Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レ・ミゼラブル(原題:Les miserables)』

Posted by arnoldkillshot on 21.2012 映画タイトル:ら行 0 comments 0 trackback
絶望の底から湧きあがる人間賛歌が教えてくれる、私にも魂があると。

『レ・ミゼラブル(原題:Les miserables)』
2012年 イギリス
監督:トム・フーパー
原作:ヴィクトル・ユゴー『レ・ミゼラブル』
   クロード=ミシェル・シェーンベルグ、アラン・ブーブリル ミュージカル『レ・ミゼラブル』
出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、サマンサ・バークス、サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーター


あらすじ:
1815年、革命後の激動のフランス。たった一切れのパンを盗んだ罪で19年間投獄されていた男、ジャン・ヴァルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、司教ミリエルの慈悲により「正しい人」になろうと決意する。1823年、マドレーヌと名を変えモントルイユ市長となったヴァルジャンだったが、彼を追い続ける警部ジャベール(ラッセル・クロウ)が再び現れる。彼に気を取られていたヴァルジャンは、自分の工場で働いていたファンティーヌ(アン・ハサウェイ)が追い出されるところを見過ごしていた。仕事を失ったファンティーヌは、娘コゼットを養うために娼婦に身を落とす。ヴァルジャンに救われたファンティーヌは娘コゼットを彼に託すが、そのころ他人が彼と間違われて逮捕される。自ら名乗り出たヴァルジャンはファンティーヌの死を見届け、テナルディエ夫妻(サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーター)からコゼットを取り戻すと街を去る。
1830年、パリ。王政復古に伴う圧政で、民衆の怒りは頂点に達していた。革命を目指す学生たちのリーダー、マリウス(エディ・レッドメイン)は、民衆蜂起を控えた日に、美しい少女に一目ぼれする。それはヴァルジャンに大切に育てられたコゼット(アマンダ・セイフライド)だった。テナルディエ夫妻の娘エポニーヌ(サマンサ・バークス)の片思いをよそに、二人は恋に落ちるが、またも現れたジャベールから逃れるべく、ヴァルジャンはコゼットと共にパリを去る。そしてついに民衆と警察が激突。波乱万丈の運命の末、彼らは希望を手にすることができるのか……

スポンサーサイト

『ディクテーター 身元不明でニューヨーク(原題:The Dictator)』

Posted by arnoldkillshot on 13.2012 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
独裁者の座に居座るのは、おバカな将軍ではなく世界そのもの――歩く放送禁止サシャ・バロン・コーエンが、今度は民主主義をターゲットに!

『ディクテーター 身元不明でニューヨーク(原題:The Dictator)』
監督:ラリー・チャールズ
脚本:サシャ・バロン・コーエン、アレック・バーグ、デヴィッド・マンデル、ジェフ・シェイファー
出演:サシャ・バロン・コーエン、アンナ・ファリス、ベン・キングズレー、ジェイソン・マンツォーカス、ジョン・C・ライリー 他


あらすじ:
北アフリカの独裁国家ワディヤの独裁者アラジーン将軍(サシャ・バロン・コーエン)は、今日も楽しく人々に圧制を強いていた。気に入らない者や失敗した者はすべて即刻処刑し、夜のお相手はハリウッド・セレブ……そして他の独裁者たちみんなが持っている核ミサイルをついに開発しウキウキ。しかしそんな彼を世界が許すはずがなかった……国連の警告を受け、アラジーン将軍はニューヨークで開かれるサミットで演説をすることに。しかし訪れたニューヨークで彼を待っていたのは、石油で儲けるためにワディヤの民主主義化をたくらむタミールおじさん(ベン・キングズレー)の罠だった。彼と共謀するアメリカ人・クレイトン(ジョン・C・ライリー)に拉致された将軍は、トレードマークのヒゲを剃られてしまう。命からがら逃げだしたものの、誰もヒゲなくしては本人だと認識せず、将軍はひとりニューヨークをさまよう。そこで出会ったのが、弱者への優しさとボーボーのワキ毛の持ち主・ゾーイ(アンナ・ファリス)――アラジーンの独裁反対のデモに参加していた彼女は、将軍の正体も知らず彼を助けたのだ。
彼女が店長を務める自然食品の店がサミットのケータリングを任されることを知った将軍は、なんとかサミットにもぐりこむため彼女の店で働き始める。処刑されたはずの核ミサイル研究者ナダル(ジェイソン・マンツォーカス)と共に、民主主義化を食い止め独裁者に戻るため計画を練る将軍だったが、次第に強い意志と優しさを持ったゾーイに惹かれていく……はたして自由主義的な恋と独裁制の両立は成るか?

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。