Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドライヴ(原題:Drive)』

Posted by arnoldkillshot on 02.2012 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
寡黙に情熱的、暴力的なまでに純粋な愛が、夜の街を疾走する――

『ドライヴ(原題:Drive)』
2011年 アメリカ
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本:ホセイン・アミニ
原作:ジェイムズ・サリス『ドライヴ』
出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、オスカー・アイザック、ロン・パールマン、アルバート・ブルックス、ブライアン・クランストン 他


あらすじ:
その天才的なドライビング能力で、昼はどんな危険なアクションもこなす映画のカースタントマン、夜は強盗の逃亡を手助けする名もなきドライバー(ライアン・ゴズリング)。孤独な彼はある日隣に住む人妻アイリーン(キャリー・マリガン)の車が故障したのをきっかけに、彼女とその息子ベニシオと親しくなる。彼の昼と夜の仕事を世話する修理工シャノン(ブライアン・クランストン)はそんな彼らを応援しながら、ドライバーをレースに出すという夢のために旧友の元映画プロデューサー、今はマフィアの仲間であるバーニー(アルバート・ブルックス)とニーノ(ロン・パールマン)に出資を依頼する。
アイリーンは寡黙だが心優しいドライバーに惹かれていくが、やがて刑務所から夫スタンダード(オスカー・アイザック)が戻ってくる。足を洗って家族を支えると誓う夫を愛する気持ちは変わらないが、ドライバーへの思いも残っていた。ドライバーは彼女たちから身を引くが、あるときスタンダードが血まみれで倒れているのを見つける。スタンダードは刑務所で用心棒を雇い莫大な借金を背負った挙句、借りを返すために強盗を強要され、断れば家族を脅かすと脅されたのだった。彼を、そしてアイリーンたちを助けるためにドライバーは強盗計画に加担するが、逃げる直前でスタンダードが殺されてしまう。強盗計画が罠だったこと、そしてアイリーンたちに危険が迫っていると気づいたドライバーは、愛する者を守るために孤独な報復に出るが……

スポンサーサイト

『わたしを離さないで』(原題:Never Let Me Go)

Posted by arnoldkillshot on 14.2011 映画タイトル:わ行 0 comments 0 trackback
先に映画化の話を聞いてから読んだカズオ・イシグロの原作にとても感動し、公開を楽しみにし続け今日やっと観ることができました。『わたしを離さないで』です。
尺が短かったため原作のダイジェスト的な感じが否めませんでしたが、主役の3人は原作の人物にピッタリで、彼らの姿をスクリーンで観ることができたのは良かったです。
感想は続きからどうぞ。

『わたしを離さないで』(原題:Never Let Me Go)
2010年 イギリス、アメリカ
監督:マーク・ロマネク
原作:カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
出演:キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ

あらすじ:
介護人キャシー(キャリー・マリガン)はヘイルシャムという特別な施設で幼馴染のトミー(アンドリュー・ガーフィールド)、ルース(キーラ・ナイトレイ)と育った過去を思い出す。ヘイルシャムの生徒たちは皆“提供者”となるべき特別な存在として創造性豊かでのびのびとした、しかしいくつもの秘密をはらんだ環境で育てられた。その中でキャシーは癇癪持ちで純粋なトミーや勝気なルースといくつもの大切な思い出を育ててきたが、次第に彼らの関係はもつれていく。
彼らはやがてヘイルシャムを去りコテージで共同生活を送るが、そのころトミーとルースは恋人になりキャシーは複雑な思いで彼らを見守っていた。提供者としての使命が近付くなか3人の思いはもつれあい、コテージを出てからは彼らは離ればなれになる。
数年後、介護人としてキャシーがルースとトミーに再会したとき、2人はすでに提供者となっていた。ルースはキャシーとトミーの二人にヘイルシャムにまつわる最後の希望を託し、長い道のりを経てようやく結ばれた二人はその希望を胸に行動に出るが、そこにはあまりにも残酷な真実が…

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。