Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レ・ミゼラブル(原題:Les miserables)』

Posted by arnoldkillshot on 21.2012 映画タイトル:ら行 0 comments 0 trackback
絶望の底から湧きあがる人間賛歌が教えてくれる、私にも魂があると。

『レ・ミゼラブル(原題:Les miserables)』
2012年 イギリス
監督:トム・フーパー
原作:ヴィクトル・ユゴー『レ・ミゼラブル』
   クロード=ミシェル・シェーンベルグ、アラン・ブーブリル ミュージカル『レ・ミゼラブル』
出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、サマンサ・バークス、サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーター


あらすじ:
1815年、革命後の激動のフランス。たった一切れのパンを盗んだ罪で19年間投獄されていた男、ジャン・ヴァルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、司教ミリエルの慈悲により「正しい人」になろうと決意する。1823年、マドレーヌと名を変えモントルイユ市長となったヴァルジャンだったが、彼を追い続ける警部ジャベール(ラッセル・クロウ)が再び現れる。彼に気を取られていたヴァルジャンは、自分の工場で働いていたファンティーヌ(アン・ハサウェイ)が追い出されるところを見過ごしていた。仕事を失ったファンティーヌは、娘コゼットを養うために娼婦に身を落とす。ヴァルジャンに救われたファンティーヌは娘コゼットを彼に託すが、そのころ他人が彼と間違われて逮捕される。自ら名乗り出たヴァルジャンはファンティーヌの死を見届け、テナルディエ夫妻(サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーター)からコゼットを取り戻すと街を去る。
1830年、パリ。王政復古に伴う圧政で、民衆の怒りは頂点に達していた。革命を目指す学生たちのリーダー、マリウス(エディ・レッドメイン)は、民衆蜂起を控えた日に、美しい少女に一目ぼれする。それはヴァルジャンに大切に育てられたコゼット(アマンダ・セイフライド)だった。テナルディエ夫妻の娘エポニーヌ(サマンサ・バークス)の片思いをよそに、二人は恋に落ちるが、またも現れたジャベールから逃れるべく、ヴァルジャンはコゼットと共にパリを去る。そしてついに民衆と警察が激突。波乱万丈の運命の末、彼らは希望を手にすることができるのか……

スポンサーサイト

映画スターたちの歌・その7:ラッセル・クロウ& The Ordinary Fear Of God-Testify

Posted by arnoldkillshot on 09.2012 映画スターたちの歌 2 comments 0 trackback
今年12月公開予定の『レ・ミゼラブル』でジャベールを演じるラッセル・クロウ。彼の歌がうまいことは世界的に有名なのでこちらで紹介するまでもないかもしれませんが、公開前に素の彼の歌を聴いて『レ・ミゼラブル』への期待を盛り上げていきたい……と思い、取り上げることにしました。
こちらで紹介するThe Ordinary Fear Of God(通称TOFOG)は、ラッセルの音楽性の変化に伴い解散した前バンド30 Odd Foot of Gruntsのメンバーとカナダの俳優でありThe Great Big Seaというバンドのメンバーでもあるアラン・ドイルと組んだバンドです。前のバンドがフォーク色が強いのに対し、TOFOGは今回紹介する"Testify"のようなちょい悪ロックや”Worst in the world"のようなややパンクっぽい曲など、音楽の幅が広がっていて彼のファンでなくても純粋に音楽を楽しめる感じです。言っちゃ悪いんですが若いころのバンドのほうがなぜかオヤジくさく、今の方がより若く「売れそう」な垢抜けた音になっています……あくまで主観ですが。
ビデオはAFI(オーストラリア映画協会)賞でのライブ。こんな楽しそうなラッセル見たことない!ってくらいウキウキしてる彼がなんだか可愛らしいです。

Russel Crowe & The Ordinary Fear Of God-Testify

I feel the irons on my wrist and lament its come to this
手錠の感触と悲しみ 事の次第はこうさ

When they hang me from the gallows tree, “Such as life,” they’ll hear me hiss,
やつら絞首台で 「人生そんなもんさ」とささやくだろう

I’m not the reddest handed bandit there but I’m the one who’ll take the fall
極悪人ってわけじゃないのに 憂き目にあうのはおれなんだからな

This smoking gun’s been smothered by the long arm of the law.
火を噴いたこの銃が 法の手で息の根止められちまう

The Chaplin says, “The end is started and your Judgment has begun”
司祭いわく「終わりの始まり これより審判開始」

