Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『籠の中の乙女(原題:Dogtooth)』

Posted by arnoldkillshot on 01.2012 映画タイトル:か行 0 comments 0 trackback
外から隔絶された美しい家――なのに、なんでこんなにキモチワルイ?その不快感の答えこそが、この家族の歪さを解き明かす。

『籠の中の乙女(原題:Dogtooth)』
2009年 ギリシャ
監督・脚本:ヨルゴス・ランティモス
出演:アンゲリキ・パプーリァ、マリア・ツォニ、クリストス・パサリス、クリストス・ステルギオグル、ミシェル・ヴァレイ、アンナ・カレジドゥ


あらすじ:
プール付きの美しい邸宅に住む裕福な一家――その3人の子供たちは家から一歩も出ることなく、外の世界を知らずに生きてきた。良心に与えられた歪んだ知識を勉強し、外の世界の情報を一切奪われたまま何も知らずに遊ぶ毎日を過ごす子供たち……名前も付けられず、それを疑うこともなく、彼らは大人になった。危険な外の世界に出るには父(クリストス・ステルギオグル)の車だけが唯一の手段で、犬歯が抜けるまで独り立ちすることはできない――子供たちは父の教えを信じ、家の中で遊びや勉強をして毎日を過ごす、その日が決して訪れることはないと知らずに。
ある日父は長男(クリストス・パサリス)の性欲処理のため、会社で警備をしているクリスティーナ(アンナ・カレジドゥ)を雇う。彼女は長女(アンゲリキ・パプーリァ)の無知に付け込み、長男では満足させられない性欲を満たすようになる。何も知らない長女はやがて次女(マリア・ツォニ)にその行為を教え、ひそかに快感を得る。しかしクリスティーナによって与えられた外の世界の影響を危惧した父は、彼女を追い出す。外の人間は信じられないと考えた父は、長男のためにある選択をする……

スポンサーサイト
  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。