Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年公開映画ベスト5

Posted by arnoldkillshot on 30.2012 映画 0 comments 0 trackback
2012年公開の映画から2012年のベスト5を決めてみました。
思えば今年は、夏から話題の大作ラッシュがあったり、1年以上前から楽しみにしていた作品がようやく日本に来たりと、豊作な1年でした。その中でベストを決めるのはなかなか大変でした。見たときはものすごく感動して「これ絶対今年のベストだ!」と思っても、その後にまたすごくいい作品に出会って「ごめん……ベストだと思ってた……けど」と心が揺れ動いたり。それに好きな監督や思い入れのある作品だと1位にしたいと思いつつも、客観的にみるとやはり順位が下に来てしまう場合もありました。
そんなこんなで決めた2012年ベスト5は、以下の通りです。

5位 ニーチェの馬

恐ろしく余韻が残る映画。というか今も思い出すと見たときの殺伐とした感覚がよみがえります。
確実に死に向かう不毛な日々を、淡々と生きる父と娘。馬だけがその絶望を知っている……あの心臓をえぐるような馬の悲壮な表情が、頭から離れなくなります。観ると間違いなく死にたくなる映画ですが、極限の絶望を感じたいという哲学的マゾな人におすすめです。

4位 ドライヴ


愛が、孤独が、バイオレンスが加速する!今年もっともシビれる映画。
寡黙に情熱的、クールにセクシー、孤独でタフな、ライアン・ゴズリング演じるヒーロー同様、粋でいなせな映画です。愛のために暴力の中を疾走する、寡黙な名もなきドライバーこそ、真の漢(おとこ)の姿。とにかくゴズリングがかっこいいんですよ!それだけで今年ベスト?いや、それほどにかっこいい映画なんですよ!一度見たら中毒になること間違いなし。

3位 裏切りのサーカス

苦しいほど切なく、ピュアなほど孤独な、スパイ版『スタンド・バイ・ミー』。
生涯のベスト映画は『ぼくのエリ 200歳の少女』なのですが、やっぱり私はトーマス・アルフレッドソン監督の透明感のあるタッチがすごくグッとくるみたいです。登場人物はみんなオヤジなのに、その心情は透明なくらい孤独で、切ないくらい純粋。二重スパイの陰謀に壊されてしまったスパイたちの絆が、観る者の心に悲しく突き刺さります。特にマーク・ストロングの自己犠牲的なキャラに号泣必死。何度見ても味わい深い傑作です。さっそく続編が出るとの噂ですが、次もぜひトーマス・アルフレッドソン監督で!


さて、あとは2位と1位の発表なのですが……すみません、土壇場になってズルしました。次は同着1位です。
この2つで、どっちがより上かなんて決められません。それはどちらも映画史に残るべき、意義深い映画だったからです。一つは映画そのものの存在証明的作品。そしてもう一つは映画を神話にまで高めた伝説。もうおわかりかもしれませんが、今年2012年の同着1位の作品は……

1位 アルゴ

映画という虚構が現実に負けないということを証明した、映画史上決定的な映画。なぜって、「CIAが人質救出のために映画製作をでっちあげる」なんてウソくさい話を、観終わった後「これは現実だったんだ!」と納得させてしまうほどなのだから。単にストーリーが面白いとか感動的だとか、役者や演出がいいとか、そんなレベルじゃないんですよ。観た人誰もが、映画館のイスでじっとしていられなかったはず――それこそ劇映画が実現し得る、極限のリアリティ。この映画は現実に限りなく近づいた。いや、ついに現実を追い越した。この映画の臨場感は、心だけでなく体をも動かすんですから。
この映画はまさに映画を愛し、信じる人たちに捧ぐ、映画の存在証明です。アカデミーよ、ただの映画だと思って過小評価するなかれ!いやマジでアカデミーのみなさん、どうかベン・アフレックにオスカーあげてください。

1位 ダークナイト・ライジング

この映画を以て、バットマンは神話になりました。
神も聖人も遠い存在になってしまった現代で、映画のヒーロー=英雄=殉教者が現実の人々の心に刻まれる――それが現代の神話の在り方なのでしょう。そして、ヒーローの存在が正しさのシンボルとして人々の心に残り続ける限り、絶望はかならず贖われる。バットマンの最後の戦いは、そんな尊い希望を教えてくれました。
賛否両論の分かれた作品ですが、その中でも感動できた人は、神を見たと言っても過言ではないのです。だって『ダークナイト・ライジング』は映画じゃなくて宗教ですから。犠牲の果てに再生まで果たすんだから、きっとバットマンは現代のキリスト神話なんですよ。


とまあ、こんな感じです。続きはおまけ

スポンサーサイト
  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。