Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

her/世界でひとつの彼女/リアルを超えて愛(AI)に来て

Posted by arnoldkillshot on 30.2014 映画タイトル:は行 2 comments 0 trackback
『her/世界でひとつの彼女(原題:her)』
2013年 アメリカ
監督・脚本:スパイク・ジョーンズ
音楽:Arcade Fire、オーウェン・パレット
出演:ホアキン・フェニックス、スカーレット・ヨハンソン(声の出演)、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド 他


※途中からネタバレをしています。ネタバレ警報ありますが、未見の方はご注意!※

あらすじ:
近未来のロサンゼルス。手紙の代筆ライターをしているセオドア(ホアキン・フェニックス)は、1年前に離婚した妻キャサリン(ルーニー・マーラ)のことが未だに忘れられず、幸福な思い出と孤独にさいなまれていた。そんなある日、人間と同じように意識を持つと謡われる新発売の人工知能型OSに興味を持ったセオドアは、さっそく購入することに。そして画面から聞こえたのは「サマンサ」(声・スカーレット・ヨハンソン)と名乗る明るい女性の声。陽気で優しくユーモラスなサマンサは、孤独だったセオドアの生活を明るく照らしていく――そして二人は生身の人間と肉体を持たないOSという壁を越えて恋人同士となり、セオドアもキャサリンとの離婚を認める決意をする。そんな中、同僚のエイミー(エイミー・アダムス)に恋人がOSであることを打ち明け、すんなりと受け入れられたセオドアは、キャサリンにもそのことを告げるが、「あなたはリアルな感情に向き合えない」と拒絶されてしまう……リアルな感情とは?サマンサとの関係はただのバーチャル?本物の愛を求めるセオドアとサマンサは、すれ違いや歩み寄りを経てある結論にたどり着く……

スポンサーサイト

ザ・マスター/抗いがたく強い絆は、宗教となりうるのか?

Posted by arnoldkillshot on 24.2013 映画タイトル:さ行 0 comments 0 trackback
『ザ・マスター(原題:The Master)』
2012年 アメリカ
監督・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
音楽:ジョニー・グリーンウッド(Radiohead)
出演:ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ローラ・ダーン、アンビル・チルダース、ジェシー・プレモンス 他


あらすじ:
第2次世界大戦で大きなトラウマを負った元海兵フレディ(ホアキン・フェニックス)は、酒に溺れて行く先々でトラブルを起こし、崩壊した生活から抜け出せずにいた。ある日、パーティをしている船に成り行きで密航したフレディは、〝ザ・コーズ〟の指導者(マスター)ランカスター・ドッド(フィリップ・シーモア・ホフマン)と対面する。彼を咎めるどころか優しく仲間に迎え入れるマスター。二人は正反対ながらも強く惹かれあい、交流を深めていく。フレディはマスターの〝プロセッシング〟という独自の談話療法によって、戦争でのトラウマや恋人ドリスと再会できなかった後悔を癒され、マスターのそばで教団を支えることに。しかし未だに酒を断てず衝動を抑えられないフレディは、マスターを批判する者に暴力をふるい、咎められる。マスターの妻ペギー(エイミー・アダムス)はそんなフレディを危険視し、追放するよう提案するが、彼を救いたいと願うマスターはフレディに独自の治療を施していく……

『容疑者、ホアキン・フェニックス(原題:I'm Still Here)』

Posted by arnoldkillshot on 01.2012 映画タイトル:や行 4 comments 0 trackback
ホアキンがホアキンを演じ、嘘を現実に発信している間――彼を笑った世の中は、彼の手のひらで踊っていた。

『容疑者、ホアキン・フェニックス(原題:I'm Still Here)』
2010年 アメリカ
監督:ケイシー・アフレック
出演:ホアキン・フェニックス 他


あらすじ:
『グラディエーター』での怪演、『ウォーク・ザ・ライン』での名演と歌……ハリウッドきっての名優ホアキン・フェニックスが突如引退宣言、そのうえラッパーとしてデビュー!?そんな突拍子もない出来事&ホアキンの変わり果てた姿に全米が震撼した。「演じるのに疲れた」「素の自分でいられるのは気分がいい」と、奇行に走りまくるホアキンに友人のアントニーやラリー、そして他の俳優たちも心配する。彼の転身をドキュメンタリーに収めようとする義弟のケイシー・アフレックも……。そんな心配をよそにホアキンはヒップホップのスターであるショーン・“ディディ”・コムズにプロデュースを依頼するも、彼の異常な振る舞いや遅刻、さらに映画界をネタにした残念なリリックを不審がるディディはホアキンを無視。俳優としては快進撃を続けたのにラッパーとしては一歩も前進できない現状にあせり始めるホアキンは暴走を始める……


  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。