Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダークナイト ライジング(原題:The Dark Knight Rises)』

Posted by arnoldkillshot on 28.2012 映画タイトル:た行 2 comments 0 trackback
これこそ、映画という名の新たな神話――黒い殉教者の伝説は、語り終えられた時から始まる。

『ダークナイト ライジング(原題:The Dark Knight Rises)』
2012年 アメリカ
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン、ジョナサン・ノーラン
音楽:ハンス・ジマー
出演:クリスチャン・ベイル、トム・ハーディ、アン・ハサウェイ、ゲイリー・オールドマン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、マリオン・コティヤール 他

あらすじ:
バットマンがハービー・デント=トゥーフェイスの罪をかぶり姿を消してから8年。ゴッサム・シティはハービーの名を冠した“デント法”によって平和を取り戻していた。しかしバットマンとして戦う必要がなくなったと同時にレイチェルという守るべき存在も失ったブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は表舞台からも姿を消し、屋敷に引きこもっていた。そんな彼の前に現れたのが女泥棒セリーナ・カイル=キャットウーマン(アン・ハサウェイ)。自分の指紋を盗んだ彼女の素性を探るブルースだったが、同じころ市警本部長となったゴードン(ゲイリー・オールドマン)が地下に巣食う謎の傭兵集団のリーダーであるマスクの大男ベイン(トム・ハーディ)に殺されかける。再びゴッサムに忍び寄る悪と戦うには“闇の騎士(ダークナイト)”が必要……傷ついたゴードンも、直感からバットマンの正体を見破った新米警官ジョン・ブレイクも同じことを願っていた。ブルースは表舞台にも闇の世界にも復帰することを決意するが、己の幸福を求めず自ら戦いに飛び込もうとする主に心を痛める執事アルフレッド(マイケル・ケイン)は彼の元を去る。
ほどなくしてベインに率いられた傭兵たちが株式市場を襲う。強靭な肉体だけでなく優れた知能を持つベインの策略に苦戦しながらも戦いに復帰するバットマンだったが、今度はセリーナが盗んだ指紋が悪用されブルースは破産してしまう。表の顔を失ったブルースは惹かれあっていた投資家ミランダ(マリオン・コティヤール)にウェイン社の開発した核融合炉を託す一方、セリーナの協力によってベインにたどり着こうとする。しかしセリーナの裏切りで逃げ場を失ったバットマンは、自分と同じく“影の軍団”で鍛錬を積んだベインに敗れ脊髄を折られてしまう……かつて自分が生まれた牢獄に傷ついたブルースを監禁し、ゴッサムが滅ぼされるのを見せつけようとするベイン。街を破壊し人々を恐怖に陥れたベインは、奪い取ったウェイン社の核融合炉によってさらに人々を扇動し無政府状態に陥らせる。ブルースはゴッサムを救うべく、傷ついた肉体で牢獄から“這い上がろう”とするが……

スポンサーサイト
  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。