーサイト

NY心霊捜査官/心霊界で最強のふたり

Posted by arnoldkillshot on 23.2014 ホラー 0 comments 0 trackback
『NY心霊捜査官(原題:Deliver Us From Evil)』
2014年 アメリカ
監督:スコット・デリクソン
原作:ラルフ・サーキ『エクソシスト・コップ NY心霊事件ファイル』
出演:エリック・バナ、エドガー・ラミレス、ショーン・ハリス、ジョエル・マクヘイル、オリヴィア・マン、他


あらすじ:
ニューヨーク市警の刑事ラルフ・サーキ(エリック・バナ)には鋭い直感――相棒バトラー(ジョエル・マクヘイル)曰く‟レーダー”を持つ優秀な刑事。しかし人間の悪を感じすぎるがゆえに彼の心は苛まれ、最近は家庭もないがしろにしがちだった。その日もサーキと相棒はDVと児童虐待の通報を受ける。突然人が変わったように妻を殴った男と、何かに操られるように動物園のライオンの檻に子供を投げ捨てた女――そこに現れたフード姿の不審な人物。捜査を進めるサーキだったが、彼の周りで不可解な現象が起き始める。ある民家の地下室から響く不気味な物音、謎の死体、無音のはずの録画テープに刷り込まれた、彼にしか聞こえない音……彼の前に現れたジョー・メンドーサ神父(エドガー・ラミレス)は、一連の事件の背後に人知を超えた悪が存在すると告げる。とうの昔に神を捨てたサーキだったが、事件を探るうちに彼自身も邪悪な存在に狙われ始め、ついに神父と共に悪魔に立ち向かう決意をする。

イーダ/私とあなたの中の“わたし”

Posted by arnoldkillshot on 05.2014 映画タイトル:あ行 1 comments 0 trackback
『イーダ(原題:Ida、英題:Ida-Formerly Sister Of Mercy)』
2013年 ポーランド
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ
出演:アガタ・チュシェブホフスカ、アガタ・クレシャ、ダヴィド・オグドロニク、アダム・シシュコフスキ、イェジー・トレラ 他

あらすじ:
1962年、ポーランド。戦災孤児として修道院で育ったアンナ(アガタ・チュシェブホフスカ)は、修道女となるための誓願の儀式を間近に控えていた。そんなある日彼女は、彼女の唯一の身寄りであるおばの存在を聞かされ、誓いを立てる前に会いに行くよう院長に薦められる。静謐な修道院を初めて離れ、外の世界の喧噪に旅立ったアンナ。検察官であるおばのヴァンダ(アガタ・クレシャ)は、アンナの本当の名はイーダ・レベンシュタインであり、ユダヤ人である彼女の両親は戦争中に殺されたと語る。両親の墓を見たいというアンナだったが、彼らの死体すら未だ行方不明だった――こうしてイーダの両親の遺体を捜して旅に出た。神の教え以外何も知らないアンナ=イーダと、男と酒に溺れるヴァンダの正反対の二人。両親をかくまっていた男の家族がひた隠しにする過去の出来事や、旅の途中で出会ったサックス吹きの青年リス(ダヴィド・オグドロニク)、そしてヴァンダの自堕落な生活に隠された悲しい秘密に、アンナの心の中は静かに揺れ動く。

オールド・ボーイと呼ぶこと自体おこがましいこの映画は絶対に見ないでください

Posted by arnoldkillshot on 02.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『オールド・ボーイ(原題:Old Boy)』
監督:スパイク・リー
出演:ジョシュ・ブローリン、シャールト・コプリー、エリザベス・オルセン、サミュエル・L・ジャクソン 他

(予告:こんなゴミの宣伝なんかしない)

あらすじ:書くのも嫌なのでAllcinemaより引用
1993年10月。泥酔したジョー・デュセットが目を覚ますと、見知らぬ部屋に監禁されていた。何者かが監視しているその部屋では、食事が与えられ、テレビでニュースを見ることも出来た。そのニュースで彼は、妻が殺害され、自分が容疑者にされていること、幼い娘ミナが養子に出されていることを知る。やがて20年の歳月が流れ、彼は何の前触れもなく解放された。自分は、なぜ20年も監禁され、突然解放されたのか。理不尽な仕打ちに対する激しい怒りが、ジョーを凄絶な復讐へと駆り立てていくが…。

トランセンデンス/おまえはもう死んでいる

Posted by arnoldkillshot on 30.2014 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
トランセンデンス(原題:Transcendence)
2014年 アメリカ
監督:ウォーリー・フィスター
出演:ジョニー・デップ、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、ケイト・マーラ、キリアン・マーフィー、モーガン・フリーマン 他

あらすじ:
人工知能の権威ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)は、愛する妻エヴリン(レベッカ・ホール)と共に世界最高の人工知能の研究に携わっていた。しかしある日、ウィルが反テクノロジー団体"RIFT"の凶弾に倒れ、残り1ヶ月の命となってしまう……お互いに死を受け入れようとした二人だったが、FBIの捜査により"RIFT"が猿の意識を人工知能にアップデートすることに成功していたということを知ったエヴリンは、二人で開発した究極の人工知能"PINN"にウィルの意識を移植することを思い付く。夫妻の友人マックス(ポール・ベタニー)の力を借り、アップデートに成功したエヴリンは夫との再会を喜ぶが、マックスは復活を果たしたウィルに違和感を抱く……。自らをネットワーク上にコピーし全知全能の存在となったウィルは、エヴリンと共にRIFTの襲撃を逃れ、たどり着いた片田舎で二人の理想の世界を造り上げようとするが……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。