Prayers can lead to God’s forgiveness for all the Foolish things you’ve done
祈れば散々やらかしたバカも 神の許しを得るだろう

You’ve got tonight to find some peace of mind before you leave this world."
夜が明ける前に平穏をつかめ この世にオサラバする前に

I hope and pray that I may never get what I deserve
おれは祈る 報いを受くることなかれと


Take me down to the river Preacher, take me by the hand
川まで連れてってくれ司祭どの、縛られたこの手を取って

Take me down to the river, Mend the soul of a broken man,
あの川まで連れてって ろくでなしの魂を治してくれ

Drown me in forgiveness wash these bloody hands of mine
許しで溺れさせて 血塗られた手を洗ってくれよ

Take me down to one last river
どうか最後にあの川まで

Let me testify.
証を立てるから


Yes I believe in God's benevolence,
そうとも 神の愛を信じてる

I have seen with my own eyes,
この目で見たんだから

in the river just outside the gate,
門の目と鼻の先 あの川で

Sunday sinners get baptized.
日曜 罪びとたちは洗礼を受ける

I will pray for my redemption,
おれは贖いを乞うだろうが

but I'm quite sure that he won't hear,
どうせ神様には届かない

I've never had that watered cross,
水で清めた十字架が

trickle in my ear.
この耳をくすぐったこともない

The chaplain's face it grew sadder,
司祭は悲しげな顔で尋ねる

he said "you've not been christened son?"
「洗礼を受けなかったのかね」

No, I said, and I hung my head,
いいや、とおれ そしてうなだれて語る

is there nothing to be done?
もう救いはないのか?

If I could get down to that river,
川を下って行けたなら、

can't you see how cleansed I'd be?
おれだって清められたのに

The latest lamb, in God's hands.
末の子羊は神の手に

My soul would be set free.
魂も解き放たれたろう


Take me down to the river Preacher, take me by the hand
川まで連れてってくれ牧師どの、繋がれた手をとって

Take me down to the river, Mend the soul of a broken man,
あの川まで連れてって ろくでなしの魂を治してくれ

Drown me in forgiveness wash these bloody hands of mine
許しで溺れさせ 血塗れた手を洗ってくれよ

Take me down to one last river
どうか最後にあの川まで

Let me testify.
証を立てるから


They take me to the river bank,
川の土手までおれを引きずる

two guards and the chaplain.
二人の守衛と司祭

The moonlight shines on the holy tides,
月は聖なる満ち引きを照らし

my prayers have been answered.
おれの祈りは答えを得た

I take my sodden walk to jesus,
酔いどれ足はイエスへと

all piety and grace.
敬虔さと恩寵へ続く

The guards release my shackles,
守衛は枷を解いたが

they cannot read my face.
表情までは読めなかった

The deepest breath that I can take,
深い深い息をつく

as I plunge under the water.
水底へ飛び込むみたいに

The chaplain has the kindest ways,
あの司祭は優しすぎたよ

he could have been a whole lot smarter.
ずる賢くもなれただろうに

Two kicks and I'm traveling,
2発食らわせ おれは飛び込む

beneath the muddy waters gleam.
照り返す泥水の底へと

By the time I take a second breath,
そのころには2度目の息を得て

i'm a hundred yards downstream.
下流へと100ヤードさ


Take me down to the river Preacher, take me by the hand
川まで連れてってくれ司祭どの、繋がれた手を取って

Take me down to the river, Mend the soul of a broken man,
あの川まで連れてって ろくでなしの魂を治してくれよ

Drown me in forgiveness wash these bloody hands of mine
許しで溺れさせ 血塗られた手を洗ってくれ

Take me down to one last river
最後にあの川まで

Let me testify.
証を立てるから


testify
証を立てよう

testify
おれの証を


歌詞はジェシー・ジェームズやネッド・ケリーのようなオーストラリアの無法者のイメージですね。どちらも非業の死を免れませんでしたが、この歌詞の無法者は神に祈り、そしてチャンスを信じてまんまと逃げ延びる。いわゆるちょい悪オヤジなラッセルらしい歌詞です。彼の低いセクシーな歌声にしびれます。TOFOGのアルバムはiTunesで入手可ですので、興味を持たれた方はぜひ。
http://itunes.apple.com/au/artist/the-ordinary-fear-of-god/id128230066
30 Odd Foot of Gruntsのアルバムは日本でも入手可能です。
そんな彼の美声が名曲にのって披露される『レ・ミゼラブル』、今から楽しみです。


  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。