Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロンドンゾンビ紀行(原題:Cockneys VS Zombies)』

Posted by arnoldkillshot on 19.2013 ホラー 0 comments 0 trackback
ゾンビども、オレの町から出ていけ!口の悪さとガッツを武器に、ロンドンの下町っ子がゾンビに立ち向かう!

『ロンドンゾンビ紀行(原題:Cockneys VS Zombies)』
2012年 イギリス
監督:マサイアス・ヘイニー
出演:ラスムス・ハーディカー、ハリー・トレッダウェイ、アラン・ウォード、オナー・ブラックマン、ミシェル・ライアン、ジョージア・キング 他


あらすじ:
東ロンドン、生粋のコックニーであるテリー(ラスムス・ハーディカー)とアンディ(ハリー・トレッダウェイ)のマクガイヤ兄弟は、祖父レイ(アラン・ウォード)が暮らす老人ホームを閉鎖の危機から救うべく、銀行強盗を計画する。錠前破りのいとこのケイティ(ミシェル・ライアン)も計画に参加するが、助っ人として呼ばれたダメな強盗デイヴィや、戦争の古傷のせいでキレまくるミッキーに不安を覚える。一行は人質を取って現金強奪に成功するが、出口にはすでに警官の姿。しかし警官たちは、工事現場に眠っていた遺跡から目覚めたゾンビたちに襲われる。マクガイヤ兄弟は人質2人と共にその場を逃げおおせるが、ゾンビはロンドン中を埋め尽くしていた。そのころレイたちの老人ホームもゾンビの襲撃を受け、老人たちは施設に立てこもる。果たして祖父と孫は、下町の労働者階級のガッツでこのゾンビ・パニックを生き延びることができるのか!?

スポンサーサイト

『007 スカイフォール(原題:Skyfall)』

Posted by arnoldkillshot on 18.2012 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
肉体を殺された元スパイの怨念――迎え撃つは心を殺したスパイ。

『007 スカイフォール(原題:Skyfall)』
2012年 イギリス
監督:サム・メンデス
出演:ダニエル・クレイグ、ジュディ・デンチ、ハビエル・バルデム、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、レイフ・ファインズ、ベレニス・マーロウ、アルバート・フィニー 他


あらすじ:
NATOが全世界に送り込んだスパイのリストが盗まれ、英国諜報部MI6のエージェント・007ことジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)が奪還任務にあたる。リストを守るため、同行していたエージェント・イヴ(ナオミ・ハリス)に狙撃命令を下すM。しかし犯人と揉み合いになっていたボンドが銃弾を受け、川底に落ちる。
ボンドの死を悼む間もなく事件の責任を問われ、Mは国防委員会の新トップ・マロリー(レイフ・ファインズ)から引退を勧告される。そんな折、MI6本部が何者かによりハッキングされ、例のリストを奪われた上に建物を爆破される――実は生き延びていたボンドもそのニュースを聞き、Mの元へ帰還する。
不安の残る復帰テストの後、武器開発担当のQ(ベン・ウィショー)から武器を手に入れたボンドは、まずリストを盗もうとした犯人を追ってマカオに飛ぶ。そこで出会った謎の美女・セヴリン(ベレニス・マーロウ)に導かれ、ついにかつてMI6のエージェントであった黒幕のシルヴァ(ハビエル・バルデム)と相見えるボンド。元上司であるMへの歪んだ愛憎から、イギリスを攻撃するシルヴァ――はたして彼を倒す鍵となる〝スカイフォール〟とは?

『マリー・ゴールド・ホテルで会いましょう(原題:The Best Exotic Marigold Hotel)』

Posted by arnoldkillshot on 26.2012 映画タイトル:ま行 0 comments 0 trackback
7人の老人を待っていたのは、刺激的すぎるインドとの出会い……新しい出会いが教えてくれたのは、ハッピーエンドへと進む力。

『マリー・ゴールド・ホテルで会いましょう(原題:The Best Exotic Marigold Hotel)』
2011年 イギリス
監督:ジョン・マッデン
脚本:オル・パーカー
出演:ジュディ・デンチ、ビル・ナイ、ペネロープ・ウィルトン、トム・ウィルキンソン、ロナルド・ピックアップ、セリア・イムリー、マギー・スミス、デヴ・パテル 他

あらすじ:
神秘の国インドのリゾートホテルでお安く快適な老後生活を……そんな謳い文句に誘われてやってきた7人のイギリス人たち。夫を亡くし新生活を求めてやってきたイヴリン(ジュディ・デンチ)、少年時代の思い出を胸にインドへ戻ってきたゲイの元判事グレアム(トム・ウィルキンソン)、老後の生活資金に困ったダグラス(ビル・ナイ)とジーン(ペネロープ・ウィルトン)の夫婦、いくつになっても奔放なマッジ(セリア・イムリー)、同じくいくつになっても女好きなノーマン(ロナルド・ピックアップ)、そして安い手術のためインドに来たミュリエル(マギー・スミス)……しかし彼らを待っていたのは広告とはえらく違うオンボロホテルと、「最後はみんなうまくいく。そうじゃなければ、また途中なんだ」がモットーの大雑把な若きオーナー・ソニー(デヴ・パテル)だった。
文化、人々、食べ物、すべてが刺激的なインドに戸惑いつつも、7人のそれぞれの新生活が始まる。仕事を見つけたイヴリンはダグラスと心を通わせていき、マッジとノーマンはロマンスを求め、グレアムは初恋の少年を探し続け、頑固なミュリエルもメイドの女性との交流で心を開いていくも、相変わらず頑ななジーン……さらに無謀な夢と身分違いの恋に夢中な息子に喝を入れるべくソニーの母親も登場し、波乱を呼ぶ。はたして彼らの未来は、そしてホテルの行方は?

