Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンフォマニアック Vol.1 Vol.2/絶倫をこじらせて

Posted by arnoldkillshot on 09.2014 映画タイトル:な行 0 comments 0 trackback
『ニンフォマニアック(原題:Nymphomaniac)』
2014年 デンマーク、イギリス、ドイツ、フランス、ベルギー
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:シャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルド、ステイシー・マーティン、シャイア・ラブーフ、ユマ・サーマン、クリスチャン・スレイター、コニー・ニールセン、ヒューゴ・スピアー、ソフィ・ケネディ・クラーク、ジェイミー・ベル、ウィレム・デフォー、ミア・ゴス 他


あらすじ:
雨の降るある冬の夜、道で倒れている女を拾った老人セリグマン(ステラン・スカルスガルド)。ジョー(シャルロット・ゲンズブール)と名乗るその女は、差し出された熱い紅茶を飲みながら、色情狂(ニンフォマニアック)たる自身の数奇な人生を語り始める。博識ながら子供のように無邪気なセリグマンは彼女の話に熱心に耳を傾ける……。

(Vol.1)
第1章 釣魚大全:幼い頃から性に強い関心を持っていたジョー。思春期に入った彼女(ステイシー・マーティン)は、憧れの男性ジェローム(シャイア・ラブーフ)に処女を差し出すが、それは屈辱的な結果に終わる。それから2年後、ジョーは友人B(ソフィ・ケネディ・クラーク)と列車内で男を釣るゲームに挑戦し、男の扱い方を学んでいく。

第2章 ジェローム:就職先でジェロームと思わぬ再会を果たすジョー。男たちと体を重ねる一方で、彼に対しては感じたことのない複雑な感情を抱くが……。

第3章 H夫人:ジェロームを失ったジョーは、同時進行で複数の男たちと関係を持っていた。その中の一人・Hは家庭を捨ててジョーの家に転がり込むが、そんな彼を背後から見守るH夫人(ユマ・サーマン)はどこか壊れていた。

第4章 せん妄:ジョーの最愛の父(クリスチャン・スレイター)が病に伏した。肉体も精神も変わり果てた父を見て、哲学的で優しかった父親像がジョーの中で壊れていく。

第5章 リトル・オルガン・スクール:当時ジョーは一日10時間のセックスをスケジュール通りこなしていた。中でもオルガンの和音のように、性生活の根幹になっていた3人の男がいた。包容力のあるF、野生の猫のようなG、そして……

(Vol.2)
第6章 西方教会と東方教会(サイレント・ダック):初恋のジェロームと結ばれ、家庭を持ったジョーだったが、突如性感を失ってしまう。オーガズムを取り戻すためより高度な刺激を求めるジョーは、客に暴力による性感を提供する男・K(ジェイミー・ベル)に救いを求める…

第7章 鏡:ジョーの男漁りは会社でも悪評を生んでいた。上司からセックス依存症の会への参加を命じられたジョーは、「依存症」を断ち切ろうとする……

第8章 銃:完全に世間から孤立したジョーは、裏社会に活路を見出す。借金取り立て屋のL(ウィレム・デフォー)は彼女の手腕を評価しながらも、年を取った彼女に後継者を探せと言う。彼の紹介でP(ミア・ゴス)という孤独な少女に接触するジョーだったが……

スポンサーサイト

ドン・ジョン/独りヨガりじゃ達せない、恋の極意。

Posted by arnoldkillshot on 23.2014 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
『ドン・ジョン(原題;Don Jon)』
2013年 アメリカ
監督・脚本:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、スカーレット・ヨハンソン、ジュリアン・ムーア、トニー・ダンザ、グレン・ヘドリー 他


あらすじ:
ジョン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、鍛えた肉体と甘いマスクでモテモテのプレイボーイ。女に不自由はせず、家族や友人を愛し、教会にも毎週通う彼の生活は完璧かに見えたが、どんなに女を経験しても決してたどり着けない完璧さを求め、ポルノにのめりこんでいた。そんな彼はある日クラブで出会った美女バーバラ(スカーレット・ヨハンソン)をモノにすると心に決め、実際に付き合うことになるが、恋愛映画のような完璧な関係を求める彼女は簡単に体を許さない。おあずけを食らいながら、期待を胸にバーバラに従うジョンは、彼女に進められて夜学に通い始める。そこで出会った風変わりな中年女性エスター(ジュリアン・ムーア)は、携帯でもポルノを見ているジョンに興味を持つが、一方そんな彼のポルノ中毒を知らないバーバラはある日ジョンがポルノを見ている現場に遭遇し……

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅/遠い、けどたどり着けないこともない

Posted by arnoldkillshot on 03.2014 映画タイトル:な行 0 comments 0 trackback
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(原題:Nebraska)』
2013年 アメリカ
監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:ボブ・ネルソン
音楽:マーク・オートン
出演:ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ボブ・オデンカーク、ステイシー・キーチ、ランス・ハワード、アンジェラ・マキューアン 他


