Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アメイジング・スパイダーマン(原題:The Amazing Spiderman)

Posted by arnoldkillshot on 24.2012 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
どこにでも、誰の心にもいるひとりぼっちの少年は、やがて彼にしかなれないヒーローに変わる。

『アメイジング・スパイダーマン(原題:The Amazing Spiderman)
2012年 アメリカ
監督:マーク・ウェブ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リス・エヴァンス、マーティン・シーン、サリー・フィールド、デニス・リアリー 他

あらすじ:
幼いころ両親が失踪したピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、高校生となった今もその心の傷を抱え、孤独に生きていた。科学の才能に秀でていても不器用な彼は人と交わることができず、いじめっ子に絡まれ、心を許せるのは自分を引き取ったベンおじさん(マーティン・シーン)とメイおばさん(サリー・フィールド)だけだった。
ピーターはあるとき消えた父のカバンを見つけ、父がオズコープ社の研究者であったことを知る。父の秘密を知るためオズコープ社の研修生のふりをして潜り込んだピーターは、父と共に遺伝子交配の研究をしていたコナーズ博士(リス・エヴァンス)と出会う。そこには密かに思いを寄せる同級生グウェン(エマ・ストーン)の姿も……。そして、社内の研究室にこっそり足を踏み入れたピーターが見たのは遺伝子実験によって強靭な糸を作る特殊なクモだった。そのクモにかまれたピーターは突如として尋常でない身体能力を身につけてしまう。
最初は戸惑っていたものの、人間離れしたパワーで自由に飛び回れるようになったことに解放感を覚えるピーター。しかし彼の身を案じるベンおじさんに叱られたピーターは、父への思いを吐き出して家を飛び出してしまう。危険な夜の街をさまようピーターは強盗に居合わせるが、ピーターを追って外に出たベンおじさんはその同じ男に殺されてしまう。
ピーターは悲しみの矛先を悪人退治に向ける。マスクとスーツを身にまとい、犯罪者を自らの特殊能力で退治していくうちにピーターは“スパイダーマン”として知られるようになる。しかしグウェンの父・ステイシー警部(デニス・リアリー)をはじめ警察は“スパイダーマン”を無法者として追い始める。一方コナーズ博士はトカゲの遺伝子による人体再生の人体実験を迫られ、ついに自らの肉体を使ってしまう。失った片腕が再生し喜んでいたのも束の間、コナーズ博士はトカゲ人間“リザード”に変貌し暴走を始める……

スポンサーサイト

『ヘルプ~心がつなぐストーリー~(原題:The Help)』

Posted by arnoldkillshot on 05.2012 映画タイトル:は行 0 comments 0 trackback
昔子守をしてくれた人が、おいしい料理を作ってくれた人が、悲しいとき慰めてくれた大切な人が、自分と同じトイレを使ってはいけないとしたら?そんなのは間違っている、と思うはず。だけど60年代南部アメリカではそうではなかった。間違っていることが“間違っていない”恐ろしい社会で、自分が信じる正しさを貫くのは勇気がいる。それは最も人種差別が激しかった当時のミシシッピだけに限らず、いつの時代の同じことです。そんなときだから自分の正しさを貫く勇気が大切なのだと、身に染みる悲しみや温かいユーモアを交えて教えてくれるのがこの『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』です。
トイレ、食べ物、育児、仕事、人間関係……身近な題材だからこそ、人種問題が遠く感じられる日本でも当時の社会の不条理さがよくわかります。それでも非人間的な社会に対して勇気をもって自分たちの人間的な真実を突き付けた黒人メイドたちの姿に、まるで聖書のストーリーのように普遍的で大切な“生きる上での正しさ”を教えられます。

『ヘルプ~心がつなぐストーリー~(原題:The Help)』
2011年 アメリカ
監督・脚本:テイト・テイラー
原作:キャサリン・ストケット『ヘルプ 心がつなぐストーリー』
出演:エマ・ストーン、ヴァイオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、アリソン・ジャネイ 他


あらすじ:
1960年代ミシシッピ州ジャクソン。作家を志すスキーター(エマ・ストーン)は大学卒業後に故郷であるこの町に帰り、新聞社に就職した。初仕事は家事のお悩みコーナーの代理だったが、家事の知識がまったくない彼女は同級生エリザベスの家で子守をする黒人メイド“ヘルプ”であるエイビリーン(ヴァイオラ・デイヴィス)に助けを求める。そのころ町の婦人たちのコミュニティの中心人物であるヒリー(ブライス・ダラス・ハワード)は黒人メイド専用トイレの設置を提案していた。その話にもじっと耐えるエイビリーンを見て、そして長い間自分の家で働いていたのに突然家を去ったメイド・コンスタンティンのこともあって、スキーターはメイドたちを取材し彼女たちの現状を本にしようと考える。
しかし真実を話せば仕事も失う――その危険からエイビリーンは口を閉ざす。一方エイビリーンの親友でヒリーのもとで働く料理上手のメイド・ミニー(オクタヴィア・スペンサー)は、主人のトイレを使ったことで解雇されてしまう。デマを流され再び仕事に就くこともできず夫にも暴力を振るわれるミニー。不当な扱いに何もできず黙って耐えるしかない……それが彼女たちの運命だった。しかしそんなときエイビリーンは教会で牧師の説教を聞き、スキーターに話すことを決断する。そしてミニーは町で婦人たちから仲間外れにされているため何も知らないシーリア(ジェシカ・チャステイン)のもとで働くことになるが、彼女もまたスキーターに協力することに。
さらにミニーの後任としてヒリーの家に雇われたユール・メイが、息子の学費のために盗みをはたらいたために逮捕されたのをきっかけに他のメイドたちもスキーターのもとに集まる。しかし証言は集まっても彼女たちの危険な立場に変わりはない。そこでミニーは“保険”として、ヒリーにクビにされたときにしでかした“恐ろしくて言えなかったこと”を話す。出版まであと少し、最後に必要なのはスキーター自身の物語、消えたコンスタンティンの真相だった……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。