『インブレッド(原題:Inbred)』

Posted by arnoldkillshot on 02.2012 ホラー 2 comments 0 trackback
かつて、こんなにものどかなグロ映画があったろうか。残酷度MAXでもゆるいユーモアは健在の、イギリスホラーの真骨頂。

『インブレッド(原題:Inbred)』
2011年 イギリス
監督:アレックス・シャンドン
出演:ジョー・ハートリー、ジェームズ・ドハティ、シーマス・オニール、ジェームズ・バロウズ、ナディーン・ローズ・マルケリン、テリー・ヘイウッド、クリス・ウォーラー、ニール・レイパー 他


あらすじ:
ソーシャルワーカーのケイト(ジョー・ハートリー)とジェフ(ジェームズ・ドハティ)に連れられた4人の非行少年たちは、社会奉仕のためヨークシャーの田舎にやってきた。しかしそのモートレイクという村はなぜかカーナビには存在せず、村唯一のパブの店主ジム(シーマス・オニール)をはじめとして不気味な人々ばかりだった。
村に着いた翌日、一行は廃棄列車置き場での作業に取り掛かる。不良のドワイト(クリス・ウォーラー)と小心者のピッキング犯ゼブ(テリー・ヘイウッド)はふざけてばかりで、彼らに完全にナメられているジェフの注意も届かない。一方無口な少女サム(ナディーン・ローズ・マルケリン)と放火犯のティム(ジェームズ・バロウズ)はケイトに素直に従って作業を進めながら、ひそかに心を通わせていた。しかしジムの異常な息子グリス(ニール・レイパー)に襲われた一行は、勢い余ってケガをしたジェフのため、ジムのパブに救いを求める。しかしジムは息子の尻ぬぐいのため、突然ジェフの首をはねる――村人たちは驚愕するケイトたちを監禁し、ジムは彼らよそものを使った“ショー”を開くことに。一人、また一人と殺される中、彼らは異常者たちから逃げることができるのか?

『レズビアン・ヴァンパイア・キラーズ(原題:Lesbian Vampire Killers)』

Posted by arnoldkillshot on 11.2012 ホラー 0 comments 0 trackback
ボンクラ男の煩悩とユーモアが、セクシーで凶暴なレズビアン・ヴァンパイアを制す!?イギリス映画らしいユーモアあふれる『レズビアン・ヴァンパイア・キラース』は血もグロも見せずに、ウィットに富んだセリフと痛快な下ネタだけで大笑いさせてくれます。『ショーン・オブ・ザ・デッド』が好きならこの映画もきっと面白いと思うはず、隠れた名作ホラーコメディです。

『レズビアン・ヴァンパイア・キラーズ(原題:Lesbian Vampire Killers)』
2009年 イギリス
監督:フィル・クレイドン
出演:ジェームズ・コーデン、マシュー・ホーン、マイアンナ・バーリング、ポール・マッギャン 他

あらすじ:
数世紀前、男を憎むレズビアン吸血鬼カーミラは、妻を彼女に奪われた騎士マクラーレンの怒りを買い倒される。そのとき彼女は呪いをかけ、その村では18歳になった女たちはみなレズビアン・ヴァンパイアになるのだった……。
現代、恋人ジュディに振られたジミー(マシュー・ホーン)は、同じころ仕事をクビになった親友フレッチ(ジェームズ・コーデン)と傷心ハイキングに。偶然選んだクラグウィッチは不気味な森の中のド田舎だったが、ラッキーなことにホットな若い女の子たちも旅行に来ておりフレッチは舞い上がる。一方不気味な村人たちは、なぜかタダでビールを飲ませてくれ、さらに宿を紹介してくれるなど二人に妙に親切にする。女の子たちもジミーたちと同じ宿を目指しており、大はしゃぎする一向。女の子たちはこの村の女吸血鬼カーミラの伝説を研究しに来た学生だった。その伝説は本当だった……女の子たちはレズビアン・ヴァンパイアとなりジミーたちを襲う。ヴァンパイアたちは実はマクラーレンの末裔であるジミーと、女の子たちの一人で処女であるロッテ(マイアンナ・バーリング)の血を使ってカーミラを復活させようというのだ。ジミーとフレッチ、そしてロッテは団結してレズビアン・ヴァンパイアに立ち向かう。そのころ村の牧師(ポール・マッギャン)もあと少しで18歳になる娘を救うべく立ち上がるが……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。