Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロックアウト(原題:Lockout)』

Posted by arnoldkillshot on 28.2012 映画タイトル:ら行 0 comments 0 trackback
第2の『96時間』?リュック・ベッソンの妄想力が、演技派ガイ・ピアースを宇宙のタフガイに変える!!

『ロックアウト(原題:Lockout)』
2012年 アメリカ
製作:リュック・ベッソン、マルク・リベルトレイラ・スミス
監督:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェイムズ・マザー(セイント&マザー)
脚本:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェイムズ・マザー、リュック・ベッソン
出演:ガイ・ピアース、マギー・グレイス、ピーター・ストーメア、ジョセフ・ギリガン、ヴィンセント・リーガン、レニー・ジェイムズ


あらすじ:
西暦2079年。組織の情報漏洩事件を追っていたCIAエージェント・スノー(ガイ・ピアース)は、同僚殺しの濡れ衣を着せられ、宇宙の刑務所MS-1に送られることに……そこは囚人をコールドスリープで管理し、自己防衛設備も完璧な宇宙の要塞だった。しかしその頃、MS-1での人体実験の疑いを調査すべくやってきた大統領の娘エミリー(マギー・グレイス)が、囚人のひとりハイデル(ジョセフ・ギリガン)と面談中に人質にとられてしまう。彼は残り500人の囚人をコールドスリープから目覚めさせ、彼の兄アレックス(ヴィンセント・リーガン)を中心に反旗を翻す。国家安全保障局長ラングレル(ピーター・ストーメア)はMS-1の武力制圧を狙うが、CIAで唯一スノーの味方であるハリー(レニー・ジェイムズ)は、エミリー救出のためスノーをMS-1に送り込む計画を提案。スノーは文句を言いながらも、自らの容疑を晴らす鍵を握る仲間がMS-1にいることを知り、任務を承諾する……

スポンサーサイト

『アニマル・キングダム(原題:Animal Kingdom)』

Posted by arnoldkillshot on 04.2012 映画タイトル:あ行 0 comments 0 trackback
人を食らう〝けだもの(Animal)〟の世界――人と自然の摂理の中で、力なき幼獣は居場所を見いだせるのか?


『アニマル・キングダム(原題:Animal Kingdom)』
2010年 オーストラリア
監督・脚本:デヴィッド・ミショッド
出演:ジェームズ・フレッシュヴィル、ジャッキー・ウィーヴァー、ベン・メンデルソーン、ジョエル・エドガートン、サリヴァン・ステイプルトン、ルーク・フォード、ガイ・ピアース 他

あらすじ:
ヘロインの過剰摂取で母が死に、17歳のジョシュア“ジェイ”・コディは疎遠になっていた祖母ジャニーン“スマーフ”の家に身を寄せる。祖母にはジョシュアの母の他に3人の息子がいるが、コディ家の全員が犯罪によって生計を立てていた――二男のクレイグ(サリヴァン・ステイプルトン)は麻薬の密売で大儲けし、三男のダレン(ルーク・フォード)は兄の強盗を手助けしていたが、かつて強盗で鳴らした長男の“ポープ(教皇)”ことアンドリュー(ベン・メンデルソーン)は警察の強盗特捜班に追われて身を隠していた。母ジャニーンはそんな息子たちの犯罪を黙認し、溺愛していた。環境を選べない子供であるジョシュアは、家の中ではどんな家族とも同じように陽気で親しげなコディ家に順応していき、ガールフレンドのニコールを家に呼ぶようになっていた。
しかし一家の犯罪稼業も今や落ちぶれていた。ポープのかつての相棒であり一家の親友であるバリー“バズ”(ジョエル・エドガートン)は密かにポープと落ち合い金を渡していたが、今が足の洗い時だとポープに告げる。まさにその時、バズはポープを狙っていた警察によって容赦なく射殺されてしまう。バズの死に悲しみ憤るコディ家は警察に報復を誓う……ジョシュアは車を盗むよう命令される、それが警官の殺害に使われるとは知らずに。警官殺しの容疑をかけられジョシュアとダレンは警察に連行され、レッキー巡査部長(ガイ・ピアース)の尋問を受ける。レッキーはまだ犯罪に染まっていないジョシュアに「居場所を見つけろ」と諭すが、一家は彼が裏切るのではないかと警戒し始める。そして彼のガールフレンドのニコールが何か漏らすのではないかと思ったポープはニコールを殺害、それを知ったジョシュアも狙い始める。ジョシュアは証人として警察の保護を求め、裁判が近づくが……

  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。