Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・ハッスル/しがらみに足を取られ、踊れ偽りの極楽鳥ども

Posted by arnoldkillshot on 03.2014 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
『アメリカン・ハッスル(原題:American Hustle)』
2013年 アメリカ製作
監督:デヴィッド・O・ラッセル(兼脚本)
出演:クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ジェレミー・レナー 他


あらすじ:
1979年、ニューヨーク。詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と頭の切れる美女シドニー(エイミー・アダムス)は銀行融資の仲介者を装う詐欺師カップル。事業は大成功かに見えたが、ある日FBIに現場を押さえられてしまう。二人を取り押さえたFBIのリッチー(ブラッドリー・クーパー)は、アーヴィンに無罪放免と引き換えに同業者を挙げるよう提案。実は妻子持ちであるアーヴィンは逃げることもできず、彼に協力することになる。
リッチーの目的は、架空のアラブの富豪をエサに、詐欺師たちを一網打尽にすることだった。あまりにも強引な彼の計画と、妻の存在に嫉妬し当てつけるようにリッチーに協力するシドニーの態度に、アーヴィンは板挟みになる。やがて3人は地元のカジノへの融資を求めるカムデン市長カーマイン(ジェレミー・レナー)に接近するが、そこから政治家の収賄やマフィアの関係が芋ヅル式に明るみになっていく。有頂天になるリッチーとは対照的に、アーヴィンは騙されているカーマインに対する後ろめたさ、自分を巡る妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)とシドニーの対立、そして無謀すぎるFBIの捜査の中で四面楚歌状態。しかしピンチの真っただ中で、アーヴィンの脳裏にすべてを解決する計画がひらめく。

スポンサーサイト

『ダークナイト ライジング(原題:The Dark Knight Rises)』

Posted by arnoldkillshot on 28.2012 映画タイトル:た行 2 comments 0 trackback
これこそ、映画という名の新たな神話――黒い殉教者の伝説は、語り終えられた時から始まる。

『ダークナイト ライジング(原題:The Dark Knight Rises)』
2012年 アメリカ
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン、ジョナサン・ノーラン
音楽:ハンス・ジマー
出演:クリスチャン・ベイル、トム・ハーディ、アン・ハサウェイ、ゲイリー・オールドマン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、マリオン・コティヤール 他

あらすじ:
バットマンがハービー・デント=トゥーフェイスの罪をかぶり姿を消してから8年。ゴッサム・シティはハービーの名を冠した“デント法”によって平和を取り戻していた。しかしバットマンとして戦う必要がなくなったと同時にレイチェルという守るべき存在も失ったブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は表舞台からも姿を消し、屋敷に引きこもっていた。そんな彼の前に現れたのが女泥棒セリーナ・カイル=キャットウーマン(アン・ハサウェイ)。自分の指紋を盗んだ彼女の素性を探るブルースだったが、同じころ市警本部長となったゴードン(ゲイリー・オールドマン)が地下に巣食う謎の傭兵集団のリーダーであるマスクの大男ベイン(トム・ハーディ)に殺されかける。再びゴッサムに忍び寄る悪と戦うには“闇の騎士(ダークナイト)”が必要……傷ついたゴードンも、直感からバットマンの正体を見破った新米警官ジョン・ブレイクも同じことを願っていた。ブルースは表舞台にも闇の世界にも復帰することを決意するが、己の幸福を求めず自ら戦いに飛び込もうとする主に心を痛める執事アルフレッド(マイケル・ケイン)は彼の元を去る。
ほどなくしてベインに率いられた傭兵たちが株式市場を襲う。強靭な肉体だけでなく優れた知能を持つベインの策略に苦戦しながらも戦いに復帰するバットマンだったが、今度はセリーナが盗んだ指紋が悪用されブルースは破産してしまう。表の顔を失ったブルースは惹かれあっていた投資家ミランダ(マリオン・コティヤール)にウェイン社の開発した核融合炉を託す一方、セリーナの協力によってベインにたどり着こうとする。しかしセリーナの裏切りで逃げ場を失ったバットマンは、自分と同じく“影の軍団”で鍛錬を積んだベインに敗れ脊髄を折られてしまう……かつて自分が生まれた牢獄に傷ついたブルースを監禁し、ゴッサムが滅ぼされるのを見せつけようとするベイン。街を破壊し人々を恐怖に陥れたベインは、奪い取ったウェイン社の核融合炉によってさらに人々を扇動し無政府状態に陥らせる。ブルースはゴッサムを救うべく、傷ついた肉体で牢獄から“這い上がろう”とするが……

『ダークナイト(原題:The Dark Knight)』

Posted by arnoldkillshot on 27.2012 映画タイトル:た行 0 comments 0 trackback
恐怖を超えた先には、狂気との戦いが待っていた。正しさのために道理を捨てて、彼は〝闇の騎士〟になる。

『ダークナイト(原題:The Dark Knight)』
2008年 アメリカ
監督:クリストファー・ノーラン
音楽:ハンス・ジマー
出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マイケル・ケイン、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン 他

