Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by arnoldkillshot on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『少年は残酷な弓を射る(原題:We Need To Talk About Kevin)』

Posted by arnoldkillshot on 02.2012 映画タイトル:さ行 0 comments 0 trackback
母であることへの違和感と、息子の恐るべき悪意――家族という幻想をえぐる、戦慄のサスペンス。

『少年は残酷な弓を射る(原題:We Need To Talk About Kevin)』
2011年 イギリス
監督:リン・ラムジー
原作:ライオネル・シュライバー『少年は残酷な弓を射る(We Need To Talk About Kevin)』
出演:ティルダ・スウィントン、エズラ・ミラー、ジョン・C・ライリー 他

あらすじ:
作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)は世界中を旅してきた――だから旅で出会ったフランクリン(ジョン・C・ライリー)との子どもができ、家庭という居場所ができたとき喜びを感じられなかった。その出会いから10数年後、彼女は旅行会社の雑用として働きボロボロの家で一人で暮らしていた、赤いペンキにまみれた家で。彼女がすべてを失ったのは息子ケヴィン(エズラ・ミラー)が起こした恐るべき事件のためだった……
生まれた息子ケヴィンは、キャリアの途中で家庭に入ったエヴァの絶望を暴くかのように彼女に敵意を向け続けた。生まれたときから泣き声で彼女を苦しめ、言葉やコミュニケーションを覚える時期に差し掛かってもケヴィンはエヴァを拒絶し続けた。大きくなってからもエヴァのしつけに従うどころか彼女を煽るように犯行を繰り返すケヴィンだったが、父フランクリンの前では無邪気にふるまっていた。ケヴィンの態度ひとつひとつがエヴァを追い詰め、やがて恐怖心に変わっていき、時にケヴィンが心を開いたかのように見えたときも彼女の心を和らげることはなかった。やがて二人目の子セリアが生まれるが、彼女にとってケヴィンはいい兄として映った。しかしエヴァにとってケヴィンへの恐怖が消えることはなかった――セリアのペットが消えたのも、彼女が片目を失うことになったのもケヴィンがやったことだとエヴァは確信する。そんな彼女の言葉をフランクリンは信じようとせず、やがて夫婦の間にも決定的な亀裂が入る。そんなときケヴィンの事件が起こった……

スポンサーサイト

映画スターたちの歌・その5:Sons Of An Illustrious Father(ドラムボーカル:エズラ・ミラー)-Solution:Burn it!

Posted by arnoldkillshot on 30.2012 映画スターたちの歌 0 comments 0 trackback
今日から公開の『少年は残酷な弓を射る(原題:We Need Talk About Kevin)』ですが、悪魔のような息子・ケヴィンを演じたエズラ・ミラーにもこれからも注目が高まることでしょう。
そんな彼、Sons Of Illustrious Fatherというニューヨークのバンドでドラム・ボーカルを担当しているとのこと。このバンドは曲によってそれぞれのパートがボーカルを担当しているので、メインボーカルはエズラ君ではないようですが、今回紹介する"Solution:Burn it!"は彼が歌うナンバーです。シューゲイザーっぽいような、フォークっぽいような不思議な曲に、エズラ君の見た目の割に低い声で泣き叫ぶような歌声が寂しげに響きます。
この映画で彼に注目した人、これから見に行く人はぜひ彼の音楽もチェックしてみてください。

Sons Of An Illustrious Father-Solution:Burn it!

she's gonna burn you once again
あの娘また お前を焼いちまうだろう

an ol familiar friend who puts a red hot lamp upon your lips
友達だったのにさ 熱い唇を押し付けるなんて

she'll hurt you til it ends
最後まで苦しめて

and one day it ends
そして突然さよなら

so go and cry and cry upon your mother's shoulders
だからさ 泣いて泣き明かせよ ママの肩にもたれて

she'll make a spark within the dark
暗闇を照らしてくれるはず

cigarettes! then they whizzed like the work
タバコに火をつけ 煙に導かれよう

she was your first and your last God said
最初で最後の彼女 神様の言うとおり

i'm gonna burn you just for the sake of it
だから俺が焼き尽くしてやる そのためだけに

in in flaming fire today
燃え盛る炎の中で いますぐ

and you'll strain to stand this man and his tribe, when you see it's over
感覚を研ぎ澄まして 男らしさと仲間を立たせろよ 終わりが見えたら

his tribe and his clan
友達がついてるからさ

a poor glistening child stands again so cold rah rah rah!!!
哀れな子どもが輝きながら立ち上がる 凍えながら 

i love you, oh lord, you're everything that I adore!! you're everything and when
主よ愛しています あなたは私が焦がれるすべて すべてなのです

listen here, he's going to burn you once again, he's done it before and he'll do it again..the father!
聞き届けてください あいつは再び主を焼くでしょう 性懲りもなく 父なる神よ

The father, the father! The father, the father of civilized man!
父よ 父よ 父よ 文明人の父なる神よ

this time we got no starting for an end. so cold! so cold! go cry on your mother's weary shoulder
終わるために始めるんじゃない今度は 凍えそうだよ ママの肩にもたれてお泣き

and she don't want you anymore unless of course, you take a bluff and leave the arms
あの娘にはお前は用済み そっけなく手を離さない限りはね



  

プロフィール

arnoldkillshot

Author:arnoldkillshot
ブログの説明:
私Arnold Killshotが好きな映画、音楽、本について紹介していくブログです。
主なコンテンツは
①劇場・DVDで観賞した映画のレビュー(主に洋画、ホラー映画)
②洋楽の歌詞の翻訳とビデオの紹介
③読んだ本の紹介
④海外記事の翻訳(新旧問わず、インタビュー記事など)
などです。コンテンツは徐々に増えていくかもしれません。

Twitter

タグ検索

全記事表示リンク

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2アフィリエイト

人気ページ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。