あらすじ:
家電品店で働くデイビッド(ウィル・フォーテ)はある日、警察に保護された父ウディ(ブルース・ダーン)を迎えに行く。何でも、100万ドルが当たったといううさんくさい知らせを受け、はるかネブラスカ州リンカーンまで歩いて賞金を受け取りに行くというのだ。母ケイト(ジューン・スキッブ)、兄ロス(ボブ・オデンカーク)が何度止めても勝手に歩いていこうとする父を見かねたデイビッドは、インチキだと納得するまで付き合うことに――かくして約1500㎞離れたネブラスカ州まで旅することになった父子だが、長年疎遠だった二人は旅の間もなかなかかみ合わない。その夜、酔っぱらったウディが頭を縫うほどのケガをしてしまい、途中にあるネブラスカ州ホーソーンの実家に立ち寄り、ケイトやロスと合流することになる。ウディの帰郷と100万ドルが当選したという知らせは叔父一家やウディの元共同経営者エド(ステイシー・キーチ)をはじめ瞬く間に小さな町に広がり、ちょっとした騒ぎを引き起こす。一方デイビッドは今まで知らなかった父の側面を発見することになるが……

アメリカン・ハッスル/しがらみに足を取られ、踊れ偽りの極楽鳥ども

Posted by arnoldkillshot on 03.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『アメリカン・ハッスル(原題:American Hustle)』
2013年 アメリカ製作
監督:デヴィッド・O・ラッセル(兼脚本)
出演:クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ジェレミー・レナー 他


あらすじ:
1979年、ニューヨーク。詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と頭の切れる美女シドニー(エイミー・アダムス)は銀行融資の仲介者を装う詐欺師カップル。事業は大成功かに見えたが、ある日FBIに現場を押さえられてしまう。二人を取り押さえたFBIのリッチー(ブラッドリー・クーパー)は、アーヴィンに無罪放免と引き換えに同業者を挙げるよう提案。実は妻子持ちであるアーヴィンは逃げることもできず、彼に協力することになる。
リッチーの目的は、架空のアラブの富豪をエサに、詐欺師たちを一網打尽にすることだった。あまりにも強引な彼の計画と、妻の存在に嫉妬し当てつけるようにリッチーに協力するシドニーの態度に、アーヴィンは板挟みになる。やがて3人は地元のカジノへの融資を求めるカムデン市長カーマイン(ジェレミー・レナー)に接近するが、そこから政治家の収賄やマフィアの関係が芋ヅル式に明るみになっていく。有頂天になるリッチーとは対照的に、アーヴィンは騙されているカーマインに対する後ろめたさ、自分を巡る妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)とシドニーの対立、そして無謀すぎるFBIの捜査の中で四面楚歌状態。しかしピンチの真っただ中で、アーヴィンの脳裏にすべてを解決する計画がひらめく。

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!/このダメで飲んだくれの人類に乾杯

Posted by arnoldkillshot on 28.2013 映画タイトル:わ行 3 comments 1 trackback
『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(原題:The World's End)』

2013年 イギリス
監督:エドガー・ライト
脚本:エドガー・ライト、サイモン・ペグ
出演:サイモン・ペグ、ニック・フロスト、パディ・コンシダイン、マーティン・フリーマン、エディ・マーサン、ロザムンド・パイク 他


あらすじ:
90年代初頭に、輝かしい青春を送った5人の仲間たち。20年後、仲間のリーダー格だったゲイリー(サイモン・ペグ)は、いまだに青春時代を引きずったまま、単なるアル中になり下がっていた。ある時彼は、学生最後の日に仲間たちと地元ニュートンヘイヴンのパブ12軒を制覇しようとして、最後のパブ“ワールズ・エンド”にたどり着けなかったことを思い出し、再びチャレンジしようと仲間たちに声をかける。いい家庭人となったピーター(エディ・マーサン)、仕事人間のオリバー(マーティン・フリーマン)、今でもハンサムなスティーヴン(パディ・コンシダイン)、そしてある出来事から酒を封印し、今では出世したアンディ(ニック・フロスト)――今ではいい大人になった4人はゲイリーの出まかせに乗せられ、パブめぐりに付き合わされることになるが、学生時代のノリのままはしゃぎまくるゲイリーに辟易するばかり。
そんな時、5人は街の少年に突然襲われる――しかし相手は人間ではなかった。ニュートン・ヘイヴンの町全体が、人間のふりをした何かに乗っ取られているのだった。敵はあまりにも多く、監視されて町を出ることもできない。唯一生き残る方法は、異変に気付かないふりをして、このままパブめぐりを続けることだけ……!オリバーの妹サム(ロザムンド・パイク)も加わり、侵略された町で、命を懸けた怒涛のパブめぐりの道が始まる。はたして彼らは、こんないい加減な方法で生き残れるのか?侵略者の正体は?そして彼らは、今度こそ伝説のパブにたどり着けるのだろうか……

※後半にネタバレを含みます!未見の方は注意!

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。