あらすじ:
ブルース・ウェイン=バットマン(クリスチャン・ベイル)の出現によりゴッサム・シティは犯罪と立ち向かうことを覚えた。しかしバットマンやゴードンを中心とする警察は組織犯罪やバットマンの偽物に手を焼いていた。そんなとき颯爽と現れたのが新任の地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)。“光の騎士”というあだ名通り清廉潔白で悪に屈しないハービーはゴッサムの希望となりつつあり、ブルース=バットマンもまた彼こそゴッサムがバットマンの代わりに必要とする人間だと考えていた。たとえ愛するレイチェル(マギー・ギレンホール)が彼の恋人であっても……ゴードンとハービーがマフィアの資金洗浄を暴こうとし、バットマンはその力を使って助ける。そしてマフィアを一斉検挙することに成功するが、バットマンの活躍に業を煮やしたマフィアたちは口の裂けた顔に道化のようなメイクをした狂気の犯罪者・ジョーカー(ヒース・レジャー)を雇う……
善悪の観念を持たずゲームのように犯罪を楽しむジョーカーは「バットマンが正体を明かすまで市民を殺し続ける」と宣言し、警察やバットマンを嘲笑うかのように人々を殺していく。そんななか市民たちは、警察とバットマンが正体を隠しているせいで自分たちが犠牲になると怒りの声を高めていく。やがてジョーカーの狙いはハービーへと向けられ、レイチェルにも危険が迫る。ルールを持たず大規模な仕掛けで人々を脅かすジョーカーの追い詰められるバットマンと、悪への怒りと自らのルールとの間で苦悩するバットマンの姿を楽しむジョーカー……やっとのことでジョーカーを逮捕するが、彼が仕掛けた最悪の罠はバットマンを絶望に突き落とすものだった。

『バットマン ビギンズ(原題:Batman Begins)』

Posted by arnoldkillshot on 27.2012 映画タイトル:は行 0 comments 0 trackback
ヒーローは、恐怖の中から"Rise"する――闇のシンボルから始まる、現代の神話。

『バットマン ビギンズ(原題:Batman Begins)』
2005年 アメリカ
監督:クリストファー・ノーラン
音楽:ハンス・ジマー
出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、ケイティ・ホームズ、モーガン・フリーマン、キリアン・マーフィー、リーアム・ニーソン、渡辺謙

あらすじ:
犯罪と腐敗の街、ゴッサム・シティ。その中心部に建つ大企業ウェイン社の御曹司ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は、幼いころ両親を犯罪者に殺されて以来、犯罪と戦う力を手にするべく世界を放浪していた。そんな彼の前に謎の男ヘンリー・デュカード(リーアム・ニーソン)が現れ、ラーズ・アル・グール率いる“影の軍団”にスカウトする。悪を以て悪を征する“影の軍団”で肉体と精神を鍛えていくブルース……彼が自身の弱みとして見出したのは恐怖だった――かつて古井戸に落ちてコウモリの大群に襲われたときの恐怖体験、そして両親を殺した犯罪者に怒りを燃やす自分自身への恐怖。「恐怖を征するには自ら恐怖となれ」という教えを習得したブルースは、悪の手段で善をなそうとする影の軍団に反旗を翻し、ゴッサム・シティへ帰る。そこには両親亡き後さらに荒廃したゴッサムの姿があった。
街にはびこる犯罪者を制するべく彼は執事のアルフレッド(マイケル・ケイン)とウェイン社の応用科学部のルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)の助けを得て戦いへの準備を始める。そして生まれたのは、犯罪者を殺すことではなく恐怖を植え付けることによって制する“バットマン”だった。表の顔はプレイボーイの大富豪、夜の顔は正体を隠して悪と戦うバットマン……彼は腐敗した警察内で唯一潔白なままのゴードン(ゲイリー・オールドマン)とバットマンとして通じながら、犯罪者を捕らえていく。しかしその事実を幼馴染のレイチェル(ケイティ・ホームズ)は知らないまま、金を使って遊び放題のブルースを誤解していた。やがてブルース=バットマンは町を牛耳るマフィア・ファルコーニの一味を一網打尽にするが、彼と裏取引をしていた精神科医クレイン(キリアン・マーフィー)の魔の手が伸びる。特殊な毒で相手を恐怖に陥れるクレイン=スケアクロウは、ある黒幕によって街中をパニックに陥れようとするが……

『ザ・ファイター』(原題:The Fighter)

Posted by arnoldkillshot on 14.2011 映画タイトル:さ行 2 comments 1 trackback
今日観てきました、『ザ・ファイター』。実話だとわかっていながら、ここからどうなってしまうのだろうと手に汗握って観ていました。
感想は続きからどうぞ。


『ザ・ファイター』(原題:The Fighter)
2010年 アメリカ
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:マーク・ウォルバーグ(兼製作)、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ 他

あらすじ:
かつての天才ボクサーで今は麻薬に溺れる兄ディッキー・エクランド(クリスチャン・ベール)と3流ボクサーの弟ミッキー・ウォード(マーク・ウォルバーグ)。マネージャーの母(メリッサ・レオ)とセコンドの兄の組んだ試合でミッキーは負け続けていた。
そんな中ミッキーはバーで働くシャーリーン(エイミー・アダムス)と出会い二人は付き合い始めるが、母や大勢の姉たちは彼女を目の敵にする。一方ディッキーはチンピラじみた犯罪のせいで警察に捕まり、兄を守ろうとしたミッキーも拳を潰される。
ミッキーは保釈されるがディッキーは監獄へ。さらにTVでは麻薬におぼれるディッキーを撮影した番組が。あきらめかけたミッキーだが、シャーリーンや父らの支えによりボクサーとしてやり直す。その条件は厄介者―母と兄を外すこと。新たに始めたミッキーは連勝を重ね、一方目を覚ましたディッキーも監獄の中でトレーニングを重ね、届かなくてもミッキーに声援を送り続ける。
ミッキーは世界タイトルマッチへトレーニングを重ねるころ、ディッキーが出所する。ディッキーは再び弟のセコンドにつくつもりだったが、ミッキーにはもう彼を関わらせないという条件があった。しかしミッキーは兄を必要としていた。そして兄弟は世界タイトルマッチに臨む…

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。