Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『変態村』(原題:Calvaire)

Posted by arnoldkillshot on 03.2011 ホラー 0 comments 0 trackback
今回はベルギーの文字通り変態ホラー『変態村』を紹介したいと思います。身も蓋もない邦題のせいで未見の人にはアホなホラーや倒錯した内容を想起させ、観た人には「それなんて『悪魔のいけにえ』?」と切り捨てられがちな不遇の作品ですが、実はかなり宗教的で、その倒錯と変態性のうちにも単なる悪趣味を超えた精神的なテーマを見いだせる傑作です。それは単なる死や苦痛への恐怖を超えた、自己犠牲への恐怖。痛みを与えられることよりも、自ら痛みへ身を捧げてしまうことにこそ、真の恐怖があるのです。

『変態村』(原題:Calvaire)
2004年・ベルギー、フランス、ルクセンブルク 
監督:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ

あらすじ:
老人ホームの慰労などで生計を立てている歌手のマルク(演:ローラン・リュカ)は、クリスマスのコンサートのために一人車で向かうが、暗い森の中で車が故障し立ち往生してしまう。そこへ自分の犬を探しているという奇妙な男ボリス(演:ジャン=リュック・クシャール)に出会い、ペンションに案内される。
その宿の主であるバルテル(演:ジャッキー・ベロワイエ)はコメディアンとしての過去を持ち、同じ”アーティスト”としてマルクを歓迎する。車が修理されるまでの間、親切にマルクの世話を焼くバルテルだったが、彼はマルクに「決して村へは行くな」と警告する。が、それを聞かずに村へ散歩に出たマルクは、豚小屋で村人たちが豚と獣姦しているところを目撃してしまう。その夜、バルテルはかつて妻に逃げられて以来ユーモアを失ってしまったと語り、マルクは彼に請われた通り歌を歌って彼を慰める。
しかし次の日、マルクはバルテルの不審な点に気がつく。するとバルテルは取り乱し、車を壊そうとする。「なぜ戻ってきた?」バルテルはマルクを逃げた彼の妻と混同しているのだった。バルテルはマルクを襲うと、髪を刈って妻の服を着せて彼を監禁する、彼の”妻”が二度と逃げ出さないように…。やがて村人たちもバルテルの“妻”が戻ってきたことを知り、狂気に駆り立てられるのだった…


スポンサーサイト
  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。